kumaグリズリー(ハイイログマ)同士の白熱した格闘バトル。この映像はクマを愛し、クマの映像を撮り続け、2003年にガールフレンドと共にクマに襲われこの世を去った、グリズリーマンこと、Timothy Treadwell(ティモシー・トレッドウェル)さんが撮影したものなんだそうだ。

スポンサードリンク

Vicious Grizzly Bear Fight

Sgt Brown vs Mickey bear fight rattles Treadwell

ティモシー・トレッドウェルとその彼女、エイミー・ヒューゲナードがグリスリーに襲われ、命を落とした時の音声(再生注意)


Grizzly Man Bear Attack (ORIGINAL)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. RRR

  • 2009年02月22日 17:16
  • ID:gB53vPE50 #

「ガールフレンドと共にクマに襲われこの世を去った」あーあー(´Д`;)

2

2.    

  • 2009年02月22日 17:26
  • ID:79NmQxx80 #

ウンコー

3

3. P

  • 2009年02月22日 20:36
  • ID:6TTWT6.u0 #

亡くなった時の音声あるよね??
違う人かな?

4

4. あ

  • 2009年02月22日 20:59
  • ID:k.9CjuhY0 #

熊って獲物のトドメを刺さないで食い始めるから、襲われたらたまんないだろうな(づω`)

5

5.  

  • 2009年02月22日 21:14
  • ID:E4akd.v00 #

デカい方が負けたのか?

6

6. tosu

  • 2009年02月22日 23:32
  • ID:aWasinxi0 #

>3
ようつべに音声あったね。
かなりきついものがあったけど。。

7

7. 第二充填

  • 2009年02月23日 01:54
  • ID:P5qOh9cP0 #

相撲だね!フンバリ効いてるし

8

8.  

  • 2009年02月23日 20:47
  • ID:.J83y0az0 #

グリズリー・マンて映画にもなってたたしか。

9

9. a

  • 2011年08月01日 03:01
  • ID:g2v4.GbQ0 #

気の毒だが自業自得か。
結局本人は友達のつもりでも、熊に取っちゃ餌にすぎなかったんだな…

10

10.  

  • 2011年11月06日 10:30
  • ID:ZiVmhkOG0 #

音声は嘘じゃなかったっけ

11

11. 3

  • 2011年11月07日 17:43
  • ID:grTMpJI00 #

嘘じゃないよ。それと音声もっと長ったよな。
途中シャリシャリ骨ごと食ってる音声も入ってたけどこれは入ってないみたいだし。
彼女がフライパンもって助けようとしたけど一緒に食われちゃったとか。
痛みで何度も意識を失ったが痛みで起きて叫んでの繰り返しで25分くらいだったと思う。
しかし当時は衝撃的だったけど今聞いたら全然可哀想と思わない、大好きなクマに食われて良かったなと思った。不思議。

12

12.   

  • 2012年02月13日 23:13
  • ID:dVuEZ1uZ0 #

確かに自業自得というしかないが本人が望んだことだ、結果はどうあれ。。
どちらも救われないよなぁ、彼女もグリズリーマンも襲った熊も、救助にきた人が撃ち殺しちゃったし、やっぱ棲み分けが大事だ、無理に熊の領域に入ってしまって共倒れか
しかし迫力すごいな上のケンカ、まるでレスリングか相撲の試合を見ているかのようだ、そしてクマは熊でも別のもだな秋あたりの北海道のクマとわけが違うなんだあの大きさ、ムッキムッキの闘牛より迫力ある、ただの猟銃じゃたちむかえねぇよあの巨体・・・
人間は野生から離れたと言われるが実際にこういう所を見ると自ら危険な場所に踏み込み野性を捨てたのか。。と不謹慎ながら考えてしまう

13

13. 匿名処理班

  • 2012年04月02日 12:05
  • ID:3sfBgtiT0 #

最初の動画を観たら、いくらクマ好きでも無闇にクマの領域を侵すのは、愚の骨頂だと思うわ。
最期の音声は悲惨で、どれほど苦しかったか痛かったか怖かったか、想像すると胸が苦しくなるけど、自業自得とも言えるんだし、彼らがいなければ加害?したクマも殺されなくて済んだわけで、人間の方に同情はし難い。
付き合う相手を間違えた彼女は、お気の毒かも知れないが。

14

14. 匿名処理班

  • 2012年04月26日 05:12
  • ID:4dOpf...0 #

音声はフェイクだよ。本物は一部の関係者しか聴いてないし流出もしてない

15

15. 匿名処理班

  • 2012年05月18日 05:10
  • ID:S.iDFTMj0 #

ドキュメント映画、グリズリーマンを見ると
コイツは自分の虚栄心を満たすために動物愛護を利用してただけの屑と言うのがわかる
シーシェパードの同類だ

16

16. 匿名処理班

  • 2012年07月21日 00:23
  • ID:pGwnKqrG0 #

こいつはほんと馬鹿だからなぁ。
そもそも、グリズリー愛護を掲げていてもグリズリーの数は減ってもいないし保護が必要なほどでもない
単に狭い思い込みと偽善で自然をナメた挙句に生きたまま食われた。
ほんと馬鹿だとしかいいようが無いわ

17

17. 匿名処理班

  • 2012年08月05日 08:31
  • ID:N.YjypuD0 #

大自然には畏怖の念と敬意を払うべき。
傲慢な人間だった彼はきっとその報いを受けたのだろう。

18

18. 匿名処理班

  • 2013年07月14日 22:59
  • ID:b6IjHy6V0 #

※18
クジラかよ。

19

19. 匿名処理班

  • 2014年03月06日 13:23
  • ID:Gm9ucT250 #

こういう人間が居るおかげで色んな映像が観られるのに、皆様安全地帯からの講釈だけはいっちょまえのご様子で…

20

20. 匿名処理班

  • 2014年04月11日 16:23
  • ID:QLjatarC0 #

というか事故後の画像も普通に観れるじゃん。
画像ってか記事ね。
ふくらはぎから下は完全に骨になってたね。

21

21. 匿名処理班

  • 2014年04月12日 15:58
  • ID:..DVcXpH0 #

※19
お前の主張を理解してもらうために
無神経な芸能レポーターをお前の部屋に押し入らせるわw
お前の言ってるのはそういうこと

22

22. 匿名処理班

  • 2014年07月12日 18:44
  • ID:gn.lv.aM0 #

この人たしか動物愛護ゴロだったはず。
陸の上のシーシェパードだよ。

23

23. 匿名処理班

  • 2014年07月19日 11:01
  • ID:jcUirQ5I0 #

ある意味、本望…だろうか…。

24

24. 匿名処理班

  • 2016年04月20日 15:16
  • ID:pEv.z2GG0 #

人懐っこいのもいれば凶暴なのもいるわけで
一度心を通わせられたと思って勘違いしちゃったりするのかねぇ

25

25. 匿名処理班

  • 2016年07月08日 16:54
  • ID:aRi213Rg0 #

人懐っこいと言っても犬猫のそれとは違う
あくまで好奇心に基づくもので親しみなんてものはないだろう
だから腹が空いて気が立てば単なる獲物としか見られなくなる

26

26. 匿名処理班

  • 2018年06月01日 17:14
  • ID:8rdwWpgI0 #

11番さん、
可哀想じゃないって?
確かに本人の責任だが、
貴方は、今迄に
自分で正しいと思ってやった事に間違っていたと気づく事はなかったのですかね?
これが、貴方の家族だったとしても
可哀想だとは思いませんか?
私はあの音声聞いた時は、ブルブル震えとまりませんでしたよ。。可哀想で。。
最後までとてもじゃないけど聞けませんでした。
フェイクであってほしいですが、亡くなったのは事実で。。馬鹿だなとも思いますが、動物虐待するより信じようとした純粋さは素敵だと思います。

残念で仕方がありません。

27

27. 匿名処理班

  • 2018年06月15日 01:45
  • ID:XZ3NcY6d0 #

うん
なかなか好奇心を満たせました

28

28.

  • 2018年06月21日 20:29
  • ID:AcpB1rBF0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2018年10月03日 17:58
  • ID:zIJN993l0 #

調子に乗った結果がこれ

30

30. 匿名処理班

  • 2018年10月05日 06:39
  • ID:pot2zW1V0 #

※26
人の死を「良かった」と言うのもどうかと思うけど、ドキュメンタリー「グリズリーマン」を観ると、11番さんが言いたかったことの意味が何となく分かると思います。
ティモシーは未熟な精神の持ち主で、自分なら野生動物と真の友情を築けると信じていました。例えばテントに訪れるキツネをペットの犬のように可愛がっていましたが、野生のキツネがここまで懐くのは間違いなく「餌付け」の結果ですし、サケが遡上しやすいように川の石を動かしたり熊を実際に触ってみたりと、人間が踏み入れてはいけない野生の領域にどんどん介入する人でした。キャンプ地を見通しの良い平地でなくわざわざ草木が生い茂る熊の通り道に作るのも、とにかく熊の息遣いを間近に感じていたかったのでしょう。彼は今回の襲撃を生き延びたとしても、必ずまた熊の聖域に戻って来る人です。
その時はきっとカメラを回しながら体中の名誉の負傷痕を披露すると思います。そして何度襲われても、熊の攻撃で最終的に命を落とすまでこの活動を続けたことでしょう。
そしてもし怪我の度合いが大きすぎて介護が必要な身体になってしまったら「あの時にいっそのこと殺してもらいたかった」と望むと思います。
そう言う意味では彼自身が望んでいた死に方だったと言えるのかもしれません。

31

31.

  • 2018年10月05日 10:46
  • ID:FwEjg.sV0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2018年10月07日 09:13
  • ID:zfOsQ4fM0 #

これは…なんとも言えんな
やっぱり熊はこええやつ(小並)

33

33. 匿名処理班

  • 2019年02月13日 17:13
  • ID:VoGomdLq0 #

音声は公開されてるよ
但し編集されたもので全てを録音したやつは公開されていない

34

34.

  • 2019年03月29日 02:13
  • ID:OjSmNdrS0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク