食虫植物食虫植物は、食虫っていうくらいだから虫しか食べないと思ったら大間違いで、罠にかかったものならば、なんびとたりともおいしくいただくというのは、前回ハエトリソウがカエルをぱっくりんちょした映像でわかってもらえたかと思う。

 今回の場合には、ウツボカズラの一種である、インドネシアのスマトラ島に原生する「ネペンテススパスラタ」がネズミをぱっくりんちょしちゃうわけだけども、ぱっくりんちょというよりは、落ちたらもう二度と這い上がることはできない奈落の底みたいな植物だと思って間違いがないようなんだ。


スポンサードリンク

落ちてきたネズミをおいしくいただくネペンテススパスラタ


なんとかふんばっているネズミVSネペンテススパスラタ


関連記事:
ハエトリソウが、カエルをぱっくり



トマトは昆虫を捕食する食虫植物だったことが判明(英国植物研究者)


カタツムリとナメクジが食虫植物に食べられるまで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. w

  • 2008年10月01日 00:51
  • ID:E7tFU.a50 #

これ落ちたあとに囓って穴あけて脱出できないの?その前におぼれ死ぬのかな?

2

2. mz

  • 2008年10月01日 01:44
  • ID:NAAkwRVZ0 #

えぇい、中はどうなっている!

3

3. ヴァル

  • 2008年10月01日 10:03
  • ID:HxVcVnOZ0 #

昔コレの小さいやつに穴あけたら枯れたなぁ‥‥

4

4.  

  • 2008年10月01日 11:51
  • ID:HM52Ysd70 #

>>1
無理。

5

5.  

  • 2008年10月01日 12:43
  • ID:S8HH88wN0 #

歯を掛けられない

6

6.  

  • 2008年10月01日 16:21
  • ID:HM52Ysd70 #

捕食ネタに乗じて予言しよう。
アオサギが子ウサギを捕食するネタを近々管理人がとりあげるでしょう。

7

7.  

  • 2008年10月02日 14:14
  • ID:WZQuNhuG0 #

背景からすると室内っぽい。
たぶん人が故意でネズミを乗せて撮影したとおもわれ。

8

8. にゃん

  • 2008年10月04日 11:24
  • ID:P6LtFYW.0 #

溶けてくとこがみたいのに…

9

9. ぽち

  • 2008年10月04日 19:55
  • ID:YEgGcoCh0 #

解ける映像があったらよかったワン・・・

10

10. RYO

  • 2010年03月13日 00:59
  • ID:XHhKcqCT0 #

単にこの撮影者が故意に植物の水の溜まっているところにネズミをわざと落ちるようにして撮った動物&植物虐待動画ですね。最悪。消化なんてなく単に枯れるだけです。

11

11.  

  • 2011年06月17日 20:05
  • ID:3llwBMAA0 #

いまどき白いネズミが自然界にいるかい

12

12. 茶巾

  • 2011年06月17日 21:06
  • ID:0nmBsMkL0 #

消化にエネルギー使い果たして枯れるだろうなあ

13

13. 匿名処理班

  • 2012年09月01日 11:23
  • ID:MsYhyYJ.0 #

コイツそだててるけど、ネズミ入ったら枯れるよ?

14

14. 匿名処理班

  • 2013年04月27日 00:57
  • ID:lieK9kBd0 #

米欄で初めて知ったけど、獲物が大きすぎても枯れちゃうんだね。
主な栄養補給経路は根っこの方で、ポットンは消化に使うエネルギーが多すぎて実のところ効率的でない…て事なの…かな?

15

15. 匿名処理班

  • 2017年07月23日 08:22
  • ID:X4mZei2i0 #

何年も前の記事だけど、この動画に登場する2匹のネズミの種類はハツカネズミで、かつ、最初の動画の白っぽいのはもちろんのこと、2匹目は『サテン』と呼ばれる被毛がツヤツヤの、明らかに、人為的な品種改良によるもので、少なくとも日本では普通のショップには売っていない、マニア間で取引されるレベルのハツカネズミ。
マウスのショーがある欧米であったとしても、ブリーダーから手に入れるレベルであることは疑いようがありません。
ということは、この動画は自然界の弱肉強食のノンフィクションではなく、マウスの飼い主による、興味本位の作為的なもので間違いありません。
この動画が、マウスの愛好家である飼い主により撮影されたものであるとしたら、もう、虐待に当たる可能性があります。
マウスにとってみれば、たとえこの後助け出されたにしても、危険な目にあっているのは間違いないのですから…。
よいこの皆さんは、この動画を見て、自分もやってみよう❗️とか、アホなことはやめましょう。
この記事で分かるように、この植物は、袋に落ち込んだ生き物を這い上がれなくして消化、つまり、食べてしまうのは間違いない事実であるから、です。
分かり切った、しかも、生死に関わる結果を他人に見せ閲覧数を増やすために、自らやってみたりするのは、理性ある人間のすることではありません。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク