momcats0_e

 母性本能がいつ生まれるのかは、定説があるわけじゃなし個体差もあるのかもしれない。だけど大半のお母さんにとって、「子供を守り育てる」ことは本能による最優先事項のようだ。

 猫のお母さんの子猫愛も、生半可なものじゃないみたいだよ。今回はそんなお母さん猫たちの、無償の愛を見てみよう。
スポンサードリンク
0_e1

 非常に些細な小さなことが、様々な要因を引き起こしながら徐々に大きな現象へと変化する。

 これは「バタフライ効果」と呼ばれているものだが、人類の歴史においても、小さな出来事が、大きな現象の引き金に繋がったケースがあるようだ。

 真偽のほどは定かでないし、大げさにまとめられてるかもしれないが、バタフライ効果ともいえる16の事例があげられていた。
スポンサードリンク
top

 マックのバーガーが広告と違いすぎる(関連)とか、通販で頼んだ品が別物にしか見えない(関連)とか、見本と現物のギャップは少なからず存在するものだが、最近ネットにて食品CMの裏側を明かすツイッター動画が話題になっている。

 「業界ではありがち」な撮影では、製品をおいしそうにするためだけに使われるななめ上のテクニックが次々登場。

 段ボールやシェービングフォームなど、食材にあらずな品々をためらいなく投入するあたりはもはや盛り付けとは似て非なる手法だ。

 海外ユーザーも思わず震える目からウロコの舞台裏を見てみよう。
top

 ロシアのモーションデザイナーの ウラジミール・トーミンさんはビデオ編集ツールを用いて、日常の世界を操作している。

 パソコンのカーソルは道路の白線をはがし道路標識を回転させるし、群れで飛ぶ鳥たちは、空に文字を描きだす。

 よくある風景が驚きの仰天世界へと変貌するデジタルトリックは、どんな展開になるのかワクワクしながら楽しめる。
no title

 俳優のトム・レンク(Tom Lenk)の楽しいコスプレ写真は過去にも紹介したが(該当記事)、それから約一年の時が流れた。

 彼は今なお、創造的な時間を費やしている。

 アメリカのテレビドラマ『バフィー 〜恋する十字架〜』で有名な42歳のトム・レンクは、Instagramで人気のセレブやインスタグラマーのファッションをチープな小道具で再現してユニークでユーモア溢れる比較写真や動画を公開している
1l_e
King when he was living on the streets |Megan Bowe

 アメリカ・カリフォルニア州のマデラ・ランチョスの路上で、奇妙な風貌をした生物の目撃情報が相次いだ。

 その生物は肌はうろこ状となっており、ボサボサの真っ黒い毛は首の後で立ち上がっていたため、周辺住民らは「狼男(ウルフマン)」と呼んでいた。

 その不気味な姿を恐れるがあまり、誰も近付こうとしなかったため、本当はどんな生き物なのかわからなかった。

 だがその後、動物保護団体によりこの生物が捕獲された。

 治療が施され本来の姿を取り戻したこの生物は、とても美しく愛らしい動物だったのである。
help-2478193_640_e

 誰かが苦しんでいるとき、悲しんでいるとき、何か励ましになるような言葉をかけたくなるのが人情だろう。

 失恋あるいは失業、別離などで、あなたの大切な人が落ち込んでいたら、どんな言葉をかけるのが正解なのか?

 同情の言葉だろうか? 共感の言葉だろうか? それとも大したことない、大丈夫さといった楽観的な言葉だろうか?

 アメリカの研究者が新たに発表した論文によると、苦しむ人を励まし、慰められる魔法の言葉はないようだ。

 ただそこにいて、共感するだけで十分だという。
0_e2

 アラスカンマラミュートのゴールデン(紛らわしいがそういう名前である)は隣の芝生が青く見えるタイプのようだ。

 柴犬のリナが自分のケージに入っているのを見て、そっちの方が居心地良さそうに見えてしまったらしい。犬界のジャイアンかな?

 だもんだから半ば強引にぐいぐいと・・・
top

 世界の一部、特にアメリカでは実用段階とも噂されるUFO情報は尽きないが、先月あるユーチューバーが公開した未確認物体の画像が話題になっている。

 グーグルアースの南極基地近くで見つかった2機の航空機と2つの奇妙な物体。これについて一部ではUFOを使った米空軍の訓練説も浮上した。

 例によって拡大するほど不鮮明ってジレンマ系のやつだけど一体なんだろね?
dartagnan0_e

 人と人との関係は、些細なことですれ違いが生じたりする。誤解、思い込み、足りなかった言葉、タイミング。あの時ほんのちょっとだけ歩み寄って、かけ違った思いを解きほぐすことさえできたなら……。後になって、そんな後悔を抱いたことは、誰にだってあると思うんだ。

 そしてそれは動物たちにも起こりうることみたいだ。今日の主役は、以前マランダーにも登場したことのあるダルタニャン。さて、誤解はうまく解けたのだろうか。
 
0_e3
image credit:wikimedia commons

 人間を軽く殺せるほどの毒を蓄えているのは植物だし、植物がなければ我々動物は生きていくことができない。植物のもつ底力はもしかしたら地球最強なのかもしれない。

 そんな植物パワーをマジマジと見せつけてくれるのは、「絞め殺しの木」だ。

 絞め殺しの木は、熱帯に分布するイチジク属や一部のつる植物の総称なのだが、その一生は他の種の犠牲によって成り立っている。

 宿主植物を絞め殺しながら成長するのだ。
reuse1
image credit:Retuna

 世界各国でリサイクルやアップサイクルへの関心が高まる中、リサイクル大国のスウェーデンにはさすが!といいたくなるショッピングモールが誕生していたようだ。

 ショッピングモールといえばさまざまな店が入居する商業施設であり、さまざまな商品を購入できる便利な場所だ。

 ストックホルムから約113km西のエシルストゥーナにあるショッピングモール・ReTunaもそれは変わらない。

 モール内でさまざまな店がさまざまな商品を販売しているのだが、珍しいことにそれらはすべて中古のリサイクル品もしくはアップサイクル品なのである。
iStock-186949361_e

 映画やドラマなどフィクション作品には、デフォルメされたサイコパス像が描かれることが多いので、ある意味わかりやすいのだが、実際のサイコパスが目立ちにくくなっているという弊害もある。

 反社会性パーソナリティ障害の一種である精神病質を持つサイコパスは、100人に1人いると推測されているほど多いそうだ。1クラス35人で3クラスある学校なら、1学年に1人はいる計算になる。

 サイコパスがすべて恐ろしい連続殺人鬼ではない。そのほとんどは犯罪者などではなく、反社会的人格を隠しながら普通に日常生活を営んでいる。

 巧妙なサイコパスほど、自分がサイコパスであることを悟られない。では、交際相手、配偶者、友人知人など、近しい人がサイコパスかどうか、どうやれば見分けられるだろうか?

 幸いにも、サイコパスに関する研究はいくつもある。
 ここではサイコパスの見分け方を見ていこう。
00
image credit: PrettyGirlsUglyFaces

 女性が変な顔をして自らを劣化させる変顔は、今でも人気のコンテンツである。元が美しいほど大ギャップで大ウケになる。

 自らを美しく見せようとゴリゴリにアプリで加工しインスタ映えを狙う女性もいれば、その逆に、いかに醜く見せるかで勝負する女性もいるのだ。

 ある意味これも多様性の一種なのだろう。

 とは言え、醜い写真と美しい写真とセットになるわけだから、やっぱり自分に自信がないとできないわけで、美しい女性がやりたがるのもうなずけるわけだ。

 それでは前回に引き続き(関連記事)今回もその豹変っぷりを見ていこう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク