top

 これまでも何度か浮上してる猫のヒゲメン好き疑惑(関連記事)だが、あらたなる事例があったようだ。

 11月の初め、米ジョージア州アトランタ在住のヒゲメンが、たまたま立ち寄った駐車場で一匹の猫にナンパされた。

 声をかけられたヒゲメンの供述によると、そのオスの子猫はやたら押しが強く、家に連れてけといってきかなかったというのだが…
スポンサードリンク
iStock-815393214_e

 米国皮膚科学会によると、アメリカ人男性の4分の1が25歳頃から徐々にハゲ始めるという。

 また女性であっても他人事ではなく、40代にもなれば、4割の人で髪が薄さが目につくようになるそうだ。

 少しずつ薄くなる髪と、広がるおでこほど悲しみ誘うものはないが、なんと加齢による薄毛はもうすぐ治せるようになるかもしれない。

 アメリカ・ニューヨーク大学医学部の研究者らは、年をとると髪の毛が成長しなくなる理由を解き明かした。

 傷を負った皮膚は毛が生えにくくなるが、これは年を取って毛が成長しないのと同じメカニズムなのだという。

 今回の研究で、傷のある皮膚に毛を再生することに成功した。ということは、年を取って毛が生えてこなくなった人にも有効であるということだ。
スポンサードリンク
no title

 映像を見ないで音声だけ聞いたら、マシンガンぶっ放してんじゃないの?って感じの音が響き渡っている。

 だが安心してほしい。銃撃戦ではない。
 キツツキがトタンの屋根を突いているだけだ。
10_e2

 最近コロンビア北部にある町、パラヒートで、午後5時から午前5時まで17歳未満の未成年が公共の場所を歩いたり、集まったりすることを禁止する夜間外出禁止令が発令された。

 その目的は、人気のメッセージアプリ「WhatsApp」(日本のLINEのようなアプリ)によって広められていると噂される悪霊から若者を守ることだ。
corgi0_e

 さていよいよ月は変わって12月、今年も残すところあとわずか。なんとなく12月になったっていうだけで、あわただしい雰囲気が押し寄せてくる。

 今年は戌年だったんだよね。まあ干支に思いをはせるのは、年末年始くらいの世の中になっちゃってるかもしれないけれど、とりあえず1年間頑張ってくれた(?)わんこたちに、おつかれさまと言ってあげたい。

 具体的には、ほら、こんなカワイイわんこの動画を眺めてほっこりするっていうのはどうだろう。
asteroids-1017666_640_e

 今から3700年ほど前、中東上空に飛来した隕石、もしくは彗星が、死海北部にあるミドルゴール(Middle Ghor)という地域を吹き飛ばしていた可能性があるそうだ。
 
 その驚異的な衝撃波はミドルゴールを吹き飛ばし、熱を持った死海の海水が流れ出し土壌が荒廃していったという。

 そうした破壊された都市の1つが、ヨルダンの古代都市トール・エル・ハマムである。
pizza0_e
image credit:Instagram

 誰だって好きなものは常に手元に置いておきたい眺めていたいが、ピザをこよなく愛するアメリカ人(関連記事)がそれを実行するとどうなるか・・・こうなった!

 というわけで、ニューヨーク・ブルックリンに拠点を置くアーティストのステフ・マンティスさんが「永遠のピザ(フォーエバー・ピザ)」なるアイテムを販売中。

 永遠にピザを所有できてしまうという、ピザを愛する人ならもれなく幸せになれるであろう素敵オブジェなんだ。

santa1

 いくらあっても困らない、むしろなければ超困るのがお金である。しかももうすぐ年末年始ということで何かと入り用なシーズンだ。

 空からお金が降ってこないかな〜、ポケットを叩くとお財布の紙幣が増えてないかな〜。ついつい妄想してしまったりするわけだが、アメリカにはそんな夢を叶える一夜限りのATM(現金自動預け払い機)が実際に出現していたようだ。

 テキサス州ヒューストンに設置されているアメリカの銀行、バンク・オブ・アメリカのATMで10ドル(約1135円)を引き出すと、100ドル(約11350円)札が出てくるという不具合が起きていたようで、噂を聞き付けた人がお金を引き出しに殺到したという。
top

 一度食べたら病みつきになってしまう料理はいろいろあるが、甘いものとしょっぱいものを組み合わせた甘辛感覚は実際に癖になる。

 アメリカ人はチキンナゲットにハチミツをかけたり、しょっぱいピーナッツバターに甘いジャムを塗ったパンを食べたりするが、真似してやってみると意外とハマってしまうものだ。

 そんな西洋の甘辛感覚を取り入れたものの1つに「ハッセルバックアップル」がある。甘くしたリンゴにしょっぱいベーコンを組み合わせて焼いたものだ。

 リンゴとベーコン?って思うかもしれないが、嘘みたいにうまいし、簡単に作れるので是非一度試してみてほしい。
top_e

 老犬のサムと黒猫のゼウスは、ひとつ屋根の下でとても仲良く暮らしていた。だが、その生活は突然終わりを告げた。サムが亡くなったのだ。

 亡くなった当初、常にサムを探し大きな声で鳴くようになったゼウス。それから数か月が過ぎ、ゼウスはサムの忘れ形見を発見した。

 サムが常にしていた首輪である。

 ゼウスはサムのことを決して忘れることはなかったのだ。首輪のニオイを嗅ぎ、サムの気配を感じ取ったゼウスは懐かしそうにその首輪に頭をこすりつけた。
bee-1575236_640_e

 父親は2匹いるけど母親はいない。そんなメスのミツバチが発見された。自然界で観察された初めてのケースである。

 ほとんどの生物は、同じ種でも個体に性別という区別が存在するが、1つの個体の中にオスの特徴とメスの特徴を持つ部分が混在しているものも存在する。

 これは雌雄モザイクと呼ばれているが、ミツバチの場合1〜2%の確率で雌雄モザイクが存在している。
1_e0

 まるでカモシカのようにスラリと伸びた脚だろ。だがカモシカがキャットタワーにいるはずがないじゃないか。

 キャットタワーは猫の遊び場だもの。そこにいるのは猫である場合がほとんどだから、この細長い脚の持ち主も猫なのだ。

 アメリカ、ニュージャージー州で暮らすオリエンタルショートヘアという品種のテディは、その長足がSNSで話題となり人気爆発中のキャットアイドルだ。
book-2435583_640_e

 これから読む本・漫画、これから見る映画。ある程度のあらすじはわかっていても、核心に迫る部分は自分で確かめたいという人が多いはずだ。

 もちろんあらかじめ筋書きを全部しっかり知った上で読んだり見たいという人だっているだろうし、恐怖系なら逆に知っておきたいと思うかもしれない。

 だがこういった「ネタバレ(ネタばらし)」には細心の注意が必要なのだ。それがもとで殺人事件に発展してしまうケースもあるのである。

 南極、サウスシェトランド諸島キングジョージ島にあるベリングスハウゼン南極観測基地で働くロシア人が、同僚をキッチンナイフで刺し、殺人未遂の罪で告訴されている。

 犯行の動機は、読んでいた本の結末をばらされたからだ。
dropped2

弱っている誰かを励ましたり慰めたりする、そういう思いやりってどんな生き物の間でも大切だよね。

盲目の犬と、その犬をいたわるような様子を見せる猫の姿が撮影されていた。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
必需品ファッションアイテム
人気のタブレット