16

 嫌なことがあって落ち込んでいるとき、隣に友達がいてくれたらそれだけでホッとする。

 でも、友達が近くにいない場合だってあるかもしれない。そんな日にはこの写真を見よう。写っているのは「人間の最良の友」、そう、犬だ。ほんわかすること請け合いなのである。
スポンサードリンク
0_e0
image credit:Smithsonian Conservation Biology Institute

 過去10年近く、人間に感染する恐れのあるウイルスの発見に努めてきた世界的監視プログラム「PREDICT」の研究者が、ミャンマーに生息するコウモリから、SARSやMERSを引き起こすものと同じ系統に属する未知のウイルスを発見した。

 このウイルスが世界的な調査で検出されたのは初めてだ。さらに以前タイで発見されていた新しい別のウイルスもコウモリから発見された。
スポンサードリンク
1_e3

 盗掘が横行し、荒らされてないものなど何もないと思われていた古代エジプトの遺跡関連だが、なんと、2000年以上開けられた形跡がない巨大な石棺が発見されたという。

 この石棺は黒花崗岩でできており、エジプト、アレクサンドリアのシディ・ガベル地区で発見された。
anime1

 ものの見方は人それぞれだが、この状況をどう見るかで意見の分かれそうなアニメーションが制作されていたようだ。

 アメリカ・カリフォルニア芸術大学でアニメーションを学ぶクリース・スタントンさんによる「ペンローズ(Penrose)」だ。

 タイトルでピンときた人もいるかもだけど、舞台となっているのは不可能図形として知られている「ペンローズの階段」である。

 懸命に階段をのぼってたどり着くその先は・・・?

00

 土星探査機カッシーニは、20年に及ぶ長い役目を終え、2017年9月15日、土星の大気に突入し燃え尽きていった(関連記事)。

 そのグランドフィナーレで、NASAは最後の記録を行なった。

 カッシーニが集めた豊富な情報のおかげで、NASAの科学者は土星とその衛星エンケラドスとの間でプラズマが作用する様子を捉えることに成功。それは双方の間の磁力線に沿って、まさに電気回路のようにプラズマの波が移動する様子だ。

 このプラズマのデータをオーディオファイルに変換したところ、実に奇妙な「ビュウビュウ」と鳴る音が完成した。 

 土星とエンケラドスの間に流れる宇宙の音を聞いてみよう。
dropped49

 以前マランダーでご紹介したことのある怒れるヒツジのラムブロさんを覚えているお友達っているだろうか。
 
 最近は物をどついたりしてるんだろうか…そんなことを考えていたら、ラムブロさんの近況がわかる動画が発見されていたのでみんなにご紹介したい。

 
no title

 お化けなんていなーい!脳がちょっと誤作動しただけさ。
 錯覚さっかくぅ〜!

 と思ってはいるものの、首筋に悪寒を感じたり、誰もいないのに人の気配、うすぼんやりとした光が飛んだり跳ねたり、突然物がガタゴトと音をたてたりと、不可解な現象はいたるところに存在する。

 そういった現象は印象に残りがちなので、いつまでも記憶にへばりつく。そのままじゃ気味が悪いので、なんとか納得できるものにしようと、脳は、これまでの経験や知識を関連付けて考えるようになる。故人の霊なのかも...予知夢かも...

 本日13日の金曜日にちなんで、13人のネットユーザーが語った不思議な心霊体験や超常現象を見ていこう。「モルダー、あなた疲れているのよ」的なものもあるが、似たような体験をしたことがある人はきっといるはずだ。
1_e1

 まるでドラえもんのポケットから出てきたような不思議な形状をしたメガネだが、なんとこのメガネをかけるだけで乗り物酔いを防ぐことができるという。

 フランスの自動車メーカー「シトロエン」のエンジニアが開発した、全く新しいタイプのメガネは、10分間かけるだけで乗り物酔いを防ぐことができるという優れものだ。
00

 その神秘的な姿から「竜宮の使い」という和名を持つ深海魚、リュウグウノツカイ。これまで発見された現生硬骨魚類の中では世界最長の種と言われている。
 
 深海に生息している為、ほとんどその姿を見ることはないが、昔から稀に発見されることがあり、天変地異と関連付けられていた。

 7月7日、南米チリ北部に位置するイキケ付近で、マグロ漁をしていた漁師たちがリュウグウノツカイを捕獲したとして話題となっている。
iStock-987721914_e

 運転中水分が欲しくなって、ペットボトルで水や飲料を飲み、そのままボトルホルダーにペットボトルを置きっぱなし、というのはありがちだ。

 だが夏、高温になる車内にペットボトルを放置するのは感心しないという。

 暑すぎるとプラスチックの化学物質が水に溶け出すという噂も存在するが、その理由からではない。

 水のペットボトルは、そこに日光が絶妙の角度で当たると車のシートに火をつける恐れがあるのだ。
00

 断熱材の中に産み落とされ育児放棄されていた3匹の子猫たちは、縁あってアメリカ・メイン州の農家に引き取られた。

 チクチクする断熱材のせいで目も開けられなかった3匹だが幸いにもみんな元気になった。

 そして彼らはヤギたちが暮らす納屋で一緒に暮らすことに。初めてヤギを見る子猫たち。ヤギたちも猫に興味津々。これからヤギと猫の共同生活が始まるのだ。
love-2055960_640_e

 前向きになりたい。くよくよ悩んでばかりでもしかたない。じっくり問題と向き合った後は、それを解決するためにがんばろう。

 そう割り切っているつもりが、しつこくその悩みが付きまとう。
 振り払っても振り払っても心配事が消えない。なんでだろう?

 どうやらそれは、悩み事を普段以上に目につくように情報を処理してしまう脳の働きにあるようだ。
no title

 フランスのコメディアン、アレックス・ラミレスは、自身のYOUTUBEチャンネルで、お金をかけずに様々な映画のワンシーンを忠実に再現する映像を公開している。

 最新作は、ディズニーの「リトル・マーメイド」だ。

 手作りの衣装や小道具で、アリエルやザリガニのセバスチャンを演じ、助手が張りぼてのフランダーを動かしたり、様々な演出をくわえている。

 低コストながら素晴らしい表現力で、ほぼ完コピだ。
 ヒゲの男性がすごくかわいく見えるから不思議!
 と日本のツイッターでも話題となっていた。
blood1
image credit:Instagram

 鉱山都市として知られるロシア・ノリリスクで異常な現象が確認されて地域住民を恐怖と混乱に陥れた。

 まるで血のような赤い雨が局地的に降り注ぎ、その血の雨が路上や自動車を濡らしたのだ。

 黙示録?聖書に書かれているアレが広まる予兆か?

 ホラー映画のワンシーンのような光景に人々は恐れおののき、多数の写真や動画がSNSに投稿された。

 この奇妙な雨の正体は一体、何なのだろうか?
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク