oktopusbaby_e

 先日は人懐っこいタコさんをご紹介したばかりだけれどさ、さらに人懐っこいタコの赤ちゃんがETのようにダイバーと指と触手をタッチさせる、スーパーキュートなGIF画像を見つけてきたので、ぜひみんなとシェアしたいと思うんだ。
 
スポンサードリンク
10_e

 わたしたちの足元、地面の下にはあちこちに歴史の名残が埋まっている。大昔ここに住んでいた人々は誰なのか、なにを大切にしていたのか、住んでいた家はどんなだったのかなど、その生活の断片を垣間見ることができる。それは朽ちた遺体の骨も同様だ。

 しかし、数千年前の生活は、必ずしも平穏なものではなかった。ときに発見された遺体から、その死が残酷で暴力的だったことがわかることもある。それはまさにホラー話さながらであることを示しているのだ。
スポンサードリンク
04_e0

 水の都、ヴェネツィア。その名のとおり、道路の代わりに運河が張り巡らされたこの街では、人々は自動車や自転車の代わりに船で移動する。観光用のゴンドラでは、船頭さんがカンツォーネを歌ってくれたりもしちゃう、歴史のある、美しい街だ。

 だがしかし!そんなヴェネツィアの一角で、運河から巨大な手現れた。なんだか建物を襲ってるように見えなくもないんだけど、果たしてその正体は??
01_e0

 部屋の真ん中にはテーブル、壁の棚には本が並び、観葉植物も飾られている。おしゃれなお部屋に見えるけれど少しだけ違和感。そう、これは小人たちが住むようなミニチュアの世界なのだ。

 そこにあらわれたのは巨人の手、ではなく人間の手。その手が小さなキッチンの小さな調理器具で器用に料理をこなしていく。エビフライにお好み焼きにオムライス。一口でパクっと食べられてしまうほど小さいのだが、すごくおいしそうなのだ。
05_e12

 脳は3つの点が集まった図形を、人の顔と見るようにプログラムされている。これはシミュラクラ現象と呼ばれるものだ。また、何もないパターンの中から意味のあるイメージを認識してしまう。これはパレイドリア(変像)と呼ばれる。

 これは人間が生き残るうえで必要なことだったのだろう。とにもかくにもいろんなものが自分の知っている何かに見えたり、また、なにかとそっくりに見えたりすることは不思議だし面白い。

 海外サイトにてそういった画像がまとめられていたので見ていくことにしよう、そうしよう。創造力を発揮すれば、あるいはまた別のものに見えてくるかもしれない。
top

 米テキサス州のあるご家庭の愛犬、ゴールデンレトリーバーのハックルベリーは自宅の屋根にのぼり、そこから見える風景を眺めるのが大好きな犬だ。

 静かに外を眺めるハックルベリーと、彼の趣味を受け入れている家族。彼らの間にはなんの問題もなかったのだが、通りすがりの人はびっくりするよな、犬が屋根の上にいたら。

 驚いた彼らは「大変です!犬が屋根の上に登っていますよ」と家をドアをノックして知らせに来てくれるという。彼らの厚意はありがたいが、そう毎回来られても応対が大変だ。

 そこで飼い主はこんな張り紙を家の前に設置することにした。
0_e2

 過去数十年、地球の最北端で熱心に作業を行う専門家たちによって、いく種類かの古代のウイルスが発見されてきた。

 2015年、シベリアでは3万年前のモルウイルス・シベリカムが発見され、実験室の中で目を醒ました。

 こうした状況に警戒する向きもある。温暖化により北極圏の永久凍土は溶け続けており、古代のウイルスが解き放たれる恐れがあるというのだ。
terra-ronca-caves-brazil-3_e

 茜色に輝く夕焼け雲、天空へ向かってそそり立つ真っ白な雪山、無限に広がる青い海……。思わず息を飲むような美しい自然の光景はたくさんある。けど、それは地上だけのことじゃない。自然が作り出したすばらしい風景は地下にも広がっているのだ。

 ブラジル、テラロンカ州立公園には南アメリカで最大の洞窟群がある。約200もの洞窟があり南アメリカで最大である。6億年前は海底だったという洞窟には巨大で神秘的鍾乳洞があちらこちらに存在する。
top

 今年5月初旬、夜間にマレーシアの道路を走行していたドライバーと同乗者が、大きなカーブを曲がった直後、車道の中央で座禅を組む不気味な人影に遭遇する事件が発生。

 突然現れた白い影を見とめた彼らは瞬時にパニックに陥ったものの、急きょ道を引き返した。

 この恐怖体験がネットに上がるや否や、動画はマレーシアの白い幽霊として注目を集め、そこに視聴者から驚きの情報が舞い込んだ。というわけでまずは車載カメラがとらえた謎の影の様子をご覧いただこう。
crow-1_e

 昨年、海外掲示板Redditにカラスたちの激やば写真を撮影した写真が投稿され、以来ずっと話題を呼んでいる。

 カラス先輩と言えば、カラパイアでもその賢さが話題になっているのでみんなご存じだろう。そんなカラス先輩がどう考えてもヤバい取引に絡んでいる決定的写真がこちらだ。
0_e2

 世界には捨てられ、そのままになった超高層ビルがいくつもある。耐用年数を超えてしまったビルや入居するには危険すぎるビルもある。中には完成すらしなかったビルもある。

 捨てられた理由が何であれ、それぞれのビルにそれぞれの物語がある。ここでは今は廃墟である10棟の有名高層ビルを紹介しよう。
ken1

 世界中の少女が、そして大きなお友だちが憧れてやまないファッションドールといえばバービーである。どんなドレスだって着こなしてしまう容姿端麗&金髪碧眼の美女なんだから、そりゃあうらやましいってもんだ。

 しかし、もしバービーに角がはえていたらどうだろう。ラムちゃんみたいな角じゃなくて、けっこう立派な牡鹿のような角。もとが美人なだけに凄みがあって、ちょっと悪魔のようにも見えるだっちゃ。
no title

 米バージニア州にて夜間に野生のクマに自宅のゴミをあさられて困っていた男性が、あるアイテムでクマを追い払うことを思いついた。

 そのアイテムとはなんとピエロの人形。しかもこれ振動に反応して目がキラーンと光り、怪しく動くのである。

 男性は、このピエロ人形を設置し監視カメラで観察した。するとどっきり大成功!不気味なピエロが大きなクマを蹴散らしたのである。
0_e

 グローバルファイアパワーが発表した最新軍事力ランキングによると、アメリカは今もなお世界最強の軍隊を誇っている。同国の軍事費は年間およそ60兆円、利用可能な人的資源は1億4,521万5,000人である。

 その軍事費はすでにロシアと中国を合わせたものの3倍に達するが、トランプ政権はさらに10パーセントもの増額を提案しており、さらに増加する見込みである。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク