0_e12

 料理はいつだってアドベンチャー。レシピを参照にしてその通りに作ってみたところでその通りにはならないどころか、想像もつかないクリーチャーが排出されることもある。

 そんなキッチンにまつわるホラーでアドベンチャーな画像がまとめられていたので見ていくことにしよう、そうしよう。
スポンサードリンク
2l_e

 2016年9月、カナダのマニトゥーリン島にある小さな町で暮らしていたおばあさんは、愛猫アイビーとともにのんびりとした日々を送っていた。

 だがある日のこと、おとなしいはずのアイビーが豹変した。急に大騒ぎしはじめたのである。これをきっかけに、おばあさんは事故で身動きできなくなっていた隣人を発見することができた。

 人間には聞き取ることができなかった人のうめき声を察知し、飼い主にその事態を気づかせたアイビーはお手柄猫として注目を浴び、隣人のピンチを救ったヒーロー猫として国内外から注目を集めている。
スポンサードリンク
0_e2

 地磁気は目に見えない力場のように惑星を覆っており、有害な太陽放射から生命を守っている。これは安定とは程遠く、常に変化し続けている。

 地球史において、少なくとも数百回は地磁気が逆転し、北と南の磁極が入れ替わっている。では、これが次に起きるのは一体いつだろうか? そして地球上で暮らす生命に対するその影響はどのようなものだろうか?

2_e3

 白い猫と黒い猫。どちらも魅力たっぷりなのだが一緒にいるとかわいさ倍増。光と影、陰と陽、まるで両方を一度に見ているようで哲学的な情緒を醸し出しているのだ。

 そんな白い猫と黒い猫がペアでいる写真が集められていた。
00

 今年1月末インドの大学病院に、頭の不快感を訴える女性が来院した。頭の中に何かが這いずってる感覚と激しい痛みがあるという。

 何度も同じ症状を訴え続ける彼女にただならぬ予感がした医師は、内視鏡を使い鼻の中から原因を探すことに。

 奥深くまで進んだカメラがついにとらえたのは、彼女の頭の中に生きたまま居座っている大きなゴキブリだった。

 それは30年のキャリアを誇る担当医師ですら初めて遭遇したというレアケースであったものの、最終的には生きたまま捕獲して除去という措置が成功し、女性は無事助かったという。
0_e9

 世界的な下馬評と異なり、トランプが大統領となったことに驚きを隠せない人は多かったはずだ。アメリカといえば、世界最大の国のひとつで、地球全体に君臨する超大国である。

 世界を常にリードしているイメージがあり、全人類の4〜5%がアメリカに住んでいるが、アメリカ人以外にはまったくわけのわからないこともある。

 これからあげる事実は、あなたがアメリカ生まれのアメリカ育ちなら、特別クレイジーなこととは思わないかもしれないが、外国人にとっては奇妙に思える事実である。
00_e2

 あったらいいなを形にしてくれる人、ありがとうだよ本当にもう。2月も半ばになっちゃったけど、まだ10か月もあるし、服を着替えるようにカレンダーも着替えなくちゃだよな。

 っと自分で購入するための言い訳をかましつつ、後手に回ってしまったが無視することのできない存在感のあるカレンダーを発見しちっち。

 その名も「ネイチャーズ・ディックピクチャーズ2017」。大自然の中にそそり立つ、人間レベルじゃ及びもつかない巨大なる息子スティックに見えなくもない岩山や奇岩が、これでもか、これでもかと毎月ビッグに攻めてくる。
wani1_e

 米サウスカロライナ州ハナハンで、世にも珍しいアリゲーターが見つかった。デカイわけじゃない。牛を襲ったわけでもない。そうじゃないけど、ただ色がオレンジなのだ。

 その色合いがドナルド・トランプ米大統領の顔色に似ていることから、早速“トランパゲーター(Trumpagator)”ってあだ名がつけられた。
no title

 日本でも定着した感のあるアメリカ大手のハンバーガーチェーン、バーガーキングだがアメリカ国内はもちろん、世界73か国で約1万2,000の店舗を展開している。

 そんな中、イスラエルのバーガーキング各店では、バレンタイン限定、18:00以降限定で大人の為のキッズミールセットならぬアダルトミールセットを限定販売しているという。

 そこには大人たちが楽しめるアダルティなおもちゃが3種入っており、購入年齢も18歳以上だ。
86872f00

 カラスは賢いくていたずらも大好きだ。相手が捕食頂点に立つ猛禽類だってお構いなしなんだからもう。

 でもって今回、またしてもカラスが猛禽類に挑んでいる瞬間が激写されていたようだ。だが実はこれ、遊びではなく、巣に近づいたワシを撃退しようとガチで挑んでいる姿なのだ。
0_e3

 ロシアの高等研究財団(Foundation for Advanced Research/FAR)がモスクワで設立を進める研究所では、動物を使った”液体呼吸”実験が予定されている。その成果は、医療や潜水艦乗組員の緊急避難技術の開発に応用されるそうだ。

 液体呼吸とは、空気呼吸をする生物の肺に酸素が含まれる液体を入れて呼吸させる技術だ。これによって動物は水中でも呼吸が可能になり、水中に滞在できる時間が長くなる。
snowanimals20_ea

 先月末、アメリカの東海岸は史上2番目という大雪に見舞われた。非常事態宣言が出され、死者も多数出るという災害だったが、動物たちはそんな雪の中でどう過ごしていたのだろうか。ツイッターやインスタグラムに投稿された写真から、当時の様子を垣間見てみよう。
no title

 猫ズたちが猫のぬいぐるみと初遭遇。見た目猫で寝ている風情を醸し出しているぬいぐるみなのだが、この後すぐに悲劇が起こる。
no title

 いまだかつてみたこともない造形をしたオブジェクトが監視カメラ映像に捕えられていた。実際にそおオブジェクトはそこにあったようで、通行人がそのオブジェクトに見入っている姿もとらえられている。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク