cat-2435021_640_e

 猫が何かしでかそうとしているとき、飼い主の方をじとーっと見ていることがないだろうか?

 家の猫はある。プリズンブレイク常習犯の家の猫、けもは、べランダに設置した柵を壊して外に出ようとするのだが、こちらの視線を伺いながらやってる。

 実際に、猫は犬と同様、人間の視線を追っているという。
スポンサードリンク
00

 ネットをざわつかせる未確認生物の目撃多発地帯といえばダントツに海な気がする今日この頃、海外掲示板にて妙なクリーチャーが話題になっている。

 オーストラリアの浜辺で見つかったこの生き物は、袋状の器官がある白っぽい体に、先のほうが黒い触手らしきものを無数に生やしている。

 一見モルボルっぽいフォルムもなきにしもあらずな謎生物。その正体を巡ってユーザーがいろんな見解を示してたぞ。
スポンサードリンク
0_e
image credit:ESA

 欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星GOCEが2009〜2013年に調査した地球の重力のデータを、地震学的データと組み合わせた。

 すると、これまで見たこともない大陸プレートの3次元マップが作成された。

 ドイツキール大学とイギリス南極調査(British Antarctic Research)の研究チームによると、このマップから大陸プレートとマントルのダイナミクスとの相互作用の理解を進めることができるという。
dropped42
 
 犬と赤ちゃん、このほんわかコンビは家庭のアイドル同士といって間違いないだろう。アイドル同士だからかはたまたベッドの取り合いなのか、赤ちゃんを引っ張りたい犬の存在が明らかになった。
iStock-876236728_e

 イギリスの1地域、スコットランド自治政府は、11月8日、LGBTI(性的少数者)に関する教育課程を設け、全ての公立学校の授業で教えることを義務づける方針を明らかにした。

 LGBTIは性的少数者を意味し、レズビアン(女性の同性愛者)、ゲイ(男性の同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性的アイデンティティが一致しない者)、インターセックス(外性器が男女未分化な者)、の頭文字をとった呼称である。

 学校の授業ではLGBTIに関する正しい知識や歴史を教え、差別や嫌悪や偏見をなくすように指導することが義務付けられる。

 例外的免除や選択的離脱は一切なく、LGBTIに関する包括的な教育を義務化するのは、世界初の試みとなるだろう。
no title

 見る人をくぎ付けにするであろう見事なる彫刻とフォルム。その靴の名は「マイセリウム・シュー」という。

 スタートレックシリーズのU.S.S.ディスカバリーに出てくる、銀河にネットワークを形成する宇宙植物「マイセリウム」と同じ名前だ。

 この靴は、3Dプリンターで作られている。デザイナーユニットの『Ica&Kostika』が作り上げたものだ。
名称未設定-1

 迅速で確かな仕事は思わず見入ってしまうほどの魅力があるが、オランダで行われたとんでもない速さの工事映像が海外掲示板で話題になっている。

 それは高速道路の拡張に伴う工事で、70mのトンネルがわずか48時間で道路の下にきちんと収まる様子が見て取れる。

 作業員は大きな重機を総動員し、昼夜を通して作業に専念。

 途中で悪天候に見舞われながらも無事終了!という見事な仕事っぷりに、多くの海外のネットユーザーが度肝を抜かれたみたいだよ。
03_e1

 森の中に佇む円筒形のガラス張りの家。家の中心には大きな1本の木。

 これはメイソン・アーキテクツ(A.Mason Architects)とメイソン・デザインスタジオ(A.Masow Design Studio)のプロジェクト『Tree in the house(家の中の木)』で制作されたものだ。
ready_nwczr8oxgcpx9y7t0pl71n (1)_e
 
image credit:Facebook

 そこにいるだけで何物にも代えられない存在価値を生み出してしまう猫たちは、時として住む場所だけでなく、輝かしいキャリアも手に入れてしまうことがある。魚屋の看板猫ネズミとりとして公職に就くなど、人間社会で幅広く雇用され、世界のあちこちで活躍してきた。

 だが猫だって、時世の流れに逆らえない。

 アメリカ、ワシントン州レントンでオフィス猫として数年間熱心に働いていた11歳のオス猫、バンビーノは、会社倒産の憂き目にあい、失業してしまった。

 行き場をなくしてしまったバンビーノの運命はいかに?
iStock-841044776_e

 人工知能(AI)やロボットの発展が目覚ましい昨今、一部の専門家は、機械が人間から仕事を奪ってしまうのではないかと懸念している。

 それは肉体労働やルーチン作業のようなものに限られた話ではない。まったく新しいものを発明したり、芸術を生み出すような分野にも及ぶかもしれない。

 ある人工知能の専門家は、テクノロジーは2062年までに人間のクリエイティブな才能を凌駕できるだろうと予測している。
no title

 子どものうちは先入観や固定概念がないから、興味を持った相手が例え誰であっても仲良くなれるもんだ。そしてそれは動物だっておんなじだ。

 2匹のカワウソたちはトラの子どもに興味津々。

 成長すればヒエラルキーのトップに君臨するであろう猛獣になる存在であっても、子供ならば話は別だ。

 抑えられない好奇心でグイグイとトラの子に攻め込んでいく。トラの子はタジタジと、後ずさるしかないのであった。
shark3
image credit:YouTube

 「メダカの学校は川の中」と子どものころによく歌ったものだが、どうやら海の中にも似たような施設(?)があるらしい。

 アイルランド政府が20年かけて海洋資源を調査するINFOMARプログラムの海洋科学者が、このほど新たな発見をしたようだ。

 アイルランドのある海岸から320km以上離れた地点で遠隔操作型の無人潜水機を水深750mまで潜水させたところ、そこには珍しい光景が広がっていた。

 とてもとても大規模な「サメの保育園」である。
abandoneddogs0_e

 助けを求めているストリートアニマルたちは、ここアメリカでも後を絶たない。今回Hope For Pawsは野良犬の救助要請を受けて出動したわけなんだが、なんとまず1匹を保護したところで、もう1匹救助を待つわんこに出会ってしまったんだ。
no title

 数千年前にさかのぼる古代エジプトの墓から、予想外に大量のミイラが発見された。

 それは高官のミイラではなく、石棺の中に収められた数十体の猫のミイラである。さらには珍しいスカラベ(甲虫類のコガネムシ科タマオシコガネ属を指す古代エジプト語)のミイラだった。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク