net] (1) (1)

 「穏やかな巨人」、「大きな体の甘えん坊」ときたらメインクーンの話だ。アメリカ、ミシガン州サウスフィールドにお住いのメインクーンのシグナスさんは現在1歳。メインクーンは3年くらいは成長し続けるというからまだまだ大きくなる要素満載なのだが、すでに彼は世界一のブツを持っている。

 長くてふわっふわでゴージャスな一本。

 シグナスさんはギネスでも認められた世界最長のスーパーモフフワしっぽの持ち主なのだ。
スポンサードリンク
cloud-forest-1504970_pixabay_e

 森林の減少は世界的な問題になっている。生態系全てにかかわってくるほどの大問題だ。ところが、森林を取り戻すために木を植えて回る作業は、育った木を切り倒すのよりずっと大変だ。急峻な日本の森林ではまた違うのかもしれないけれど。

 そこへ登場したのが、バイオカーボン・エンジニアリング社の「植林用ドローン」である。操縦者一人につき、最大で一日に10万本の木を植えることができるそうだ。
スポンサードリンク
no title

 アメリカ・ケンタッキー州のルイビルに住むJ. Hricakは、キャラ好き、ホラー好きだ。だもんだから、世界的に人気なあのキャラクターたちをアンデッド化し、自身の運営するEtsyのショップで販売している。

 ピカチュウ、キティ、ミッキーなどなど、ぎりぎりセーフな感じもするしアウトな気もするが、ハロウィンも近いことだし、果敢に攻めるタイプのプレゼントとかどうだろう?
dropped2
 
 せっかくの三連休にもかかわらずお天気はいまいち、台風までやってきたと思ったら連休は終わってしまった。明日からは通常運行、そんな我々の心を見事に表現した猫の動画が発見された。
Claudia-Main_e

 暴力と犯罪にまみれたギャングといえばまず男を連想するだろう。映画のイメージなんかだと、大胆な違法行為で荒稼ぎし、豪華な邸宅に暮らす。これがギャングの典型的なイメージだ。

 だがそんな男たちが大多数である暗黒街には女ギャングも存在する。彼女たちのイメージは様々だ。中には、彼女が凶悪な犯罪を犯せるはずがないと思わせるような風貌を持ち、したたかに涙をうるませ人々の同情をかうようなタイプもいる。

 ここでは女ギャングの中でも悪名が高かった10人を見ていこう。
putin11

 カラパイアではライフワークとして哺乳類サル目ヒト科としてのプーチンを日夜ウォッチングしており、政治うんぬんを抜きにした生態調査を続けている。

 プーチンの武勇伝はロシアのプロパガンダ的な意味も含めて枚挙に暇がない。あえてそこにがっつりつられたフリをしつつの斜め上方向からのプーウォッチなわけなのだが、プーチンの設定のひとつに「あらゆる動物を手名付ける猛獣使い」っていうのがある。

 犬や猫はもちろんのことペルシャヒョウの子どもなど一般人にはおよそ不可能な動物でも手なずけてしまうという超絶テクニックを持っているというものだ。

 そんなプーチンに追加設定がなされたようだ。動物だけではなく、ロボットすらも手なずけてしまうというものだ。

 設定なのかガチなのかはちょっとよくわからんが。
funny1_e

 ツイッターにはさまざまなおもしろアカウントが存在する。魔改造バッチリなすご腕のコラ職人もいたりしてそれぞれに違ってそれぞれにいいわけだが、今注目度が急上昇しているのが「Medieval Reactions(中世の反応)」というツイッターアカウントである。

 詳細は不明だがイギリス人男性のカハルさんが運営しているようで、中世の名画に絶妙なキャプションを付ける「ひとり大喜利」を延々と繰り広げている。それがどれも爆笑ものだとフォロワー数47万5000人以上を抱える人気ぶりなのだ。
top

 世間をにぎわす話題の中にはありえない場所に動物が出没する珍騒動があったりするのだが、先日イギリスの小さな町の住宅街の家の庭先に40頭もの牛の群れが押し寄せたというニュースが話題になっている。

 しかもそれは日曜の朝のことで、家に住んでいた女性とその夫も、目覚めのモーニングティーを楽しむどころではなくなったという。

 「なんでここに牛が!」と動揺する住人をよそに、プランターの花をおいしくいただき、庭を踏みつぶす牛の集団。その様子が海外メディアにて伝えられていた。
0_e4

 ロボットに触覚を与えることで医療や危険物の察知、ロボットの歩行サポートなどに役立てようという研究が進んでいる。

 前回、3Dプリンタを利用した触覚生体スキンの開発に関するニュースをお伝えしたが、また新たな技術が開発されたようだ。

 まるでゴムのようで、最大50パーセント伸ばすことが可能な電子機器センサーである。それは人間の皮膚と同じように捻れ・圧力・温度を検出することができ、ロボットの人工皮膚としての利用が期待できるという。
7550f9d6

 ロシアのある野生動物公園で、ぬいぐるみ並みに幼いコグマが観光客らしき男性の足にがっちりしがみついているこの動画。

 なんでこういうことになったのかはわからないのだが、とにかく必死にくっついてくる。男性がちょっとでも動こうもんならそのまま足に絡みついてずるりんちょ。

 そのしぐさがかわいすぎて、もうクマ飼っちゃう?このまま連れてっちゃう?ってな具合なのだがそれはあまりにもデンジャラスだろう。
dropped14
 
 みんなそれぞれ変わった好物ってあるはずだ。他の人ならあまり食べないようなものが自分にはたまらない大好きな食べ物だったりすることってない?

 今回、キャベツをもりもり食べる猫の動画が発見されたので、夕飯食いっぱぐれそうなお友達は猫さんから食欲のインスピレーションをもらってお腹いっぱい食べてほしいんだよ。
9_e0

 クジラが浜辺に乗り上げ、自力で泳いで脱出できない状態になることがある。単体の時もあれば、数百頭ものクジラの群れが大量死していることもある。

 ずっと昔からこの現象は確認されていたのだが、その理由は謎のままだった。だが、最近の研究によると、クジラの座礁は太陽と関係があるようなのだ。
7

 レオナルド・ダ・ヴィンチの名を知らない人はまずいないだろう。あの有名な「モナ・リザ」や、「最後の晩餐」の作者である。芸術家であると同時に、科学者でもあったダ・ヴィンチは、「万能の天才」とも呼ばれている。

 ダ・ヴィンチは科学技術分野においても、多数の手稿を残している。そのうちのひとつ、『アランデル手稿(The Codex Arundel)』は大英博物館に保管されているが、このたび大英図書館からその高解像度データが公開された。

 インターネットにアクセスできる環境さえあれば、世界中のどこからでも閲覧可能となったのだ。
top

 自由の国アメリカとは言うものの、だ。

 確かに免許証の写真も、アメリカの場合取り直しOK、歯を出してスマイルOK(私のいたペンシルベニア州とイリノイ州)だったが、日本の場合はいろんな規定があって、こっちの都合で取り直ししてくれることなんかない。

 その流れ的に学生証だってみんな免許証の写真のようなお堅い表情のやつが多いはずだ。だがアメリカの場合、学生証は免許証よりさらに自由度が上がる。

 だもんだから学生たちのなかには、ウケ狙いのとんでもない写真を学生証に使用しちゃっているようだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク