no title

 2017年5月8日、赤外線カメラによってとらえられたという白い発光体がフォーメーションを組みながら飛行している映像である。

 ドローンではないことは明らかだし、流星でないことも明らかだ。
 果たしてこの物体は?
スポンサードリンク
dropped6

 犬さんの懐の深さと来たら、も〜海より深い。人間の最良の友達と言われているけどそれも納得。犬たちは我々が苦しい時も嬉しい時も一緒にいてくれるんだから。

 今回発見された動画内で、美と健康のために運動中の人間ガールズにお付き合いするゴールデン・レトリバーの個体が発見されたよ。
スポンサードリンク
no title

 ドライバーに注意や警告を伝える交通標識にはさまざまな種類がある。その表示は国によって異なるのだが、海外では日本以上に大胆で奇妙な標識が使われているようだ。
 
 そんな世界各地の標識はネット上でも話題となっており、見慣れないユニークなデザインを楽しむ人々も増えている。

 というわけで公式かどうかはわからないが、うっかり出くわしても平常心でいられるように、世界の様々な交通標識を見ていくことにしよう、そうしよう。
kitty1_e

 日本では空前の猫ブームといわれて久しい今日このごろ。好きすぎていっそのこと猫になってしまいたいと願う人類がたぶんどんどん増えているわけで、あんな手やこんな手を考え出すわけだ。だって人間だもの。

 アメリカ・ニューヨークのフレグランスメーカーが、老いも若いも男も女も、いとも簡単に猫の香りを身にまとえてしまえる香水を開発したようだ。猫の香り、って改めて考えるとどんな香りなんだろう?
0_e_e

 ホログラム投影と言えば、1977年上映の「スター・ウォーズ エピソード4」で出てくる、 R2-D2が映し出したレイア姫を思い出すが、あれから40年、現実はSFに追いついちゃったようだ。

 既にアップルの「Siri」やアマゾンの「アレクサ」のようなパーソナルアシスタントが一般的になっているが、それらは声だけで姿はない。そこに姿を与えたのだ。

 
001

 ハッピー・ティーチャーズ・デイ!アメリカには「先生の日」があるんだって。5月の第1か第2火曜日なのだそうだ。

 多感な青春時代の貴重な時間で深い関りを持つ先生たち。強い影響を受けたという人もいるだろうし、ちょっと残念な思いをした人もいるだろう。

 学校があるところに先生がいる。中には生徒たちに熱い思いを持ってがんばっている先生たちも数多く存在するようだ。

 というわけで、世界の頑張る先生たちを見ていくことにしよう。
thai13_e

 愛犬を抱きしめること、それは愛犬家にとって日常的な行為だろうし、そうすることで犬も飼い主の温もりを感じて安心するだろう。愛おしいと思うと抱きしめたくなる。ハグは人間にとっての愛情表現の一種である。

 しかし、家を持たない野良犬たちには、抱きしめてくれる人がいない。もし、野良犬に“最初のハグ”をあげたら、どんな反応がかえってくるのだろうか?
0_e1

 恐竜を絶滅させたとされる隕石の衝突が30秒ずれていたら、それは海に落下し、被害はずっと少なかったという仮説が発表された。

 その隕石の衝突は地球上の生命の4分の3までを一瞬でなぎ払った。生き残った恐竜も数年のうちに絶滅。衝突で空気中に舞い上がった塵が太陽の光を遮り、気候を大幅に低下させ、深刻な食料不足に陥ったからである。

 しかし、もしたったの30秒だけ衝突が早いか、遅かったりしていれば、恐竜はおそらく生き残っていたと考えられるのだという。
no title

 「KGBから新しいファイルが流出した。有名なスペインの芸術家、サルバドール・ダリがソ連(現ロシア)に秘密訪問していた事を明らかにしたのだ。」

 なんとダリにはロシア人女性の愛人がいて、彼女がダリをロシアに連れていったらしいとかいうところまで妄想済みだ。

 これらのコラ画像はフェイスブック上で「Dalirussia」として公開されたものだ。

 かなり作りこんであるので、知らない人が見たら、実際にダリがロシアを訪れていたと信じ込んでしまうかもしれない。
0_e8

 新陳代謝、細胞分裂。普通に暮らしていたらまったく気にも留めないことだが、一説によると人間の細胞は3か月で入れ替わるという。正確には体の部位によって5日から3年と、かなり異なるのだがとにかく体の細胞は入れ替わっていくのである。まあとにかく、1年前の自分と今の自分は細胞的にも異なるのである。

 で、そんなミクロの世界の話をわかりやすくしてくれる動画が公開されていた。ヨーロッパアカガエルの卵が次々と細胞が分裂していく様を早回しで見ることができる。
 
horse-7_e
 
 ウマっていうと、大体やっぱり細長い足だったり優しい目だったり、その賢さややさしさを思い出すんだけど、どうもそれだけじゃないらしい。全世界の乙女と乙女じゃない人までもれなくキュンとさせるイケメンが発見された。

 引き締まった筋肉、豊かなたてがみ、フレデリック・ザ・グレート(フレデリック)は全身に黒をまとったまさに世界一のイケウマだ。

 

 
00_e

 室内だけでも飼うことができ、あまり手がかからず、適度な距離感を持って接してくれる猫。そのエレガントな身の振る舞いが大好きだという人がいれば、一方で、腹立たしほど自分勝手で、冷たくて、よそよそしいと感じる人もいる。

 では飼い猫の本質とはなんだろう?どう思って人間たちと生活を共にしているのだろうか?猫にとって一番居心地のいい人間ってどんな人なのだろう?

 様々な研究からひも解かれた猫と人間に関する情報を見ていくことにしよう。
pudding0_e

 今、海外のネット民を騒がせているのが、タイのスイーツ店が生み出したココナッツプリンだ。ココナッツプリンはタイでお馴染みのスイーツであり、それ自体は何ら不思議なことはないしむしろ普通。

 だが、違う。見た目が普通じゃない。スヤスヤと眠っているような子犬スタイル。しかも異常にリアルなんだからたまらない。プリンという商品の特性上ずぶ濡れ状態となっている。

 かわいいか、かわいくないかじゃない。食べられるか、食べられないか、それが問題だ。
00

 2009年、オレゴン州立大学(OSU)の化学者が、思いがけないことから、鮮やかな新しいブルー色素を発見した。

 現在この「青」は市場に出回り始めていて、塗料や合成樹脂として幅広く活用されることになる。クレヨラ社はこの色素を使ったクレヨンを発売することとなった。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク