0000_e

 地球に衝突しなかったからよかったものの、その発見はあまりにも遅すぎた。

 2016年1月9日(現地時間)、10階建てのビルに匹敵する小惑星が、なんと地球と月の半分ほどの距離をかすめて飛んで行ったことが判明した。

 この小惑星の名は2017 AG13。アリゾナ大学カタリナ・スカイサーベイがわずか24時間前にようやく発見したものだ。大きさは15〜34メートルで、秒速16キロという速度で地球の側を通過した。

 これは2013年、ロシアのチェリャビンスクに落ちた隕石に匹敵する大きさで、地球の大気圏に45度の角度で突入すると、広島型原爆の約12倍にあたる700キロトン以上のエネルギーを放出すると試算されている。
スポンサードリンク
no title

 警戒心の強い野生生物の生態を観測するのはとても大変だ。最近では技術の進歩により、アニマトロニクスという生物を模したロボットにスパイカメラを埋め込んで撮影することもある。

 動物ドキュメンタリー映像のクオリティーの高さで定評のあるBBC放送が、オナガザルの一種、ハヌマンラングールとプレーリードッグにそっくりのアニマトロニクスを生息域に設置し、その様子を撮影した。

 彼らは自分そっくりのロボットたちを受け入れたようだ。受け入れたばかりかこんなにも心がきゅんきゅんしてきたよ。動物たちだってやはり感情はあるのだ。
スポンサードリンク
0_e38

 我々が住む太陽系は驚異に満ちた場所だ。

 数十年もの間、世界中の野心に溢れる技術者や科学者は、新しい発見を期待しながら勇敢な人間やロボットを太陽系の奥深くへと送り込んできた。2016年は宇宙探査の重要な一里塚が築かれた年でもある。

 探査機カッシーニはこれまで知られていなかった土星とその衛星に関する真実を明らかにした。NASAのジュノーが木星の詳細なデータを送信している真っ最中だし、NASAニューホライズンズは冥王星の姿を人類に初めて披露してくれた。さらに火星では2台のローバーが過去の生命の痕跡や珍しい地形を求めて稼働している。

 こうしたミッションで入手された素晴らしい写真や新しい事実は、地上の人々を分析へと駆り立てている。そして答えが一つ見つかるごとに、いくつもの疑問を浮かび上がらせる。冥王星の近くには他にも準惑星が存在するのだろうか? 火星に生命は存在したのだろうか? 人類は火星まで無事辿り着けるだろうか? 土星や木星の氷の衛星には微生物が潜んでいるだろうか?

 さあ、そうした疑問を抱きながら、太陽系ツアーへと出発しよう。
00_e6

 1950年代後半から1960年代から1970年代初頭、サスペンス映画の神様とも称される、アルフレッド・ヒッチコック監督が大活躍した時代である。

 当時ホラー映画は低予算ながらも大変人気があった。映画監督は観客を呼び込む為、クリエイティブで斬新なギミック(技法)を次々と導入していったのである。

 それは技術にのみあらず。一種のマーケティング戦略ともいえるわけだが、当時はこれが非常に受けた。ここで紹介するのはその中でも当時反響の大きかったものである。
00

 昨日よりYOUTUBEで公開された国立劇場が作り上げたPPAPの新たなるバージョンは、ペン(といっても筆である)と三方と塗り三方だ。

 邦楽の演者たちが、三味線や笛、太鼓を演奏しながら、長唄三味線方の家元、七代目杵屋佐吉の次男、三代目 杵屋佐喜氏が絶妙な抑揚で歌い上げる。
no title

 な、嫌な予感以外に考えられないだろ?だがタイプアグレッシブなトラッカーの場合には、そこに橋があったら渡りたくなっちゃうらしいんだ。たとえそれがカイジの罰ゲームみたいなやつでも。

 今にも壊れそうな木の橋を渡るトラックの無謀なる賭けはこの後すぐ。
8_e

 イギリスを拠点に活躍する写真家兼ビジュアルアーティストのジャム・サットンは、3Dプリンタでギリシャ神話をはじめとする有名な彫像を今風にアレンジした作品に取り組んでいる。

 彼は、ミノタウルスを退治する英雄テーセウスを暴力的な武装警官に置き換えたり、巨人ゴリアテを倒してその首に足を乗せたダヴィデを今どきの若者の姿にしたりと、古くから語り継がれる英雄譚に新たな解釈を加えているのだ。

 古典的な像をモチーフに現代社会を反映させるサットンの作品は、これまでの歴史的な芸術の概念に一石を投じるユニークな試みとして注目を集めているという。

top2

 2017年1月3日、ブラジルのリオグランデ・ド・ノルテ州で、ワーグナー・リマ・フィゲイレドさん(34歳)の葬儀が行われた。彼はセミプロのカウボーイとして10年にわたり愛馬とともにロデオで活躍していたが、1月1日に起きたバイク事故で帰らぬ人となった。

 早すぎる彼の死を悼む葬儀がしめやかに行われる中、ひときわ参列者の涙を誘ったのはワーグナーの最高の相棒だった白い馬、セレーノの姿だった。

 彼はワーグナーの棺に頭を横たえ、親友との最後の別れに泣き叫ぶような声でいなないた。あまりにも悲しげな彼の姿は、現地のメディアを通じ種族を超えた友情と、動物が示す同胞への深い愛情を示す光景として報じられた。
00_e_e

 境遇や知能、身体的特徴など、人は自分に似た人と相手と結婚することが明らかになっている。もちろん一部例外はあるが、統計学的にはそうなるようだ。

 大勢の夫婦を調査した最新の研究によると、人は自分に似た人を生涯のパートナーとして選んでいるという。

 そしてこれは偶然ではないのだそうだ。高学歴が高学歴と結婚するのは、そういう人たちの近くで生活していたからではない。そうした相手を積極的に探し求めていたからだ。そして、この好みが私たちのゲノムを形作っているという。
no title

 11匹の猫と暮らしている10 Cats.+さんの家の猫、モモさんはとにかく寝言を言うらしい。

 小刻みに「んにゃ」とか、「にゃぁ」とか、もうかわいいったらありゃしないんだ。
0_e

 8億年前と言えば大規模な氷河時代であったとされている時代だ。更には1億年から7千万年前に、地球上に最初の霊長類が現れ多と言われている。

 これはいったいどういうことなのだろう?

 人類がいないとすればこのミイラはエイリアンとしか考えられない。地球外生命体と思われる女性のミイラは、ロシアで発見され、石棺のようなものにはられた液体の中に保存されていたという。
0_e0

 家には人ならざらぬ超自然的なモノが住み着いているという概念は世界各地に伝わっているようだ。その精霊たちは、幸運を約束してくれる半面、機嫌を損ねると災いを運んでくると言われている。彼らの要求をちゃんときいてあげないと、物がなくなったり、皿が壊れたり、不幸な未来が待ちうけるという結果になりかねない。

 古代ギリシャのかまどの女神ヘスティアから、イングランド北部のホブまで、古今東西、人間と家に憑く精霊の関係が歴史に残されている。

 年末年始の準備をしているこの時期、家を守ってくれる精霊たちを怒らせないためのコツを知っておこう。
top

 オランダのデザイナー、ジョープ・ブルースた印刷会社と手を組み、クリエイティブなインテリアグッズを展開するブランド「Assembli」が昆虫をテーマにしたカラフルでおしゃれなペーパークラフトを販売中だ。

 これらの商品は組み立てる喜びと達成感を味わえる、手作りキットとして手ごろな価格でEtsyで販売している。

 ボディカラーは4色展開。かっこよくておしゃれな昆虫たちを接着剤なしで簡単に組み立てることができる。フィギュア棚に並べてることもできるし、昆虫戦闘ごっことかもできるぞ。
1_e41

 しかもこれ、家の中に作られちゃったというんだから驚きだ。いつも使っていない部屋だったのか、スズメバチの働きっぷりが音速レベルだったとか、いろんなことが想定されるが、折り重なった半球形の巨大な建造物。もうこれはアートだな。

 陰謀論が好きな人なら宇宙由来を疑ってしまうレベルだな。
 そうかそれあたしのことか。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク