swat0

 人生で一度くらいはSWATみたいな特殊部隊に追われるはめになる可能性がゼロとは言いきれない。人間だもの、間違いを起こすこともあるし魔がさしちゃう場合もあるし、冤罪とか濡れ衣とか、人生にはいたるところに落とし穴があるんだもん。

 でだ。もしも仮にアメリカでSWATに追われる立場となったとしよう。あなたは小屋の中に入りこんだ。そこにSWATが突入してきた。もう外には逃げられない。さあどうする!

 つい最近、「SWATから身を隠す方法」という映像がフェイスブックを中心にSNSで拡散されていた。

 果たしてどうなったのか?
 まあ、とにかく見てみよう。
スポンサードリンク
kittenrescue7

 アメリカのとある交差点で、車から落ちてしまったらしい子猫を救助した、やさしいバイク乗りの女性がいた。彼女のヘルメットに取り付けてあったカメラが、その感動的な一部始終を記録していたので、ぜひみんなにも見てほしいんだ。
 
スポンサードリンク
composing-2951336_640_e

 地球人にとってもっとも馴染みがあり、近い位置に存在する月。有史以来、人類にとって月は太陽に次いで重要な星であったのだろう。

 ネットでは月に関連する突拍子もない陰謀説、都市伝説などが流布しており、中には月が存在しなかった時代にまで言及するものもある。

 確かに月には地球人を惹きつける魅力にあふれ、謎も多い。それゆえに様々な妄想が加速してしまうのも致し方のないところだが、月の謎を解き明かそうとすればするほど、さらに摩訶不思議な説へとつながってしまうようだ。

 ここでは月に関連する不可思議な特徴とそれにまつわる陰謀論などについて見ていくので、脳内サウンドはXファイルに設定しておこう。
bigclappy0

 これから年末年始にかけて飲み会やパーティーに顔を出すことも増えるシーズンである いろんな余興を見ることもあるかもしれないし、二次会でカラオケに行くこともあるかもしれない。

 そうなると必要になるのが、そう拍手だ。拍手がないとなんかしまりが悪い、拍手がないとなんか寂しい。でも、私にあるのはこの両手だけ・・・。

 そんなときに役立ってくれる気がする拍手ロボット「ビッグクラッピー」の先行予約が始まっている。

 荷物を運んでくれるわけでもなく、作業を手伝ってくれるわけでもない、ただ拍手をしてくれるだけのロボットだ。

 でもってこの外観、レトロな感じで見たことあるようなないような、タコのような火星人のような。だが逆にそれがまたかわいいではないか。

top2

 今年11月7日、ドイツ鉄道(愛称DB)がバイエルン州ニュルンベルク市でIdeenzugという二階建ての新型列車の構想を発表した。DBによると、この列車は「朝の電車通勤に革命をもたらす」ほどの未来志向な車両になるそうだ。

 ノイズキャンセリング機能がある座席や仮眠用ポッド、ジムスペースやキッズエリアなど、今後の利用客により快適な移動を提供するアイデアが盛り込まれたDBのプロジェクトに、海外からも注目が集まっている。
nurse1_e

 日本人のナイスな発想力は海外人から高い評価を得ることもあり、その中にはユニークすぎて脱帽的な意味合いのものも含まれるわけだ。

 こちらもきっとそういう感じな気がするんだけども1%の需要に応えたという看護師フリー写真素材サイト「スキマナース」が海外サイトで話題になっていたようだ。

 「誰がどんな理由で使うんだ!?」や「ニッチすぎぃいい!」などと紹介されていたんだがそれもそのはず。

 誰がどんな理由で使うのかまったく想像できないニッチなナースのフリー素材しかないのである!
net]
 
 カナダ、オンタリオ州に住んでいるジェームス・シュレエブさんは失意のどん底にあった。それもそのはず、ここ数週間で立て続けにネモとルーシーという2匹の愛犬を老衰や心不全で失ってしまったのだ。

 あまりにも落ち込んでいる様子のジェームスさんに何をしてあげられるだろう?家族は父の身を案じていた。

 「新しい犬と出会わせるのもいいかもしれない、いや、まだ早いかもしれない」家族はこっそり話し合っていた。とにかく犬が大好きなジェームスさん。幸いにもジェームスさんにはもう1匹、ミニという名の愛犬が残されていた。

 そんなある日のこと「ミニはひとりぼっちになっちゃったな。友達が必要かな…」とぽろっとこぼした。

 その一言を娘のジェイリーンさんは聞き逃さなかった。
0_e1

 科学者たちが息を凝らして見つめた映像だ。ゲノム編集ツール「CRISPR-Cas9」によってDNAの一片が食べられてしまう様子をリアルタイムで直接捉えたものである。

 CRISPRがDNAを編集する様子は専門家の予測通りだったが、この過程を直接映像に収めることに成功したのは世界で初めてだ。

no title

 みんなは覚えているだろうか?あの弾丸キャットのことを。海外ではミサイルキャットと呼ばれていたものだが、オリジナルの猫画像の躍動感があまりにもかっこよかったので、手足を内蔵し弾丸の先っちょみたいにまんまるに加工したコラ職人シリーズだ。

 まんまるい動物って重厚なモフ感が味わえそうでなんかイイ。

 ということで、インドネシアのアーティスト、アディティアさんは、様々な動物たちをまんまるに加工した画像をインスタグラムで公開している。

 アニマルのボールなので「アニボール(Aniball:Animal Ball)」というシリーズで展開中だ。
Merian

 西洋美術における「風景画」は、現在ではひとつのジャンルとして定着している。しかし、古い時代には「風景」は人物画の背景に過ぎなかった。

 木、草原、山並み、あるいは嵐の荒れ狂う海といったものは、その絵画における人間の活動に迫真性を持たせるために、フレーム内に描き加えられるものに過ぎなかったのである。「人間に関する物語」を欠いた「風景」のみでは意味を持たなかったのだ。

 しかし、ルネッサンス期を迎え、この状況は大きく変わることとなった。
bananadance0

 ちょっと最近寒さが身に染みて、縮こまって生きている今日この頃なんだけれども、みんなは元気にしているかな。今日は大好きなオヤツを食べて、嬉しすぎて思わず喜びのダンスを踊っちゃうインコをご紹介するよ。

 身体が自然に動き出しちゃうくらいハッピーなことってあるんだね。ちょっとうらやましい気分になっちゃうかも。
0_e15

 南極は常に氷に閉ざされた大地だったわけではない。遥か昔、まだそれがゴンドワナ大陸という南半球に位置する巨大な陸塊の一部だったその当時、そこには木々が生い茂っていたのである。

 今回発見された森の化石は、植物が繁栄していた時代の往年の様子を垣間見せてくれるものだ。それはまるで今日の暖かい世界へ向けて北へと移動するかのような姿だった。
mu1_e

 そろそろ年賀状が気になるころだろう。とは言え時代は電子時代、郵便ではなくサクっとカード画像をスマホやPC経由で送れるからいいやね。

 で、オカルト界隈や人外に知人・友人がいたりいなかったりする場合、カードのチョイスに悩んでしまうだろう。そんな時にもってこいの年賀状データが無料公開されていた。

 いるのかいないのか、いるならでてこい上等な未確認生物をモチーフにした「UMA年賀状」なのである。
top4

 ネットの世界では頭の体操とも称されるクイズがいろいろ拡散し、定期的に話題をさらっているが、最近またもやSNSユーザーを悩ませるクイズがシェアされまくって反響を呼んでいる。ツイッターユーザーなら見たことある人もトライした人も多いかもしれない。

 それはコーヒーをテーマにした計算いらずの単純なものだが、実際はかなりの人々が頭をひねることになったそうだ。
 
 あるツイッターユーザーが出題したコーヒークイズなのだが、さて、正解を出すことができるだろうか?
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク