no title

 車の給油口は左右どちらかについている。ガソリンホースの長さは限られているので、給油口のついている側に車をあわせるというのは常識だ。

 有人のスタンドなら誘導してくれるのだが、無人となると自分であわせなければならない。反対側につけてしまった場合には再度調整するのだが、この女性ドライバー、どうやら混乱してしまったようなのだ。
スポンサードリンク
top

 ハリーポッターシリーズに出てくるシロフクロウのヘドウィグは、ハリーといつも一緒。とても賢くて、ハリーポッターの為に働き、助けてくれる良き相棒なのだが、リアル世界でも飼い主の為にお手伝いしてくれる有能なフクロウが存在しているようだ。

 ロシアのご家庭で飼われているフクロウのヨールさんは、手紙が来るとそれを口にくわえて運んできてくれるという。
スポンサードリンク
iStock-921765246_e

 ひょっとして今、仕事中にこの記事読んでたりなんかする?

 でも仕事中の暇なとき、退屈な時のネットサーフィンはちょっとした息抜き程度ならアリかもしれないといううれしい研究結果が報告された。
 
 勤務中におけるインターネットの私的利用はいわゆるサボりとみなされることが多いが、最新の研究によると、それほど問題視する必要はないのかもしれない。

top2

 ジャーマンシェパードは賢く、タフで忠実なだけでなく、愛情深くて思いやりがある犬としても知られている。それは異種の猫に対しても。

 ある家庭で子猫を引き取った。もともと飼われていたジャーマンシェパードのテニーはその子猫が気になって仕方がない。

 常に小さな子猫をいたわろうと、最大限の愛情で包み込もうとするのだ。
2

 たとえば小学校の頃、忘れ物に気づいて取りに帰った人はたぶん結構いるだろう。あの「あったと思ったらなかった!」と知った時の動揺や焦燥感は誰もが一度は味わっているはずだ。

 てことで、なんとISSにて船外活動中にGoProカメラを使おうとした宇宙飛行士の「うっかり」動画が話題になっている。

 いざ録画しようとした矢先、カメラの妙な警告に気づいた宇宙飛行士。あまりにありえない出来事だったのか、若干あわてて管制室にこう聞いたらしい。

「ヒューストン、"No SD"ってどういう意味?」
justastorm1

「地震・雷・火事・親父」という言葉もあるように、カミナリっていうのは怖いものの代名詞として長く通用してきた現象だと思う。避雷針があるから大丈夫、と思っていても、耳をつんざくような雷鳴にはやっぱりドキッとしちゃうしさ。

 動物たちの中にも、カミナリなんて大嫌いっていうタイプがいてもおかしくないよね。今日はそんな犬に向かって「大丈夫だよ」と声をかける2歳の幼児をご紹介するね。
3_e17
image credit: Wikimedia Commons

 メキシコ北西部のバハ・カリフォルニア・スル州には変わった特性を持つサボテンが存在する。

 地元ではクリーピング・デビル(地を這う悪魔)と呼ばれていて、成長すると片端だけが伸び、枯れたほうの体の一部を切り捨てながら、時間をかけて砂漠を動き回るのだ。
iStock-118543374_e

 キリスト教のおもにカトリック教会には「七つの大罪(七つの罪源)」と呼ばれる7つの罪業がある。

 初期キリスト教の修道生活の考え方に由来したもので、人間を罪に導く可能性がある、あるいは罪の根源とされる欲望や感情を指すそうだ。

 具体的には暴食(gluttony)、色欲(lust)、強欲(greed)、憤怒(wrath)、怠惰(sloth)、傲慢(pride)、嫉妬(envy)の7つがあり、それぞれを司る悪魔がいるとされているんだ。

 その起源は4世紀までさかのぼるみたいなんだが今は21世紀。「七つの大罪」を現代のネット社会にあてはめたイラストが話題となっていた。
no title
image credit:instagram

 インスタグラムのgottoddleredでは、子どもを持つ前と後で親御さんたちがどう変わったかのビフォア・アフター画像が次々と集められている。

 確かに大変なこともたくさんあるかもしれないが、そんな自分の状況をこんな風に画像にアップできるのならは、それはそれとして楽しむことができているのだろう。

 制限されることはあっても、子どもには無限の可能性があるのだから。
0_e
image credit:Vivera

 オランダのヴィヴェラ(Vivera)社は、小麦と大豆タンパク質から作られた植物性ステーキを開発した。

 同社のコマーシャルディレクターを務めるゲルト・ヤン・ホンバート氏によると、現在同社では2018年に「数百万枚」を生産する準備を進めているそうだ。

 「開発段階にある新製品がいくつかあるそうですが、市場に流通している本物の植物性ステーキは聞いたことがありません。今のところ、ビースフテーキの代わりになるものはこれ以外ないでしょう」

 植物性ステーキは待望の食材で、その登場は動物の福祉向上や持続可能性という点において革命的な出来事だ。
xiongxiong

 かの有名な「忠犬ハチ公」をはじめ、飼い主に忠実な犬の話は数多く存在する。病院の前で飼い主を待つ犬や、飼い主の墓から離れようとしない犬など、とにかく犬は無償の愛で飼い主を思い続けるのだ。

 そして今回、中国の駅で飼い主の帰宅を待つ犬が話題になっている。

 飼い主が会社に出かけた日は、必ず駅まで見送り、そのまま飼い主が戻ってくるまで、駅の中でずっと待ち続けているのだ。
tn

 もはや異常気象は日常となりつつある。冬は寒すぎて時に暑くなり、夏は暑すぎて時に寒くなり、もはや異常が正常と思えるほどに気象変動が激しくなっている。

 そんな天気天候に左右されるのが、地球上の生き物のサガである。もうよっぽどのことがなきゃ驚かなくなってしまったほど異常が日常になってしまったわけだけど、これには驚かざるを得ないだろう。

 予想外の暑さで、トラックで運搬中の卵が孵化してしまったというのだ。
14

 猫は可愛いし賢い。美しく偉大なる生き物だ。

 そして、猫の身上といえば、何といっても自由気ままなことである。好奇心に導かれるままに、己の思う道を歩むのが猫なのだ。

 しかし。その自由気ままさゆえに、時にはちょっと「やらかして」しまう猫も存在するのである。

 それがまたいいんだけどね!
human1

 メキシコをはじめ世界各国で目撃情報が相次いでいるフライング・ヒューマノイド

 空を飛べるUMA(未確認動物)ともUFO(未確認飛行物体)ともいえる謎の浮遊型物体である。

 人間のような形で黒色またはこげ茶色をしているのが特徴だとされるが、その姿はまとまりがなくさまざまだ。

 そんな中、オーストラリアではミノムシっぽくもありコマっぽくもある、不思議な形状のフライング・ヒューマノイドらしきものが目撃されたようだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク