child1_e
image credit:Instagram

 日本でも子どもの名付けが多様化しておりさまざまに独創的な名前が次々に生み出されているが、それは海外でも同様のようだ。

 インドネシア・西ジャワのブカシ、ラワルンブで2018年11月30日、夫・アンディさん(Andi Cahya Saputra)と妻・エラさん(Ella Karina)に赤ちゃんが誕生した。

 アンディさん夫妻にとって第2子となる男の子だったのだが、付けた名前がなんとグーグル(Google)!我々が検索するときにお世話になっているインターネット関連サービス会社だ。

 グーグルくんは名前のおかげで生まれたばかりなのにすっかり有名人となり、グーグルからグーグルグッズをプレゼントされるサプライズを経験した。
スポンサードリンク
money1_e
image credit:Pixabay

 空からお金が降ってくればいいのに...そんな妄想はしたことがあっても、実際にそんな都合のよい話などあるわけがっ...てあったようだ。

 風に舞う何百枚、何千枚ものお札...

 アメリカ・ジョージア州ダンウッディの州間高速道路で、何十人ものドライバーが道路に落ちているお金を必死になって拾うという異様な光景が繰り広げられた。

 天からの恵みでも悪魔の誘惑でもなく現金輸送車から誤ってバラまかれたもので、その金額はなんと推定17万5000ドル(約1900万円)だという。
スポンサードリンク
no title

 今から4年ほど前に、管理不行き届きの農場から救出・保護された2頭の馬たちがいる。

 馬の蹄(ひづめ)は、およそ1メートルにもなろうかというぐらいに伸びきっていて曲がっていたため、馬は動くこともままならず、10年以上にわたり馬小屋で監禁同然の状態だったという。

 保護した団体スタッフや獣医師が大きなショックを受けるほど、馬の健康状態は酷く、少なくとも15年間医療的ケアを受けていないことがわかった。

 その後の献身的な世話により2頭の馬は完全に回復する。この物語は、絶望的状況の中、かろうじて生きているだけの馬が、人間に支えられ、再び自由に駆け回れるようになるまでの記録である。
wood-2249363_640_e
Jeon Sang-O from Pixabay

 家の近くに生えている草木でもいい。公園の木々でもいい。近所に自然の緑があり、直ぐにみられる環境にあるだろうか?もしあるならラッキーだ。

 そうした緑を見つめるだけで、体にあまりよくないものを食べたいという欲求や、お酒・タバコがどうにも欲しいという欲求が薄れるそうだ。

 これまでの研究から、自然の中で運動をすると、そうした欲求が薄れるということはわかっていた。だが、そうした効果は体を動かさなくても得られるようだ。運動嫌いな人には朗報だ。
no title

 それはまるでファンタジー。ケースの中に顔を突っ込み、中に入った小さなチョウ(蛾かも?)に顔を近づけた猫だが、チョウは猫の鼻にチョコンと止まるのだ。

 映像はいい感じで終わっているので、自然界における捕食的なヤツが含まれていないから、ファンタジーのままで終わるよ。
iStock-695037904_e
liuzishan/iStock

 さかのぼること3年前、2016年10月12日、イギリス、ニュートン・アボットにある公園を歩いていたジョン・ムーナーさんは未知との遭遇を果たしたという。

 グレイタイプの宇宙人にも見える白い生命体を目撃したムーナーさんは直ぐに写真撮影に成功したそうだが、その直後、口から血が噴き出してしまったという。
militayreunions0_batch

 愛する家族と別れて暮らす。それってすごく寂しいよね。就職や進学、単身赴任。家族がバラバラに暮らすのにはいろいろな理由があるけれど、軍人さんや兵隊さんの場合、長い任期を家族から離れて務めなければならないこともある。

 しかも行き先が戦場だったりした場合、留守を守る家族は一日千秋の思いでその帰宅を待つことになるのだ。

 任務に就いていたご主人が無事に帰ってきたときの喜びといったら、言葉じゃ言い表せないほど大きいもの。今日はそんなご主人と飼い犬との感動的な再会シーンを、詰め合わせでお届けしよう。
0_e5

 ネバダ州南部にあるエリア51(Area 51)は長いこと政府の最高機密事項とされておりその存在すら認められていなかった。それ故に陰謀論が渦巻いていた場所である。

 2013年にようやく政府がその存在を認め、実際には米空軍に管理されているグルーム・レイク空軍基地であることが判明したのだが、未だに宇宙人やUFOに関する秘密を隠していると信じる人は多い。

 そんなエリア51に大勢で押しかけるというイベント「Storm 51, They Can’t Stop All of Us(エリア51に急襲、我々全員を止めることができない)」の告知がフェイスブック上で発表された。

 エリア51は現在も立ち入り禁止区域だが、ナルトラン(ナルト走り)でそれを突破し、囚われているかもしれない宇宙人を開放するのだという。
cookie-star-hires_e

 海の底は謎に満ちている。その謎を少しずつ解明するために、NOAA(アメリカ海洋大気庁)は、今年5月から2度にわたって探査船Okeanos Explorerをアメリカ南東部の海岸へ送り、深海に生息する海洋生物の情報収集を行ってきた。

 そこで研究者らは、まるでパスタのラビオリのような形をしたヒトデを発見した。特に今回は、過去には記録されていなかったラビオリ型ヒトデの摂食習慣などを観察することができた。
TeroVesalainen Pixabay_e
Tero Vesalainen/pixabay

 1つのイラストや写真を見た時に、真っ先に何が目に飛び込んでくるかで性格や心理がわかるテストというのはネット上の人気コンテンツの1つだ。

 SNS上で自分の結果を公表しあったり、当たったー、当たらないーなど話のネタになるし、ちょっとした息抜きに楽しめる。

 今回は絵の中に潜んでいる6つの動物の中で、最初に目にした動物によってあなたの心理がわかるというものだ。

 いつものように直感を頼りに、何の動物が真っ先に見えたか選んでみよう。
top
 
 輪切りのパイナップルが入った缶詰を、ダイナミックにまるごとデザートにしちゃおう!見た目も映えっぽいし、容器も缶詰をそのまま使うから、1手間減って簡単だし、何よりうまいミルク杏仁味の寒天だ。

 輪切りにして食べるもよし、丸かじりしてもよし、パインじゃなくても、なんとなくストックしていたフルーツの缶詰の賞味期限が近づいたのなら是非作ってみたい、まるごとフルーツ缶詰寒天の作り方を紹介しよう。
top
image credit:facebook

 人間だったら助からないような行動をやってのける猫には9つの命がある、という迷信もあったりするがこちらの子猫はまずそのうちの1つの命を使ったようだ。

 先月末、生後6週の猫ミラクルはアメリカ・ニュージャージー州の高速道路を走行中の大きなトラックのすき間で、死と隣り合わせの恐怖を味わった。

 小さな体をきゅっと丸め、ひたすら耐えていたミラクル。

 もはや絶望的な状況にあった彼女だが、いくつかの偶然や人々の善意のおかげで救い出され、無事に保護されることになったのだ。
0_e
NASA/JPL-Caltech

 次の地震はいつ、どこに?常にその不安を抱えているのが、地震大国、日本であるが、太平洋を挟んだアメリカ、カリフォルニア州もかなり地震の多いところだ。

 2019年7月4日午前10時33分にも、現地において過去20年間で最大規模の地震であるリッジクレスト地震が発生した。

 そこは地震活動によって形成された大地で、断層や褶曲(横からの圧力で地層が曲がりくねること)といった形でその記録が刻まれている。それはとてもドラマチックな痕跡だが、その一方であまり目立たない痕跡もある。
no title

 ペットたちの抜け毛を吸い取ってくれるお掃除ロボットを愛用する飼い主も多いだろう。

 ルンバもどんどん進化しているので、そのうちペットを認証して特別な動き方をしたり、あるいは鳴き声を発するようになるかもしれないが、今のところはペットたちと小競り合いを続けている。

 今回は犬とルンバ、そして猫ズとルンバの日常を見ていくことにしよう。それぞれの反応を見比べてみるとちょっと楽しいかもしれない。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク