モア モア(ジャイアント・モア、アップランド・モア)は、ニュージーランドに1500年頃まで生息していた巨大な恐鳥。モアはこれまでに生息した史上最大の鳥だと言われているんだ。ダチョウの仲間である走鳥類なので、空を飛ぶことはできないが、体長は3m以上、体重は200キロ以上あったと言われている。

スポンサードリンク
流れる 数学的なスキルをまるでもたない私が紹介するのもなんなんだけど、物理エンジンで演算処理をし「流れ落ちる」をリアルに再現したCGなんだそうだ。この技術は来年にもゲームソフトに応用されるんだとか。

スポンサードリンク
neko 韓国慶尚北道尚州市 にある龍興寺には、特別な「信者」がいるみたいなんだ。法名を「解脱」といい、肉食もせず寺の戒律を厳しく守り、毎日仏像に礼拝し続けているその信者は一匹の猫。
kuma アメリカ、コロラド州のダグラスで、クラクションが45分間連続で鳴りっぱなしだった為に警察官がかけつけてみたところ、鳴らしていたのは人間ではなくクマだったことが判明。クマが去った後の車の中は大変なことになっていたんだそうだ。
枕木

 線路にある古くなったコンクリート製の枕木を自動的に回収し、新しいものを設置するまでを全自動でやってくれるという作業用列車がなんか凄いんだ。こういう機械的な流れ作業的動作をじっとみていると、なんだか癒された気分になるのはあたしだけだろうか?
生活水準 アイルランドの「インターナショナルリビング」という雑誌が毎年調査している、生活の質に関する国別ランキング「Quality of Life Index」の今年1月に発表になったデータの上位20カ国が公開されていたんだ。

 これは、物価や治安、インフラなどの9項目でそれぞれ点数をつけて、その総合点で194カ国のランキングを付けていくものなんだそうだが、どんな結果になっていたのか見てみることにしよう。
 
neko 旧ソビエト連邦の構成国のひとつで、1991年に独立したグルシア(ジョージア)東部の村にて、1匹の母猫が子犬を産んだとして話題になっているのだそうだ。

 グルシア国内のテレビ局が、先週金曜日(7月23日)こぞって報道したこのニュース。この猫の飼い主によると、かなり難産だったらしく、数日苦しんだ後この子犬と猫のハイブリッドのようなものを出産したという。
厳選 なんだかもう世の中狂ってるっていうくらい暑い日々が続くよね。てことで身も心も涼しくなるために欠かせないアイテムと言えば心霊写真。何枚か既出のものも含まれているけど、アナログだった昭和だからこそ撮影することができたのかもしれない、レトロな厳選心霊写真スライドショーなんだ。
水中 水中で暮らしている生物たちが、逃げたり隠れたりしている映像なんだ。逃げているのかどうかまったくわからないくらいに優雅な動きをする水中生物もいるね。
カーペット その家ではドアの前に敷いておいたカーペットがいつのまにか消えるという。いったい何故?その答えを探るために監視カメラを設置したところ??

jyukai 日本の樹海に興味を持ったスウェーデン人が、日本人ガイドを伴って青木ヶ原樹海を潜入取材した時のドキュメンタリー映像なんだそうだ。
hyoumontop

 フグと同じ猛毒を持ち、かまれると死に至ることもある「ヒョウモンダコ」が九州北部で相次いで発見されているそうだ。本来は、熱帯・亜熱帯海域に生息しているのだが、専門家は温暖化による海水温の上昇で生息域が北上していると指摘している。

 海水浴シーズン真っ盛り。福岡県などは「海で見つけても絶対に素手で触らないように」と注意を呼び掛けているという。
 
 
syokuhin すごくおいしそうな焼きそばだろ?でもこれ食べられないんだ。日本の食品サンプルの技術が凄すぎて、外国人観光客のツアーの目玉企画になっている話は聞いたことがあると思うんだけど、この度サンプル職人さんたちが、本気を出してiphone用食品カバーを開発中なんだとか。
セントラルバレー 今月16日、アメリカ、カリフォルニア州のフレズノ、セントラルバレーにて目撃、撮影された、激しく燃えるように発光しているUFO映像なんだそうだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク