ラッセルクサリヘビ インド、インドネシア、スリランカ、東南アジアに生息するラッセルクサリヘビは、全長は120センチ以上。強い出血毒と神経毒を持っていて、噛まれると強烈な痛みでもがき苦しみ人間を死に至らしめると言われて、インドでは四大毒蛇として恐れられている猛毒なヘビ。

 南インドの動物園で飼育されているラッセルクサリヘビが、一度に35匹の子どもを産んだんだそうだ。
スポンサードリンク
鹿 今年は10月10日から3日間に奈良公園で行われた「鹿の角きり」は、江戸時代初期 寛文11年(1,671年)より、今日までおよそ330年あまりにわたり、受け継がれている伝統行事。

 発情期をむかえた雄鹿の角により、町民が危害を受けたり、鹿がお互いに突き合って死傷することを防ぐため、当時鹿の管理者であった「興福寺」が、奈良奉行の要請を受け、「鹿の角きり」を始めたと伝えられているんだそうだ。
スポンサードリンク
犬 ワンワンさんたちが、なにやらいろいろやらかしちゃったうっかり映像ダイジェストなんだ、
えあ参拝 思い立ったら吉日なわけで、信仰心があってもなくても、神社仏閣に手をあわせることで懺悔的な意味合いを深めつつ、底なしの欲望を訴えるのもたまにはいいんじゃないかと思うんだ。

 とはいえなかなか神社仏閣にいく機会もないおともだちの場合にも、このエア参拝を使えば、自宅で手軽に参拝を楽しむことができるんだ。
Tsyatu この発想は素晴らしいかもしれない、腕を組むとそこからでかい口をあんぐりさせることができるパーカーがあったみたいなんだ。

 中でも一番クールなのはコブラさんなんじゃないかな。すごく欲しいけど12歳までしか作られてないみたいなんだ。日本の業者さんもがんばってほしいわけなんだ。
dobai ブルジュ・ドバイは、アラブ首長国連邦最大の都市ドバイにある世界一高い超高層ビルで全160階、その高さはなんと818メートル。

 どんだけ高くても窓拭きはやっぱりするものだから、まさに命がけの高所窓拭き作業が行われているわけなんだ。
ヌートリア ヌートリアは南アメリカが原産地の大型のネズミの仲間。毛皮を取るために移入したものが野生化し、現在では、北アメリカ、ヨーロッパ、日本を含むアジアに帰化して分布しているそうだ。

 体長は50〜70センチ(尾含む)、体重は5〜15キロ、草食性で主に河川等の水辺に生息する。岡山県は日本一ヌートリアの多く生息する地域であり、県南部の河川、ため池、水田ではお馴染みの生き物なんだそうだ。
ekitai 流動的なガイコツとか、液化したり固体になったりするガイコツとか、そういう風に生まれて再生されていくのもたまにはいいんじゃないかと思うんだ。
buuki 元バレーボールプレイヤー、川合俊一の公式ブログに10月11日にアップされた写真がちょっとした波紋を呼んでいたみたいなんだ。問題の写真には左上にピューマのような形をしたヒトダマのようなものが映りこんでいるのだが・・・
oranda 2009年10月13日、オランダの上空で爆発する巨大な火球が突然現れた。写真はアマチュア写真家のロバート・ミカエリアン氏が撮影したもので、古い砂糖工場の撮影に出かけた際、偶然このシーンに出くわしたという。

 13日の現地時間午後7時ごろ、オランダやドイツでは多くの人々が夕闇の空を横切る火の玉を目撃している。
kaitai 旧長崎刑務所は、今から約100年ほど前、近代国家を目指す明治政府が、諸外国に比べて劣悪だった監獄状況を改善すべく、海外を視察し、研究して作った“明治の五大監獄”(千葉・奈良・金沢・鹿児島)のひとつなんだそうで、1992年に閉鎖されてから長い間放置されていたものの、2007年に取り壊しになったのだそうで、この映像は、2007年9月30日に行われた、旧長崎刑務所解体現場一般公開時のものだそうだ。

 一人称視点で見るFPSゲームのような臨場感が味わえるかもだけど、動画ブレによる酔いには注意することにしようそうしよう。

00

日本では大阪府の府鳥にも指定されているかわいらしいぷっくりした鳥、「モズ」という鳥には今だに解明されていない不思議な生態があるみたいなんだ。それが「モズの早贄(はやにえ)」と呼ばれる習性。

 これは、モズが捕らえた獲物を木の枝等に突き刺したり、木の枝股に挟む行為で、稀に串刺しにされたばかりで生きて動いているものも見つかるが、大抵(特にカエルは)ショッキングな姿を晒す。

 秋に最も頻繁に行われるが、何のために行われるかは、全く分かっていないそいう。早贄を後でやってきて食べることがあるため、冬の食料確保が目的とも考えられるが、そのまま放置することが多く、早贄が後になって食べられることは割合少ないのだそうだ。
usi
 綿菓子好きな人は当然雲も要チェックなわけで、雲はお空の上いっぱいに広がるもんだから、世界の終焉や新しい未来とか、いろいろ妄想力をかきたててくれるわけなんだ。ってことで不思議に見える雲の種類とその要因だそうだよ。
あらすか たくさんのクマたちが、おいしそうなサケにつられてアラスカのコディアックにある魚卵孵化場で面白そうにいったりきたり繰り返しているんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク