BORIBIA 南米ボリビアのアンデス山脈地帯、このやせた土地でインカ帝国の末裔たちは暮らしているんだ。

 標高およそ4000メートルでの暮らしは大変厳しいという。ボリビアの中心に位置するリャラグアの村では、じゃがいもを栽培し生活しているという。

 この地方の言い伝えによると、豊作をもたらすのは、栽培技術と天候だけでなく、「人間の流す血」だと信じられている。
スポンサードリンク

宇宙の心理学

2010年03月21日 ι コメント(5) ι 動画 ι 自然・廃墟・宇宙 ι #
宇宙 宇宙は人類が到達した最も危険な場所。ひとつ間違えば生還の望みはなく、酸素も重力も朝も夜も水もない極寒の世界では、人類にとってもっとも過酷な場所でもあるわけなんだ。

 そんな世界で、人類が生き残るために必要なのは精神力。スペースシャトルにより宇宙との距離は近づきつつある現在、今求められているのが宇宙の心理学なんだ。
スポンサードリンク
mesu AFP通信の伝えたところによると、ヨウジウオのオスは妊娠するだけではなく、交尾したメスの「魅力度」をもとに中絶も行っていることが、米テキサスA&M大学の生物学者らの研究により明らかになったみたいなんだ。

化成

 火星探査機、「マーズ・リコネッサンス・オービター」に搭載された、科学者が「軌道上の顕微鏡」だと豪語する高解像度カメラ「HiRISE」が撮影した火星の赤道付近、南西地帯にあるカンドール谷(Candor Chasma)の画像データを元に3DCGアニメーション化した映像がこれなんだ。

 岩が続くだけの景色なんだけど、なんか普通に住めそうな気がするっていうか、なんか住んでてもおかしくない気がしてきちゃったから不思議なんだ。
幽霊 香港の都市、中環に設置してある街頭ライブカメラが、午前2時頃とらえた、徘徊する女性の霊の姿。まるでウインドウショッピングを楽しんでいる、とでもいうのだろうか?

hituji 顔や体つきは豚なんだけども、その毛皮が羊っぽい。そんな豚の品種があったみたいなんだ。まさに羊の皮をかぶった豚なんだけども、結構この品種、病気やストレスに強く、毛皮が厚いので外を自由に走り回れるから、肉の味もしまっていて、ソーセージに最適なんだそうだ。
robot2 決して怒ったり嫌みを言ったりすることのない「ロボット教師」が、韓国の小学生に好評なんだそうだ。

 韓国政府は前年12月下旬から8週間にわたって、地方の3校に英語を教えるロボット教師を派遣した。また、同11月から5週間にわたりソウル市内の学校10校で数学、科学、美術を教えるロボットを導入。
sassyobun ランカスターにある動物シェルター施設(日本で言う保健所のような所)に入っていた「エディ」は、いよいよ殺処分になるというその直前の1時間前、見るに見かねたブロウィンさんが、「私が飼う!!」という強い決意のもとに連れて帰ってきたメスの犬。

 引き取ってきたものの、エディはブルブルとふるえ、おびえた状態がおさまらない。そこで、同じような境遇にいた犬たちの心を次々と開いてきた獣医、エラドさんに電話をし、エディと一緒に彼の病院を訪ねたんだ。
saikin

 コンピューターのキーボード3台とマウス9個から細菌を採取し、それぞれの菌群間におけるゲノムの差異を比較して、それらの機器に触れたのが誰の手かを特定する試みが行なわれた。その結果、これらの入力機器に付着した細菌群から、機器に細菌を付着させた人物を高い精度で特定できることが分かったという。
osoro イレイザーヘッドやツイン・ピークス 、ナイト・ピープル など、数々のヒット作品を世に送り出した映画監督、デヴィッド・リンチは、コーヒー通としても有名で、自ら豆を有機栽培して、それを自身のホームページで販売しているそうなんだ。

 そんな「リンチ・コーヒー」のCMはまさにツインピークスの世界。セリフが逆回転するあの世界へとコーヒー豆が引き込まれていくんだ。
マウスカーソル ハエトリグモがそうであるように、カマキリの場合にも、マウスカーソルは追い求める派だったらしいんだ。からだが細長い分、動きもすごくアグレッシブ。夏になったらカマキリさんや他の昆虫たちなどもおうちに連れてきて、やってみるといいかもしれないね。
sibouge

 死因別にMAPとランキングで表示されたまさしくこれが死のデスノート。その他国別に死亡数の多い死因などもランキング表示されているんだ。

utyuu 宇宙の始まりはビッグバンと呼ばれる大爆発であったとされていることは、知っているおともだちも多いと思うんだ。地球があって太陽系があって銀河系があってそれを包括する系があって・・・宇宙の広さを考え出すと眠れなくなってしまった小学校の日々を思い浮かべながら、映像で宇宙の広さを見てみることにしようそうしよう。
genkou 漫画家「たかちひろなり」先生が、週刊少年マガジンで連載中の「課長令嬢」という漫画を、編集部担当者に無理やり撮影されながら原稿を描いている様子を収めた映像なんだそうだ。

 プロの漫画家のお仕事がよくわかってなかなかにいい映像なんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク