水 晶氷(しょうひょう)とは、本来、海面の表層で形成される細かい針状、板状の氷のことを示す言葉。 通常海水は、普通の水よりも結氷温度が低いために、なかなか凍らないのだが、一旦その結氷温度よりも下がると一気に凍りつき、上部の海水中に数mmの針状または板状の氷片を生じるのだそうだ。

 映像は、クリークを流れる川の水が一瞬にして凍っていくところが映し出されている。解説者が「frazil ice(晶氷)」と言っていることから、映像内の「晶氷」を意味するところは、一瞬にして凍りつく水全体を指し示しているのかもしれないね。それにしても、流れの急な水はかなり低い温度でも凍らないといわれているが、一旦結氷温度を越えてしまうと、まるで何かをされたかのように、ピキピキ凍りついてしまう様は見ていて圧巻なんだ。
スポンサードリンク
なめくじ 良く見ると、種類の違うナメクジのようだけど、ナメクジがナメクジを食べるという、カニバリズム的映像なんだ。この両方のナメクジの種類がわかる人がいたら教えてほしいんだ。
スポンサードリンク
蛸毒

 オーストラリアの学者らが、氷点下でも効力を発揮する毒を持った新種のタコ4種類を南極で発見したそうだ。

 メルボルン大のブライアン・フライ氏らが、2007年に6週間かけて南極を調査した際に発見したという。今後、毒を医薬品の開発に活用できるかどうかさらなる分析調査を進めるそうだ。
huninki ここからネタを集めたら、地獄のミサワにも「へぇーこの関連動画2年ぐらい前に流行ってたよね」と、言われないですみそうな、再生回数が0回という不人気動画だけをランダムに集めてきているサイトなんだ。
立方体 組み立て前のプラモデルのパーツのような白い枠が組んである立方体。この立方体を回転させるとある図柄が浮き出るという。なかなかに美しいね。
モーフィン具 ネット上で人気を博した、「完全に一致」画像。トレス疑惑とも呼ばれていたその画像を、モーフィング処理して、本当に一致するのかどうかを確認した映像だよ。強烈に一致していたものもあったので、本当にびっくりなんだ。
リアル 漫画・アニメでおなじみの「NURUTO」の日向ネジが使う技としておなじみの『八卦六十四掌』。実はコレ、実際にある中国武術の技。

 「拳(こぶし)」よりも「掌(てのひら)」を多く用いる中国武術の1つで、「八卦」を二つ重ね合わた「六十四卦」の理念を汲んだものが、『八卦六十四掌』なんだそうだ。
umiera まるで海に咲いた花のよう。羽ペンみたいな形から、英語では「シーペン(sea pen:海のペン)」と呼ばれているウミエラは、サンゴやイソギンチャクの仲間なんだ。

 大きさは、10〜20cm。水深15m以上の深い砂底に生息する。夜行性で、昼間は砂中に身を潜めていることが多いという。葉状体表面のポリプでプランクトンや小魚などを捕食するんだ。

 サンゴの仲間では唯一、自力で移動することができるようになった生物だという。
000

 カラパイアでけもの処理班を担当している猫のけもである。2015年3月3日生まれ。オスのアメリカンカールである。動物飼いたい飼いたい飼いたいと念仏を唱えていた私の為に友人がくれたものだ。引っ越したばかりだったのにペット可住宅にまた引っ越すこととなったが、そんなの関係ないほどに毎日の生活に張り合いと潤いと雑務とどたばた感をもたらしてくれている。


不老不死  米、ネバタ州に本社のあるシエラ・サイエンセズ社が、TAサイエンセズ、ジェロン(ティッカー:GERN)、フィジオエイジ、スペイン国立癌研究所(CNIO)などとの共同研究でテロメラーゼを活性化する物質を発見したと発表したそうだ。

 細胞の染色体の端にはテロメアという部分があり、細胞が老化すると短くなる。テロメラーゼはテロメアを長く伸ばす酵素で、これが活性化することにより、老化をストップさせる効果が期待できるという。まあ、不死とまではいかないかもしれないけどね。
jisyu 映像内で使用されている武器、スーツは5年の歳月をかけて製作し、また映像も編集もすべてぼっちで行ったという、驚異の自主制作ヒーロー映像「超新星AMAND」は、とても個人制作とは思えないボリュームとクオリティが見所だよ。
akumabarai 悪魔払いは、いわゆる悪魔・悪霊・怨霊などが憑依したとされるときに、それを取り除くために行われる一連の儀式のこと。キリスト教のエクソシストたちが有名だよね。

 現在でも、ローマ司教区には特別に任命されたエクソシストが存在し、ローマ皇王べネディクト16世は、各教区にエクソシストを配置する意向を示しているそうで、カトリック公認のエクソシストは数百名いるとされているんだそうだ。

 そんなエクソシストによる悪魔祓いの様子が収録された映像がこれなんだそうだ。

 
たこ ミズダコ(Giant Pacific Octopus)は、世界最大のタコとして知られている。全長は、脚を拡げると3〜5mに達し、体重は10〜50kgにもなる。最大記録では体長9.1m、体重272kgもあったそうだ。北太平洋が主な生息場所で、カナダをはじめ、北アメリカ沿岸部にも生息している。

 この映像は、命尽きる直前で、なんとか産卵場所の洞窟にたどり着いた母タコが、死を迎えたその直後、横たえたからだから産卵をするというもの。通常メスは卵を守り、孵化を見届けた後に一生を終えるそうだが、この母ダコは少しだけ死期の訪れが早かったらしい。
tikyu このところ世界各地で多発的に起きている異常気象、自然災害。一般人のみならず、この事態に科学者たちも地球の行く末を案じているという。

 研究者の発表によると、地球は大規模な大量絶滅の危機に直面しており、この災難の後にはどのような生物が地球に残るのか、まったく予想がつかないという。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク