mm アメリカのワシントン州スカマニア郡にある活火山、セント・ヘレンズ山は、1980年5月18日に大噴火を起こしたことで有名な山。

 この噴火によってアメリカ合衆国の経済は大きな打撃を受けたそうなんだ。鉄道は24km、高速道路は300kmにわたって破壊され、山頂部分は大規模な山体崩壊によって直径1.5kmにわたる蹄鉄型の火口が出現し、山の標高は2,950mから2,550mに減少、周囲の地形をまったく変えてしまったという。

 そんなセント・ヘレンズ山が大噴火を起こした時の映像がこれなんだ。


スポンサードリンク
dog 母親が道路にて、車に轢かれちゃいました。「ぼくががんばらなきゃ、ぼくがお母さんを守る」と決心したのかどうかはわからないままに、警察がその体を搬送しようとしたところ、「お母さんをどうする気だ。お母さんに手をだすな」とばかりに、警察官らに威嚇する息子犬。

 これには警察官たちも手出しをできず、さんざん時間をとられたものの、母親犬にカバーをかけ、なんとか搬送することができたのだそうです。

 幸いにも搬送先の病院で手厚い看護を受けたこの母親犬は、一命を取りとめたそうです。ハッピーエンドでよかったよかった。

スポンサードリンク
takkyu いわゆるひとつの「卓球ペンギン」ってやつなんだと思うんだ。飛べない羽は実はラケットとして進化していたわけなんだね。


yama

 深夜のこの時間に一日の更新の終わりを告げる的な、ブログ初?のまさかクロージング記事体制に入っているそんなカラパイアなんだけれど、トラウマ系ではないはずなので安心して欲しいんだ。アメリカ、グレートスモーキーマウンテン国立公園の曇った日の山の景色を哀愁漂うBGMをバックに早回しで。

 泣こうがわめこうが誰の身の上にも、朝はずかずかと勝手にやってくるので、また新しい気持ちで新しい日と付き合ってあげればいいと思うんだ。

supir うっかり映りこんでしまった霊の方々たちが、これでもかっていうぐらいにテンポよく登場してくれちゃう、なかなかに小気味良い心霊動画コンピレーションなんだ。これだけたくさん一度に見ちゃうと、もう何が出てきても怖くないってそんな勇気と希望すら感じられちゃうんだ。

も 居合い切りの達人、平成の侍、町井勲おにいさんの話は前にしたかと思うんだけれども、そんな日本のどこかで繰り広げられている居合い切りの技を競い合う会場で、一人のおじさん侍が、勢い余って振り上げた刀がすっぽ抜け、後ろで待機している侍たちの方へぶっすり飛んでいったという仰天ハプニングが発生していたみたいなんだ。

きょうふ 渡るも地獄、渡らぬも地獄の、世界中の恐怖の吊橋を集めた画像ギャラリーなんだ。人生の階段を踏み外すのと同じぐらいの恐怖体験は味わえそうなんだ。

おおとび

 レコードチャイナの伝えたところによると、2009年5月12日、新疆ウイグル自治区トルファン市にある火焔山のふもとで、絶滅危惧種と指定されるオオミミトビネズミの撮影に成功したそうなんだ。

hamo 日本海新聞が伝えたところによると、鳥取県大山町松河原の漁業、井上好美さん(50)が今月12日、体長約1.3メートル、重さ約5キロの巨大ハモを水揚げした。鳥取県内でハモが捕れた報告は多くなく、しかもその大きさに井上さんや周囲の人は目を丸くしているとのこと。

 井上さんは手伝いの人と二人で11日夜から12日朝にかけて、同町塩津の漁港の沖約7キロで網を使って漁をした。「何か妙なものが掛かっている」と網を揚げたところ、ハモが体長約40センチのアジをくわえた状態で掛かっていたという。

hae これからの季節にもってこいなのかもしれないハエ捕り犬は、ハエが大好物らしく見つけ次第バクバクと召し上がってしまうんだ。

jisa 投稿者が家族旅行で行った先の滝を撮影していたところ、奇妙な映像が残ってしまったという。

 途中映像が乱れ始め、一人の女性がこちらに向かってくるというのだ。

mizu
 大きさなんと4フィート(1.2メートル)の巨大なミズクラゲが、イギリスはデボン州ブリストル海峡に面した浜辺に打ち上げられていたそうなんだ。

 写真家のピーター・ステープルトンさんが、女性に「あっちにどえらいでかいクラゲがいるの」と教えてもらって撮影したのがこの写真。

hurus

「ごはんを食べよう国民運動」というサイトで紹介されている、日本全国のどんぶり料理とそのレシピが見られるページ。

 ちなみにパルモの地元栃木県ではとんかつやエビフライに山芋をとろーりかけて食べるどんぶりが紹介されていたんだけど、見たことも食べたこともないのが不思議だったので、きっとこれは名物料理じゃなくて、地元の特産品を使ったオリジナルレシピであると信じたいんだ。

SIZUMU 北極点の太陽高度はほぼ0度。夏には太陽が常に地平線上を移動する白夜が続き、冬には極夜となるんだそうだ。

 そんな沈まない太陽の動きを早回しで観察した映像がこれなんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク