karasu 真っ黒なウロコを持ったカラス蛇と横縞模様のアオダイショウ。両者絡みあいながらの激しい戦いが繰り広げられているんだ。
スポンサードリンク
janping 子猫がカメラに向かってジャンピングアタックをしているだけなのになぜか癒されてしまうとかいう事態が発生しちゃうみたいなんだ。

スポンサードリンク
syuryuudan ここは戦場じゃないけれど、いつどこで手榴弾が降ってくるかとか、そんなの誰にもアイドンノウなわけなので、もし万が一手榴弾が降ってきた場合、守りたい何かを人は守れるのか?そんな壮大なる実験をやってくれた映像があるんだ。ヒーローになる時、それは今なんだ。
墓参り この映像は昭和58年に撮影された八ミリフィルムの映像なのだそうで、ある一家が墓参りにでかけるまでの様子を記録したものなんだそうだ。

 墓地につき、墓石の前で撮影した映像にくっきりと、今は亡き祖母の顔が映し出されているというのだが、他にも難点か不可解なものが写りこんでいるというのでちょっとチェックしてみてあげてほしいんだ。
ro 今年の10月1日午後11時30分ごろ、オランダのDelfgauwという町で、ガールフレンドとリビングルームから外を見ていたら突然現れたという赤いひし形のUFOなんだそうだ。このUFOが目撃されてから1ヶ月以上もたつのに、オランダではまだkのUFOの話題で盛り上がっているのだそうだ。
musi ゾウムシのコメント欄に、昆虫のアイドルといったら「タバコシバンムシ(煙草死番虫)」だろうそうだろうという意見があったので取り上げてみることにしたいんだ。漢字で書いた名前はちょっとかっこいいっぽい気もするけれど。

 タバコシバンムシ(煙草死番虫)は、貯蔵食品害虫として知られるシバンムシの一種。世界中に広く分布し、日本国内にもほぼ全土に分布、大多数の家庭で発生して乾燥食品などありとあらゆる乾燥動・植物質を食害する、いわば害虫さんなんだ。
ゼリー 当初新種と思われていた、ブラジル北東部で死んだ状態で発見された、体長約2メートルもあるゼリー状の体をした魚が、実はシャチブリ科(Ateleopodidae)の一種だったというお話は前にもしたかと思うんだけれど、この魚の捕獲映像があったみたいなので見てみることにしようそうしよう。
makudo 日本マクドナルドの中の人も一生懸命いろんな商品開発をがんばっていたわけで、なつかしのメニューはその当時の自分の歴史をも振り返ることができるかもしれないラービニッなんだ。

metubou

 美しいCGグラフィックが迫り来る恐怖に臨場感を与える、3分半のショートムービー「Panic Attack!」は、なかなか素晴らしい作品なんだ。

メイド 犬鳴トンネルと言えば、心霊現象が多発する心霊スポットとしてテレビでも数多く紹介された福岡県の犬鳴峠にある九州最恐のトンネル。

 その地に何を思ったのかメイド姿で探索しにいっちゃった人がいたみたいなので見てみることにしようそうしよう。これは逆の意味で新たなる心霊現象として人々の記憶にインプットされた可能性もあるかもしれないんだ。
syokugyou まあ人によっては最悪のものが最良だったりする場合もあるわけで、一概には言えないんだけれども、海外サイトの選んだ、世界最悪の職業ベスト10だそうだよ。それでも食うために、社会貢献の為に、人は働かなければならないわけなんだね。
ラスボス

 全長240メートル、全高96メートル、総重量1万3500トン。それが自走しちゃうっていうんだからどう考えてもラスボス級。「バケットホイールエクスカベーター」という露天採掘に用いられる土木機械は名前までもがラスボス級、ギネス・ワールド・レコーズにも地上最大の自走機械(人類史上最大の機械)としてしっかり登録されているんだ。
ぬいぐるみ 本体っていうかオウム自体がぬいぐるみというかおもちゃみたいなすごく綺麗でととのった形状をしているの「インディアン・リングネック」という種類のオウムなんだけども、このオウムさんはおもちゃのウサギさんが大すきみたいなんだ。
おわかり カラパイアをご覧のおともだちにはお馴染みのおかわり映像「おわかりいただけただろうか」の総集編なのだそうだよ。数字のついた掲示板界隈では、この動画を編集した製作者のスレッドが立っていて、それによるとフェイクと本物(投稿作品)が半々だったということだったのだそうだが、全部「おわかり」テンプレートに載せると、どれがどれだかわかんなくなっちゃうのも「おわかりマジック」なんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク