mikuro

 そろそろやつらが猛威を振るいはじめている時期なんだ。パルモも最初は虫が苦手だったのだけれども、名もなき虫たちをじっと観察することで、神秘のクリーチャーでもあり驚くべき適応能力をもった虫たちが、だんだんいとおしくなってきたんだ。

 自分が小さきものとなり、大きな虫大陸を観察することで、大自然の恵みを受けてしまうとかいうそんな虫対処法で、虫が苦手なおともだちの場合にはこの夏はなんとか乗り切ってみて欲しいんだ。いつの時代だって虫は地球にとって、人間にとっての偉大なるパートナーなんだから。

スポンサードリンク
whonbat ウォンバットはオーストラリアにしか生息しない、平らのお鼻がチャーミングなカンガルー目の動物。

 昼間はほとんど巣穴に潜っているんだけれど、夜はとっても積極的。夜行性なのであちらこちらを面白そうに飛び回っているんだ。

 そんなウォンバットを5匹飼育している、大阪府池田市の五月山動物園では、この度夜のウォンバットをまったり観察できる「ウォンバットてれび」を開局したんだそうだ。

スポンサードリンク
enta なんでもそんな面白い行事が地球の片隅であったみたいなんだ。観光気分が若干入った帝国軍は機密ミッションであるデススターがスタートレックでおなじみのエンタープライズを撃墜する瞬間を護衛している帝国軍の面々。どうやらスタートレックの新作映画が公開されたのが気に入らなかったみたいなんだ。

pp

深かったり大きかったり変な場所にあったり美しかったり、そんな世界の驚くプールを10箇所セレクト。日本のアレもきっちりランクインしていたみたいなんだ。

saru サルのテリトリー内に入っちゃった場合には、老若男女法律かまわず襲いかかれるのがサル社会なんだ。

みんなき やわらかい質感とかもう、なかなかにすごい木工スカルプチャーアート。全部木で作られたんだ。油断してソファーに座ろうもんなら、おしりがドスって突き刺さっちゃうかもなんだ。

kuro 番組が終わった後に流れるクロージング映像。その中でも子どもをトラウマの世界へと導くことで大きく貢献した、TBSのクロージング『ガラス棒』に CBCのクロージング『今様』をくっつけてのコラボ作品が登場しちゃったみたいなんだ。

 
UFO 1968年のUFOシンポジウムで、これまでに発見されたUFOを63種に分類した図が公開されたのだそうで、40年も前から、我々地球人はたくさんのUFOにめぐり合っていたわけなんだね。

 そういえば、元国連事務局モハメッド・ラマダン氏がによると、NASAは宇宙人の種類は24種類だと公式に認めているのだそうで、北大西洋条約機構のNATOは、それよりも少なめに見積もっているようで、UFOのみならず、地球には実に様々な種類の宇宙人が来ているみたいだね。自分以外の宇宙人にはまだ会ったことがないけどね。

sekai 古城って言葉を聞くだけで、昭和のレトロな喫茶店とか、名探偵コナンとか、火曜サスペンス劇場とか、なんだか変に眠っていた魂が研ぎ澄まされていくみたいで不思議なんだ。ってことで世界の美しい10の古城が紹介されていたので見てみることにしようそうしよう。

pop5月5日、ロンドンタワーブリッジに掲げられたのは、巨大なポップコーンの入ったカップ。それが6メートル上空から一気に地上に降り注がれた。

 これは映画会社が企画、携帯電話会社が協賛して行った「もっと映画を見ようキャンペーン」の一環なのだそうで、落ちてきたポップコーンの中には、新作のスタートレックの映画の招待券や、旅行券、携帯電話通話無料券など、総額150万円相当の商品が100人に当たったのだそうだよ。

kyoda

 日本で一番大きいミミズは、ジュズイミミズ科のハッタミミズやシーボルトミミズと言われていて伸ばすと体長60センチほどになるという。でもそれは確認されているものだけで、実はまだ未確認の大きなミミズがいることは確かみたいなんだ。

 世界の場合には、今のところ最長のものは、1967年、南アフリカ、ウィリアムズタウンの道路脇で見つかった Microchaetus rappi (ミクロカエトゥス・ラピ) だそうで、身体を伸ばすと6.7メートル、直径は2センチメートルもあったという。

 というわけで、今後どんどん大きいものが日本でも発見される予定であるミミズのでかいヤツをとくとご覧いただくことで、巨大ミミズに遭遇しても、あわてず騒がず親切丁寧に扱ってあげればいいと思うんだ。

 もしかしたら、君がこの夏、日本の巨大ミミズの記録を更新するものを発見するかもしれないのだからね。

enjeru 戦闘機、輸送機などが、「赤外線追尾空対空ミサイル」に追尾された時に、発射するデコイフレア(かく乱用小型焼夷弾)が空に描いた天使の羽。

 通称エンジェル・デコイというんだそうだけれど、使途が襲来したのかと思っちゃうほど禍々しくもあり壮大なんだ。

risu シマリスさんが、ピーナッツを殻ごと口に保管計画を実行したそんな6コマ画像なんだ。保管した後その口の状態でどうするのかは、わからないままなんだ。

bi-ru くちばしを上手に使って缶のプルタブを開けてくれるコンゴウインコさん。いいなぁ、ぬいぐるみでいいからこんな缶開け機、欲しいよな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク