koar お母さんにひっつきたい年頃の2匹の双子のコアラの赤ちゃん。スキンシップで心の安らぎが得られるのは人間も動物も一緒だね。ってことでさびしくなったらスキンシップ。心の健康を保つ秘訣だよ。対象物が知らない人だと警察の人とスキンシップをとらなきゃならないので、できれば身内か代替用品でカバーしてね。

スポンサードリンク
miffi この発想はなかったわw的なエヴァンゲリオンがミッ○ィーだった場合の劇場版なんだ。後半に行くにしたがってほっこりがぼわぼわになってくるあたりが不思議な味わいを持っているんだ。
スポンサードリンク
ダビンチ レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年4月15日〜1519年5月2日)は、万能の天才という異名で知られるイタリアのルネサンス期を代表する芸術家。

 絵画、彫刻、建築、土木、人体、その他科学技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残しているんだ。有名なのは、盛期ルネサンスを代表する作品『最後の晩餐』や『モナ・リザ』など。また、レオナルドの多岐に渡る研究は、13,000ページに及ぶノートに、芸術的な図と共に記録されていて、その中には飛行機についてのアイデアも含まれていたという。
 
UFO 日本のテレビ番組で放送された映像なんだそうで、我々人類と宇宙人との係わり合いを検証しているんだ。番組前半ではクラリオン星人とコンタクトを持っていた人の話と、後半ではロズウェルの宇宙人についてのお話だよ。

tenkuu

 天空の城のモデルな噂は、前にも紹介したとおり、マチュピチュ、ベンメリア遺跡、モンサンミッシェル、ブリューゲルのバベルの塔などなど、東西南北問わず存在するわけなんだけど、最近、よく噂されているものに、オーストラリアのケアンズにある「パロネラパーク」があるんだそうだ。

 パロネラパークは、ケアンズの南、イニスフェイル近郊にあるスペイン風古城で スペインからの移民者、ホセ・パロネラが1929年から1935年にかけて建設しましたものなのだそうだ。
モンス償還 一番好きな花火は?と聞かれると、太古の昔から「ヘビ花火」と答えていたパルモの場合には、あの煙の匂いも存分に堪能する派なんだけども、大量のヘビ花火はモンスターを召還できるって本当だったんだね。大人になった今こそ、大人買いしたヘビ花火で最高にファンキーなモンスターを召還してしまおうと目論んでいたところなんだ。あ、ちびっこのおともだちは火遊びはお家の人と一緒にプレイしてね。
脱出

 狭いオリに入れられちゃったらもうここ出たいを思ってしまう囚人たちが後を絶たないのは、テレビや映画でお馴染みなわけだし、実際に知恵を振り絞って、使えそうな脱獄用グッズを、支給される日用品やくすねてきたものから作り出すそんな楽しみも、きっと刑務所の中にはあるはずなんだ。

 でもって経験値を上げたい囚人たちが欲しいものはやっぱり最強の武器なわけで、これまた強火でことこと3昼夜とか、冷蔵庫、じゃなかった刑務所内にある、ありあわせの材料で作り上げる武器とかもあるわけで、ここに展示されているのは、そんな囚人さんたちの血と汗と涙のと悪あがきの結晶の数々なんだ。
インド インドの素人参加オーディション番組「ゴット・タレント」で、インド人たちが演じた実写版のスーパーマリオの演目が好評だったらしいんだ。っていうか欽ちゃんの仮想大賞っぽいノリなんだけど、インドでもスーパーマリオは愛されているわけなんだね。額にポッチのついた審査員のおばちゃんもこんなに喜んでいるわけだし。
面白 用意された20枚の動物画像で、どの程度面白がれるかによって今日の体調がわかっちゃうわけなんだ。面白がり力は健康のバロメーターかもしれないので、心の健康診断とかは、ネットに溢れてる画像チェックではじめてみるのもいいかもしれないよ。
aporo

 今から40年前の7月16日、、ニール・アームストロング船長、マイケル・コリンズ司令船操縦士、エドウィン・ユージーン・バズ・オルドリンJr.月着陸船操縦士を乗せたアポロ11号は、ケネディ宇宙センター第39複合発射施設から発射され、同年7月20日、アームストロングとオルドリンは人類として初めて月面に降り立った。

 今年で40周年となるアポロ11号の月面着陸を記念して作られたのがこのサイト「We Choose the Moon」。カウントダウン方式でアポロ11号の関係者となって、現在から7月20日の月面着陸までを、リアルタイムで経験できるサイトなんだ。
tikyu 詳しい情報はわからないままに、地球の大気圏を突破しようとしている不可解な物体の姿が、NASAのとらえた映像より明らかになったみたいなんだ。この物体がスペースシャトルではないとしたらいったい何なのか?今日もまたちょっとだけわくわくどきどきしてみたかったんだ。
アメリカ 第4世代ジェット戦闘機に分類される、戦闘攻撃機(マルチロール機)、F/A-18をベースに開発されたスーパーホーネット(F/A-18E/F)の製造を早回しで見られる映像。

 
橋
 日本も一時期町おこし的な意味で、夜景に映えるライトアップされた橋が、とてつもない田舎町にひょこんとそこだけ異質な空気を放っているとか、そんな時代もあったわけで、そういった意味も含めたり含めなかったりしながら、世界の名だたる美しい橋とやらを見てみようと思うんだ。

手持ち iphoneカメラでさっくり撮った画像や、読み込んだ画像に簡単にそれっぽいUFOを出現させることができるというiアプリがあったみたいなんだ。

 この画像が後世にUFO画像として認定されるかもしれない可能性もはらんでいるので、iphoneを持っているおともだちの場合には要チェックなんだし、パルモも当然チェックしてみたんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク