人定 人間の体の仕組みを、中に人を入れて機械化してわかりやすく説明した人体模式図。この人間からだ工場は20世紀初頭にFritz Kahnという人が作ったものなんだそうだ。なかなかよくできてるね。
スポンサードリンク
ru-bikku レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた名作「最後の晩餐」の絵を、トロントで活動している5人のアーティストがルービックキューブを使って再現した超大作。

 使われたルービックキューブは4050個。絵の大きさは2.6×5.2メートル。この絵はギネスブックに登録され、現在はフロリダのコレクターの手に渡ったのだそうだ。
スポンサードリンク
ブラジル 10月24日、ブラジル、アマゾン地区のリオブランコ市から家族旅行を終え、ハイウェイを通過中だった地元テレビ局『Gazeta』の職員、ジェイルソン・フェルナンデスが目撃したのは、色とりどりの卵型のUFO。これは!ってことで三脚を立て、撮影した映像がこれなんだそうだ。
ミステリー ニュージーランド、Temuka海岸にて、巨大な白っぽい複数の足というか触手をもったような物体が浜辺に打ち上げられているところを、近くを通りかかった、ローズ・フレーザーさんが発見。

 フレーザーさんが4日前にこの浜辺を通りかかったときにはなかったという。最初岩かなんかだと思って近づいていったら、なにやら悪臭を放っており、表面が毛のような繊維質で覆われていたという。
摩天楼

 まるでSF映画を彷彿とさせてくれる、ロシアのモスクワのビル群に霞がかかった光景写真なんだ。
タンク もうバーサスとか言うまでもなく、圧倒的な力の差を目の当たりにしちゃうわけなんだけどもね。
マリオ 「イッツミー!マ〜〜リオォ」を巨大ケーキで作ってみた人がいたみたいなんだ。なかなかに芸術的だけど、食べたいかどうかと問われたらクエッションマークのレンガを連打なんだ。
セアカゴケグモ 外来種の毒グモ「セアカゴケグモ」が、東海地方に生息域を広げている。すでに名古屋港や四日市港、その周辺部には定着しているとみられ、住宅地にも迫っている。命にかかわる恐れのある毒を持ち、大阪では市民の被害も出ているが、国や自治体の防除態勢が追いついていないのが実情だという。
キプロス キプロス共和国は、トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める島国。キプロスにはたくさんの猫たちが美しい地中海の風景に溶け込みながら暮らしていると言う。

 キプロスにある聖ニコラオス修道院は、常時200匹以上の猫がいるのだそうで、言い伝えでは、紀元325年、ローマ帝国のコンスタンティヌス大帝の母、聖へレナが、修道院を建立するとき、蛇の多さに困り、シリアやパレスチナから沢山の猫を運ばせたのがきっかけで、多くの猫が住み着くようになったと言われているんだ。
劇場版 1982年にアーケードゲームとして登場した戦略的穴掘りゲーム「ディグダグ」は、その後もコアなファンに支えられ、現在でも続編が作られているわけなんだけども、そんなディグダグの実写版があったみたいなんだ。海外版なのでディグダグ(ホリ・タイゾウ)も外国人なのだけども、プーカァもなかなかいい味だしてるんだ。
心霊 卒業式の日、職員室で撮った写真には、いるはずのない生徒の姿があまりにもはっきり写し出されていたという。
納骨 大量の人骨が納められている納骨堂。骨壷のようなものに収められているだけではなく、壁として使われていたり、そのまま重ねられているものもあるという。
ハロウィン そんなこんなで10月31日、今日はハロウィンです。「お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞ」と言われちゃうのもあれなので、素敵に無敵な激グロケーキでスイーツなトリートをおともだちのみんなと分け合いたいと思うんだ。

 ハロウィン先進国(特にアメリカ)の場合には、こういうモノを作らせると類稀なる才能を突出させてくれるよね。ってことでもしかしたら観覧注意なのかもしれないんだ。スイーツなんだけど。
わに

 2009年10月30日、海南網が伝えたところによると、中国南部の海南省ではこのところ、養殖場からワニが逃げ出すという“事件”が相次いでいるのだという。ワニが町中に溢れる「ワニ天国」になってしまうのではないかと懸念する声も上がっているそうだ。

 このままでは住民に危険が及ぶ心配もあるとして、今月中旬にワニが養殖場から逃げ出したことが分かった同省万寧市では、現地政府が住民に対し、「ワニは見つけ次第殺してよい」「死んだワニは引き渡さず、食べてもよい」と通達。地元住民の力を借りて一刻も早く問題を解決したい姿勢を示したという。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク