oogusoカラパイアをごらんのおともだちにも人気が高かった「オオグソクムシ」のペーパークラフトがあったみたいなんだ。結構簡単に作れたのでこれなら何匹でもオオグソクムシをお部屋に増殖させることが可能なんだ。そのほかにも、メンダコ、ナガヅエエソ。オニイトマキエイ(マンタ)、ユノハナガニ、チョウチンアンコウ、サケビクニン、ジャイアントシャベルノーズレイなどなど、なかなかレアな水中生物のペーパークラフトの型紙が置いてあるのでいつのまにか海の家になることも可能なのかもしれないんだ。

スポンサードリンク
ヤギ 犬猿の仲と昔からいいまして、猿と犬は仲が悪いと言う噂なんかありましたけど、実際はそうでもなくて、猿が本当に嫌いなのはヤギさんだってことがわかってきたみたいなんだ。

 ニホンザルによる食害が深刻な果樹園でヤギをつなぎ飼いしたところ、サルが近付かなくなる効果があることが、福島県の南会津農林事務所の実証実験で分かったそうなんだ。ヤギというよりか、どうやらヤギの体臭が猿には苦手なんだそうだ。

スポンサードリンク
01

 オーストラリアのタスマニア島沖付近で行われたーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)とカリフォルニア工科大学の共同生物調査で、またまた新種生物がどんどこ発見されたそうなんだ。今回の調査では新型深海探査ロボット「ジェイソン」を使用して、今まで入り込めなかった深さ4000メートルのタスマン断裂帯付近をくまなく探検したのだそうだ。「この深海でまったく新たな海洋生物の群落が丸ごと見つかった。新種の中にはこれまで見たこともないような奇妙な生物もいる」と、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)のロン・スレッシャー氏は話しているそうなんだ。

 ちなみにこの画像は、直径50センチ、高さ200センチもある巨大海綿動物なんだって。これでお肌をゴシゴシしたらきれいになれそうな勢いなんだ。他にも新種のウミグモ、紫色の斑点模様をしたイソギンチャクなどが見つかったのだそうで、画像がでているものを紹介するね。

猫ふぃれっとペットハウスの頂上部分を巡っての猫とフェレットの争いだそうで、白い猫ちゃんの場合にはジャッジメントもしくは無関心の模様です。

廃墟 一般素人の廃墟探検隊が廃墟になった家を探索中でくわした2体の幽霊なんだそうだ。再生後2分たったくらいから集中してみていくと2体の幽霊が同時に顔を出しているのがわかるらしいんだ。どこにいるかわかったかな?

UFO「キミハ・ブレイク」で放送された、未確認飛行物体の映像特集だそうだよ。どれもこれもテレビ的にインパクトのあるUFOばかりなんだ。特にハイチ共和国に現れたUFOは飛びぬけた存在感を発揮しているんだ。

ブハラトランペッター 顔がない?!と言っても実際にはこんもり前髪が覆いかぶさっているので目もくちばしも見えない状態なんだけれどそれだけじゃない。足に羽が生えているので空を飛ぶこともできないウズベキスタン生まれのこの鳥は、19世紀にヨーロッパに渡り、その後観賞用として育種改良が重ねられてこのような形状になったのだという。

 「ブハラ・トランペッター( BOKHARA TRUMPETER)」の名前の由来は、ふるさとがウズベキスタンのブハラで、足の羽を広げるとトランペットのような形をしているからなんだそうだ。いろいろ調べてみたんだけどウェキペディアには載ってないようなのでもしかしたら別のお名前があるのかもしれないね。

 日本だと、将棋棋士の森 信雄さんが飼育していたらしく「源さん」という名前をつけてかわいがっていたそうで、今では亡くなってしまったそうなのだけれども、オスだと思って飼ってみたら卵を産んでびっくりした森さんの奥さんが、「教えて! Watch」に質問を載せてたりなんかして、本当にかわいがっている様子が伺えてほほえましかったよ。ご主人の森さんに妻気取りでべったりくっついていたんだそうだ。

廃墟

 アジアの廃墟遊園地と題して、上から日本・中国・ラオス・韓国の順で紹介されている画像ギャラリー。一度は訪れておきたい廃墟スポットばかりなんです。

mitukur前回はゴブリンシャークがダイバーの腕を噛み付く瞬間映像をお伝えしたかと思うんだけれど、サメの特殊スタンド能力として歯茎がガバッといればのように飛び出すということも、前回学んだかと思うんだけれども、じゃあ実際にリアルでこの目とその目で見てみようってことで、ゴブリンシャークの死骸の口の中をじっくり観察してみようそうしようって映像がこれみたいなんだ。逃げ切れたと思ってもさっくり歯茎を突き出されちゃったらもうかなわないよお手上げなんだよね。

ロボットじゃないよ最近の技術ってやつはロボットがどんどん犬に近づいちゃってきてるって話だし、BigDogとかっていうロボドックとかすごい人気らしいし、じゃあってんで本物のワンちゃんのロボットに歩み寄った的なそんな愛くるしい動きっぷりが海外で話題を呼んでいる2足歩行で階段をあがるワンちゃん。雪道なので気をつけてね。

besuto10「超常現象丸秘ファイル」より身の毛もよだつ心霊映像ベスト10だそうだよ。人生の幸せの絶頂期である結婚式場に顔をだす霊も多いんだね。今度結婚式にいったらいろいろキョロキョロしてみると思わぬ人に出会えるかもしれないね。

no title

 ミステリーサークルは宇宙人が地球に置きみやげとしてあちこちに設置していってくれたものなはずなんだけど、地球本体の場合にもあちこちにミステリーサークルを作り出してくれていってるみたいなんだ。この巨大なディスク状の回転する氷は寒さの厳しい地域の川や池に現れているそうで、そんな自然現象を一度くらいは目の当たりにしたいものなんだ。

0_e18

菓子業界の絶滅危惧種と言われている「たぬきケーキ」。おともだちのみんなは知っているかな?「たぬきケーキ」は、スポンジケーキの上にバタークリームで顔の形を作り、チョコレートで全身をコーティングしたケーキで、昭和40年代には一世を風靡し、全国の菓子店でよく売られていたもので、当時のちびっこたちに大人気だったケーキなんだ。

 最近ではめっきり見かけなくなったというたぬきケーキ、絶滅寸前かと思われていたところ、三重県志摩の菓子店「シマヤ菓子工房」でその存在が確認されたという。しかも「シマヤ菓子工房」では一番人気のケーキなんだとか。

なまずなんだか池に大量のナマズが発生中なんだそうだ。ナマズのヒゲとか開けた口とかが入り乱れてとんでもない酒池肉林具合なんだけどもいいなこれ。鯉大量とは戯れたことあるけど、ナマズ大量とも戯れてみたいよな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク