bi-ru くちばしを上手に使って缶のプルタブを開けてくれるコンゴウインコさん。いいなぁ、ぬいぐるみでいいからこんな缶開け機、欲しいよな。

スポンサードリンク
aporo アポロ計画は1969年にアポロ11号が人類初の月面着陸に成功し、1972年のアポロ17号で終了していたはずだったんだ。ところが後の1976年8月16日、アメリカとソ連の合同チームが、アポロ20号に乗り、地球から見て月の裏側にあたる、elporte Craterの南西にあるIszak Dという目的地を目指したのだそうだ。

 そこでアポロ20号は、月面に人工的な建造物を発見、それをコードネーム「ノアの方舟」と呼んだという。

 これがその時、アポロ20号が撮影した映像なのだそうだが、確かに月面とおぼしき地形に葉巻状の構造物があるのがよくわかる。

スポンサードリンク
NY ニュージーランドでは専門家を招いての心霊写真コンテストがあるんだそうです。で、集まった写真のほぼ90%はカメラについた曇りやごみ、空気中の埃やチリによってもたらされた「オーブ」によるものなんだけれど、残りの10%が原因が断定できない。加工を施されたものでもない。ってことで何かが怪しい写真なのだそうです。で、これらの写真はその怪しさが突出したものなのだそうですが・・・

hai ルーマニアのトランシルバニア地方、クルージュ県のTurda(トゥルダ)という街にあるソルトマイン(岩塩坑)は、かつて岩塩を採掘していた場所。洞窟内には雪のような塩の結晶で満ち溢れているんだそうだ。

suityuu

バスロマンもいいけど、水中ロマンもなかなかに素晴らしいものなんだ。母親の胎内以外の場所では泳げないし潜れないけど、そこには人を惹きつける何かがたっぷり仕込まれている地球の遊び心なんだ。

zekyou いろんな意味で怖いといわれている世界の絶叫ローラーコースター7選だそうだよ。お金払って恐怖体験とか、ダメな人には理解不能だけれども、恐怖とスリルに身を投げ出してみたい、というのもまた人間のひとつの欲望でもあるわけなんだ。

名称未設定-6 2009年5月、四川省で活きたヘビを呑みこむショーを行っていた男が、誤って喉の奥まで呑み下してしまうというアクシデントが発生していたそうなんだ。

 男は活きたヘビを呑みこむショーを行っていたが、本来は寸止めにするはずのヘビを喉の奥へと下してしまった。ヘビは半身をまるまる呑まれ、抜こうにも抜けず、身動き不能に。ショー会場は大混乱となっちゃったみたいなんだけど、実はこのような失敗は珍しいものではないという。

nemoo 違いないんだけど、寝ぼけているに違いないんだけど、一匹のワンさんが、もう一匹のワンさんに何かを語りかけているようでそんな枕話なんだ。

saya 近くで見ると、見てはいけないような気分になってしまったそんな未来の世界系人型ロボット「Saya」が、7日、東京都内の小学校に先生役で登場、児童たちに鉄仮面の微笑みを見せながら話しかけたのだそうだ。

ju これはひとつのエンターテイメントとして見ていただけたらいいと思うんだ。ブロイラーチキンの面々が青木ヶ原樹海に突入。そこで様々な怪奇現象に見舞われる。そんな中、メンバーの原が、突然ここでコックリさんをやろうと提案するのだが・・・

edne この映像は、2008年2月に打ち上げられたスペースシャトル・エンデバー「STS-123」の打ち上げシーン。地上から舞い上がるコスモ(小宇宙)のようで、なかなかに幻想的なんだ。

eit モータルコンバットがごとく、フェタリティーすぎて大惨事になっちゃった8ビット出身のあのキャラたちの画像だよ。

kaitei 一般的に海水はわずかにアルカリ性なのだけれど、海底火山近くになると噴出す火山ガスにより強い酸性になるという。

 それだけでなく海底火山が作り出すブラックスモーカーと呼ばれるものからは、大量の熱水が噴き出していて、この中には、金属イオン等とともに、大量の硫化水素が発生している。

 そんな劣悪な環境の中で、有毒物質である硫化水素を栄養源として、太陽に依存することなく生きている生物集団がいる。

 
mui アメリカで、ニュージーランドで、オーストラリアで、謎の恐竜が出現し暴れまわっているらしいんだ。

 
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク