ブラジル ブラジルのミナスジェラス州、ウベラバ市にあるウィルソン・エステバノビク自然博物館には、とても地球生命体とは思えない奇妙な形をした骸骨が保管されているという。

 この骸骨を見学に来たブラジルの子ども達は一様に「これはET」だと言う。考古学者である博物館の館長も「ETだと信じている」と言う。歴史学者である館長の弟も「ETだ」と、解剖学者をしている館長の子は「まだわからない」と。そこで、この骸骨の報告書を作成した人物、バイヤ大学で生物学を専攻しているヴェルスカに話を聞くことにした。
スポンサードリンク
2009 今年も残すところ後2ヶ月。ってことで2009年に世界各地で目撃、撮影されたUFOの写真が、日時・場所と共に紹介されているスライドショー映像だよ。今年も様々なUFOがそれぞれにひとつのONEで発見されちゃったみたいだね。
スポンサードリンク
オーバーツ まるで何かのメッセージ性を持っているかのような、自然が産み落とした天然の岩の彫刻写真の数々。本当に何かメッセージがあるかもしれないのでじっと向き合ってみたいと思うんだ。それはもしかしたら古代の人たちが現代に残してくれたメッセージが残されているかもしれないわけだし。
車庫 オーストラリアのグレートバリアリーフに生息する巨大なシャコの目が、これまでよりもさらに高品質のDVDプレーヤーを生み出すカギになると、英国の研究グループが25日発表したそうだ。

 英科学誌「ネイチャー・フォトニクス」に掲載されたこの研究によると、強力なはさみを持つことからダイバーに「親指を切り裂く」と怖れられているこのシャコは、生物の中で最も複雑な目を持っており、人間の4倍となる12色の原色を認識。様々な偏光(光波の振動する方向)も識別するという。

 
アウディ Audi TT にはものすごい防犯機能が搭載されていたみたいなんだ。ただしこの車だけだし、横を通りかかっただけで襲われてしまう可能性は否定できないんだ。
でかいじゅう 円谷プロダクションが、また新たなる怪獣の制作に本腰を入れているのだそうだ。

 10月23日、新開発した巨大着ぐるみ 『で怪獣(でかいじゅう)』を発表。『で怪獣』 は、イベントやアトラクション、特撮などで使用される、従来の着ぐるみの常識をはるかに越えた、スーパーサイズのアニマトロニクス・スーツ。第1弾となる 「古代怪獣ゴモラ」 は、身長3メートル、角からしっぽを含めた体長は6メートルにも及ぶという。

ぞわぞわ ゾクゾク、ぞわぞわがクセになりそうな、爬虫類と両生類、昆虫などの写真プールなんだ。アングル次第でいろいろな表情を見せてくれるクリーチャーたちなんだ。
kara- アニメ・特撮・漫画など、そのキャラを象徴するようなカラーチャートがどんどんでてくるよ。で、ピーンときすぎちゃうようだとその系列のオタク認定してもらえるといううれしい診断チェックができる画像スライドショーなんだ。ロボット系なら完全制覇できちゃうとかもう、こんな時どんな顔したらいいのかわかんないや。
ウサギ 大久野島は、瀬戸内海に位置する無人島。別名「地図から消された島」として、戦時下での化学兵器製造の実態を今に伝えている。他にも「毒ガス島」と呼ばれ、毒ガスの歴史を伝える大久野島毒ガス資料館も点在している。また、現在は多数のウサギが生息し、「ウサギ島」とも呼ばれているんだそうだ。

 かつての殺戮兵器を作っていた建物は廃墟となり、そこに多数のウサギたちが住み着く無人島のシュールな風景。
su^-pa 10月10日土曜日の午後2時頃、メキシコのメヒコ州ラモスのスーパーマーケット内にて、怪しい発光物体が浮遊しているのを監視カメラが写し出し、セキュリティー担当者コントレラス氏は度肝を抜いたという。

 怪しい物体は2分ほど店内を飛びまわっていたという。コントレラス氏はこの店で1年近く監視カメラをチェックしているが、こんな物体は初めてだと語ったという。
ママン ×ママ、おにいさんの言うことをちゃんと聞くジャコブくん。おにいさんがジャコブくんに「ゲームの電源切りなさい」と突然命令。一応言うことは聞いたわけですが、すごくいいところだったらしく納得がいきません。泣き崩れるジャコブくんに兄貴が一言・・・
ガレッジ ガレッジに巣を作った大きいクモさんの場合には、大きいだけに子どももこんなに大量放出ができちゃいましたって話なんだ。大量ぞわぞわ注意だよ。
魚介類 日本人の場合には、海産物の恩恵をたっぷり受けているわけで、水棲生物との密接関係を築き上げてきたわけだけども、もっとそれ以上に、もっとアグレッシブに、そこはフォルテでと考えた場合には、こんな生活もありかもしれないんだ。
eirian

 全国で同時に探せば「宇宙人」が見つかるかもしれない!!。
 地球外の知的生命体が出す電波や光を、全国の天文台や大学など計29カ所で同じ時間帯に調査する実験が11月11、12日に日本全国で実施されるそうなんだ。

 多くの地点で同時に観測すれば、同じ電波を複数のデータで検証できるため、より確実にチェックできる。参加者らは「これだけ多くの同時観測は世界初では」とかなりのワクテカ状態なのだそうだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク