ガレッジ ガレッジに巣を作った大きいクモさんの場合には、大きいだけに子どももこんなに大量放出ができちゃいましたって話なんだ。大量ぞわぞわ注意だよ。
スポンサードリンク
魚介類 日本人の場合には、海産物の恩恵をたっぷり受けているわけで、水棲生物との密接関係を築き上げてきたわけだけども、もっとそれ以上に、もっとアグレッシブに、そこはフォルテでと考えた場合には、こんな生活もありかもしれないんだ。
スポンサードリンク
eirian

 全国で同時に探せば「宇宙人」が見つかるかもしれない!!。
 地球外の知的生命体が出す電波や光を、全国の天文台や大学など計29カ所で同じ時間帯に調査する実験が11月11、12日に日本全国で実施されるそうなんだ。

 多くの地点で同時に観測すれば、同じ電波を複数のデータで検証できるため、より確実にチェックできる。参加者らは「これだけ多くの同時観測は世界初では」とかなりのワクテカ状態なのだそうだ。
猫 3匹の子猫に、足元からの攻撃を受けている人間。こうみえて、ものすごい戦闘力をもっているんだこの攻撃。「俺こいつにすげえなつかれてり」攻撃は、ターゲットを一人に絞るとすごく効果的なんだ。
kasei 就職難なこのご時勢にちょっとした明るいニュースがあったみたいなんだ。欧州宇宙機関(略称:ESA)では、火星探査ミッションに向けて地球上でシミュレーション実験をしてくれる人を緊急募集中なんだそうだ。

 条件としては「見ず知らずの人と17か月間、狭いカプセルの中に閉じこめられることを苦だと感じずむしろ快適に過ごせる人」なのだそうで、満員電車が心地よいと感じるおともだち、六畳一間の狭いお部屋でたくさんの兄弟と両親と寝食を共にしていたおともだちの場合には、既にアドバンテージをとれそうな気配むんむんなんだ。
ゴキブリ 台湾でゴキブリを愛し、その生態を研究している、JT・リン博士と、一方ゴキブリが嫌いで、駆除方法の研究をしているアーリエ・シー博士。この二人にスポットをあててゴキブリの秘密に迫る映像があったみたいなんだ。これでもっとゴキブリが好きになるかもしれないし、その逆かもしれないけども、とりあえずゴキブリの生態についてもっと知ることで見えてくる何かがあるかもしれないんだ。
アステカの祭壇 13世紀から15世紀まで栄えたアステカ文明。ここでは日常的に人身御供が行われ、生け贄を捧げなければ太陽が消滅する、と信じられていたそうなんだ。

 その神事の際には、生け贄を殺すために縛った台、生き血を入れるための壷が使われていたという。その台や壷が、心霊写真として現代に蘇った。それがこの「アステカの祭壇」と言われるものなのである。

趣旨

 それはそう遠くない未来かもしれない世界が終焉を迎える時。新たなる地球の未来に望みを託して、地球上に存在するありとあらゆる植物の種子を保存する為の施設「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」が、ビル・ゲイツ主導の元、2008年2月26日にノルウェー、スピッツベルゲン島の中心地・ロングイェールビエンにて操業開始した

 最大300万種の種子を保存可能とされる地下貯蔵庫は、その温度をマイナス18〜20°Cに保たれ、万が一、冷却装置が故障した場合にも永久凍土層によってマイナス4 °Cを維持できる環境に置かれているという。
 
白黒 そういわれてみれば実写っぽく見えるかも。昔の人ならこれで完璧に騙せたな。ちなみにプレイしたのはグランツーリスモ 5だそうだよ。
売れ残った
 タイトルに「世界の売れ残った車」とあるだけで、詳しいことはよくわからないんだけれども、どうやらこれらの車は世に送り出されたのはいいものの、行き場がなく工場内に安置されているものらしいんだ。
俺すげえ 「決してマネをしないでください。俺はプロ」ですというテロップの元に、男がやってくれた実験は、ベビーシャンプーを口に含んで次から次へとシャボン玉を出していく方法。確かにすごいんだけど、俺が最初に発見したんだぜ、俺すげぇってほどではないかもしれないんだ。
ギター なかなかこの演奏はすごいんじゃないかと思うんだ。弦の押さえ方が素人じゃないっぽいし。
霧

 スカっと晴れた日もいいけれど、たまにはどんよりと、じっとりとしたミストの世界に包まれるのも混沌とした世界に迷い込んだみたいでいいんじゃないかと思うんだ。陰と陽は表裏一体なわけだしね。
ネズミ 一匹のドブネズミが、ネズミで動物実験をしている研究所に迷い込み、出口を求めて研究所のネズミたちと奔走する、イソップ童話、「都会のねずみと田舎のねずみ」の新解釈のようなショートムービーなんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク