ロンドン イギリスのロンドン、ピカデリーサーカス広場に突如UFOが現れ、象2頭をびにょーんとそこからバンジージャンプさせるという光景が展開され、その場にいた人々は騒然、一様にシャッターチャンスを狙っていたという映像が公開されたみたいなんだ。
スポンサードリンク
汚い 世界観光サイトのトリップアドバイザーはこの度、世界中の観光地の中で最も汚い(細菌的な意味で)観光地トップ5を発表したみたいなんだ。

 もやしもん的に言うと「かもすぞ〜」なんだけど、とりあえずその地に行く予定のあるお友だちの場合には、なるべく触ったり舐めたりせずに遠くからまったり観光することをおすすめするんだ。
スポンサードリンク
たばた この写真だけで既にこの写真ギャラリーの趣旨(寿司じゃないよ)はおわかりいただけたのかと思うんだ。ってことで食べたくなるほどかわいい!?動物たちの写真が次々とでてまいるよ。
ホラー アメリカ、ディスカバリーチャンネルで特集された「ジャパニーズ・ホラー」。日本と西洋の霊に対するスタンスの違いや、日本の文化と霊の係わり合いなどが詳しく検証されているんだ。確かに「お盆」にはご先祖様の霊魂が帰ってくるわけだし、西洋のキリスト教をベースにした霊とはまったく別の展開を見せているよね。

 この特集を見た後、改めて日本と西洋のホラー映画なんかを見て、納得したりなごんでみたりすればいいかと思うんだ。
はんば0が 1989年元旦、ある男性がマクドナルドにて2個のハンバーガーを購入。1個はそのまま食べたが、もう一個はそのままジャケットのポケットに入れたまま長い年月放置され、10年後、そのジャケットのポケットの中身に気がつき見てみると、ハンバーガーはほぼ買った時と同じ匂いと形だったという。

 この話を友人たちにしたが、誰も信じてくれなかった為、男はある行動にでた。マクドナルドにてハンバーガー、チーズバーガー、ビッグマックなどを購入。地下室に入れ放置し、その状態を見るというものである。最高齢のハンバーガーは18年ものなのだそうだ。
まつり わかりやすいようにタイトルに(おかわり:おわかり映像)と書いてみたんだけれども、これは祭りにて撮影された、お札を書いている人の手に現れた霊の姿なんだそうだ。祭りごとには霊は集まりがちだと言われているが、この子もやはりそうなのだろうか?
ネッシー

 広東省と湖北省の10人の観光客が新疆維吾爾自治区のカナ湖で7月5日目撃したという、黒い巨大な水棲生物の映像が公開された。

 彼らはボートから100メートル離れた地点に、1メートル以上の波が立っていたので、不審に思いずっと観察していると、かなり巨大な黒い生物が体をうねらせていたところを目撃してしまったそうなんだ。しかも1匹ではなく15匹はいたというから驚きだ。
ti
 広州日報が伝えたところによると、2009年7月21日、広東省東莞市万江区の工業地帯を流れる川が突然、真っ赤に変色。地元の環境当局は工場による汚水の垂れ流しが原因と見て、調査に乗り出したみたいなんだ。
ninja 欧米の人々が、忍者に憧れすぎているのは何度かお話したかと思うけど、この手裏剣型のUSBメモリが海外で大好評みたいなんだ。

 PCに接続すると手裏剣が刺さってるように見えるのが特徴で、こっそり敵のオフィスに忍び込み、敵のパソコンのUSBポート目がけて投げ付け、
データを盗み出す際に最適な作りとなっており、IT忍者の皆様にご好評いただけること請け合いなのだそうだ。
karahuru

 世にいる生物たちをフォトショップの力でカラフルな色合いに変色させてみた画像ギャラリーなんだそうだ。違和感ある子もまったくない子もいろいろいるね。
dobai

 昨年11月にオープンしたドバイにあるドバイ・アクエリアムは、世界最大のアクリルパネルの水槽でギネス世界記録を達成した、巨大な水族館。

 ドバイショッピングモール内に設置されたドバイ水族館の、幅32.88メートル、高さ8.3メートル、厚さ75センチ、重量約245トンの展示窓は、これまでのギネス世界記録である日本の沖縄美ら海水族館の幅22.5メートル、高さ8.2メートル、厚さ60センチを大きく上回った。

 
2_e24

 イギリスのサマーセットにある野生動物保護センターでは、毎年3000匹以上の野生動物たちが様々な理由により保護されているという。

 孤児となってここに運ばれてきたカワウソの子どもは、同じく孤児集団のアナグマたちと大の仲良しになったのだそうだ。
hanenasi

 名古屋大の新美輝幸助教らの研究グループは、羽のないテントウムシを世界で初めて作ることに成功したのだそうだ。

 虫のアブラムシを食べるため、テントウムシの一部は農業で利用されている。羽なしテントウムシが用いられれば、飛んで逃げなくなるので害虫駆除の効率が上がるという。
動画 スーパーセル(supercell)とは、継続して回転する上昇気流を伴った非常に激しい雷雨や雷雲のことを意味するのだそうで、この映像は、上昇気流が強まってスーパーセルが形成されていくまでの早回し映像なんだそうだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク