金粉 「全身に金粉を塗ると窒息死する。なぜなら皮膚呼吸がまったくできなくなるからだ。」こんな噂を耳にしたことのあるおともだちも多いんじゃないかと思うんだ。

 てことでこの噂は本当なのか、実際に全身に金箔を塗って活動している「大駱駝艦」というパフォーマンスメンバーと皮膚科の教授に話を聞いてみたところ・・・
スポンサードリンク
橋の袂車で橋を通過する途中、橋のたもとでこっちを向いて手招きをしている長い髪の霊がしゃがんでいたという。

これが霊でないとするといったい??
スポンサードリンク
なら大仏 奈良の東大寺大仏殿の本尊、東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)は、一般に「奈良の大仏」として知られる仏像で、聖武天皇の発願で745年に制作が開始され、752年に開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)が行われたそうなんだ。

 現存の大仏は像の高さ約14.7メートル、基壇の周囲70メートルで、頭部は江戸時代、体部は大部分が鎌倉時代の補修であるが、台座、右の脇腹、両腕から垂れ下がる袖、大腿部などに一部天平時代の部分も残っている。

 でもって特徴的なのが額の中央にあるでっぱったもので、ホクロだとうっかり思っていたところ、なんとこれはホクロではなく「毛」なんだとか。
1af14300 日本でも学生の半分義務であり権利であるものが、教科書に落書きは定番なのだけども、台湾の学生さんたちも結構フリーダムだったりするわけで、中には未来の台湾をしょって立てそうな勢いの作品もあるから要チェックなんだ。
トナカイ 西シベリアの北極海に面したツンドラ地帯を生活の場とするネネツ族は、有史以前からシベリアに暮らし、400年のロシア支配にもたえながら、今尚この地で暮らしている。現存するネネツ族は3万5千人。このうち、−50度にもなる極寒のツンドラ地帯で遊牧民としての伝統的な生活を続けているのは3500人と言われている。

 彼らは、共に生き、共に暮らす50万匹のトナカイの食べ物を確保するため、遊牧生活を続けている。彼らの衣服はトナカイの皮、家の壁もトナカイの皮。トナカイの肉を食べ、トナカイと共に生きる彼らだが、近年の温暖化と気候変動により、管理していたトナカイの数も減っており、彼らの生活も苦しくなってきているそうだ。
くすぐられる カエルにも気持ちいいスポットがあるのかどうかはわからないままに、くすぐられるとその身をゆだね、もだえながらのヘブン状態に入るカエルさんがいたみたいなんだ。
そうそう 中国の「三国志」に登場する武将で、魏の始祖となった曹操(155〜220年)の陵墓が発見されたことがわかった。河南省安陽県にある後漢時代の陵墓が、曹操の陵墓だと断定されたと、河南省文物局が27日に発表したそうだ。墓から60歳前後とみられる男性の遺骨が見つかり、中国の考古学者や歴史学者らが鑑定した結果、曹操本人のものと断定した。
1pun 1分間でカップヌードルはできないけれど、1分間の間にこれだけのことが世界、特にアメリカでは起きているということを図解化したものがこれなんだそうだ。
マリオのろい 、1992年7月14日に任天堂より発売されたスーパーファミコン用コンピュータゲーム「マリオペイント」で、カラパイアを見ているおともだちなら何度か見ちゃったことのあるあの呪いの絵「あたしはもうお嫁にはいけません」を描いてみた作品がこれなんだそうだ。
ウデムシ ウデムシは、昨年8月に選出された、グロキモ昆虫ランキングでも前頭七におどりでちゃったぐらいに注目度満点の、クモとサソリとタガメをトランスフォームさせた後、ぐっちゃり踏み潰しちゃったような、扁平で手足の長い節足動物。

小さいものでは体長5mm程度だが、大きいものは体長4cmを越え、しかも足は体長の二倍以上あるので、かなりの迫力感が味わえるんだ。
戦闘機

 P-51Dマスタングは、第二次大戦中に登場した各国戦闘機の中でも最優秀戦闘機との評価も高いアメリカ陸軍主力戦闘機。シリーズ中最もバランスの取れた機体となり、7837 機が量産され、多くのエースパイロットが生みだされたそうなんだ。

 当時のちびっ子たちの憧れだったP-51Dマスタングを、元歯科医が鹿医療器具部品を使いながら6000時間、約3年間かけて作った究極のレプリカ作品がこれなんだそうだ。
RENNJITE XBOX360を大型レンジでチンしてドロドロに溶かし、そこに目玉とかいろんなものを乗っけて固めたアート作品がイーベイオークションにて出品中なんだそうだ。

 アメリカのアーティスト、ケニー・アーウィンの作品なのだそうで、値段は31,002.00ドル(283万円)が即決価格。かなりの力作なので、人によってはお買い得なのかもしれないけど、悲しいことにゲームとしては機能しないのが弱点なのかもしれないんだ。
syuumai ちょっと前に、神奈川県の横須賀では、ケーキの代わりにマグロで入刀する結婚式場があるよというお話をしたばかりなんだけども、同じく神奈川県で、こちらは巨大シュウマイ(シウマイ)を使った入刀式が展開されていたみたいなんだ。

 横浜と言えばCMでおなじみの「おいしいシウマイ、崎陽軒が有名だけど、崎陽軒が運営している結婚式場では、希望すれば巨大シュウマイに入刀できるのだという。そしてその中身は・・・


 
ahurika チーター、ヒョウ、ライオン。アフリカを代表する3大ネコ科の力関係が、チーターの狩ってきた獲物から導き出されていくわけなんだ。


動物界の弱肉強食は毎日のように繰り返されていくわけで、負けてもうらむことなく、また新たなる獲物を求めていくんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク