mosukito モスキート音は、もともとは公共施設や飲食店から若者を締め出すために開発された、10代の若者にのみ聴き取れるという蚊の羽音を彷彿させる不快な高周波音のこと。

 年齢を重ねるにしたがって高周波音は聞き取りにくくなるのだそうで、若者だけにピンポイントに聞こえる音なのだそうだ。ところが最近大人に聞こえないことを逆手にとって高校生らが授業中などにこっそり携帯を使っているという。モスキート音で「耳年齢」をチェックできるCDが登場するなど、ユニークな使われ方も広がっているが、専門家は「長時間聴くと気分が悪くなることもある」と注意を呼び掛けている。

スポンサードリンク
秘密基地

 ロシアはかつて軍事大国であったことは否定できない事実なのだけれども、鉄のカーテンの時代は過ぎ去り、今では誰もがその姿を地球の上からながめることができるようになったわけで、これらの写真はグーグルアースがとらえた、当時極秘軍事基地だったロシア、ムルマンスクの上空からの写真なんだ。
スポンサードリンク
雪 これでよく走れるものだなと関心しちゃうぐらいの豪雪の中を突き進んでいく汽車。すごいパワーをもらったような気がしちゃうんだ。

実在 宇宙空母ギャラクティカに出てくるようなSFの世界に存在する未来型の武器。それに近いものが既に実践にて活躍しているというんだ。
やぎ ヤギに繰り返し繰り返し
ある単語を聞かせ、実際にその言葉を話せるようになるのかどうかやってみた映像がこちらなんだそうだ。

縄文寿命 厚生労働省が発表した資料によると、2008年度の日本人の平均寿命は男性79.29歳(アイスランドに次ぎ世界第2位)、女性86.05歳(24年連続世界第1位)と、世界最高水準の長寿国として知られている日本だけれど、その祖先であるところの縄文人はどれくらいの平均寿命だったのかがわかる記事があったので紹介することにするよ。
もり

 自然フォトグラファーの ステファーノ(Stefano Unterthiner)氏による、森にたたずむクマさんたちの美しい写真。森はくまさんのテリトリーなので、のびのびと楽しそうに暮らしているのがよくわかる写真なんだ。あんまり楽しそうなので、おもわずかけよって仲間にいれてよと言いたくなってしまいがちなんだけど、本当にそんなことしたら暗黒モードになってしまうので、写真を見て我慢することにしようね。
生首 家族がUNOで遊んでいる最中に偶然撮影された映像なのだそうで、インターネッツで騒然だったらしいんだ。ちっとも知らなくてごめんよなんだ。

人間

 数字のついた掲示板から広まっていった、南極に住むという伝説の未確認生物「ニンゲン・ヒトガタ」は、前に一度紹介したかと思うんだけれども、海外サイトでもとりあげられ、世界共通UMA認定される勢いなんだけれども、どうやらグーグルマップにもとらえられていたみたいなんだ。
銃 アメリカは合法的に銃の所持が許されている国。とは言え1993年にブレイディ法が改正され、規制の動きは高まってきているのだそうだけれど、州によってはその規制もまちまちで、アメリカと銃の関係は切っても切れない関係にあるようだね。

 てことでこれらの写真は年代別に集められた銃の広告ポスターなんだそうだ。昔はスーパーなどで気軽に買える代物だったから、銃販売メーカーもいろんな広告ポスターを使っていたみたいだね。
銀河

 2010年1月5日、第215回アメリカ天文学会の発表によると、最初期の銀河発見の記録がまた塗り替えられたそうなんだ。ハッブル宇宙望遠鏡の観測によるもので、淡い青色に輝く小さな銀河が深宇宙で複数発見された。およそ137億年前のビッグバンからわずか5億年後の銀河だという。つまり、銀河の形成開始時期が約 15億年さかのぼることになる。
逆そう どこの国かはわからないんだけれども、言葉がなんとなく中東とかインドとかその辺っぽいかな?ってことでこのトラック、反対車線を強気にゴーウィングマイウェイしちゃってるもんだから、でもって図体でかいもんだから、逆に正しい走行をしている対向車両がよけまくってる始末なんだ。最後に子分とかついてきちゃってるし。
クロリス アメリカやカナダではどこにでもいるリス。リスを見ない日はないというくらい、いたるところに生息しているわけなんだけれども、その中でもめずらしいのが、体全部が真っ黒なクロリス。

 その数は1万匹程度だそうで、普通の灰色のリスから突然変異的に生まれてくるのだそうで、アルビノはメラニンが不足して起こるといわれているけれど、その真逆のパターンで、メラニズムと呼ばれているそうだ。日光を吸収しやすい黒色なので通常のリスより寒さに強いらしいよ。
インド インドの「トカゲ少年」と異名をもつハーシュ君(15)は、ヤモリが大好きすぎて片時も離れられないのだそうだ。

 小さいころからヤモリを飼い始め、学校が終わるとずっとヤモリたちと遊んでいたという。ヤモリを体中に這わせたり、耳たぶにつけてイアリングにしたり、口にめいっぱい頬ばったりと・・・
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク