tiri 1999年、チリでテレビ番組撮影中に、ついうっかりその後ろを通過してしまったUFOらしき未確認飛行物体。

 我々日本人がどう思おうと、チリの人々がこれはUFOに違いないっていうんだから、もうそれでいいと思うんだ。

スポンサードリンク
大惨事

 近い未来にやってくるのかこないのか、現時点では予測もつかない第三次世界大戦を、デジタル処理したイラスト風アートで表現した作品なんだそうだ。それは、宇宙をも巻き込む、壮絶な戦いなんだ。

スポンサードリンク
ninge もちろん人間が束でかかったらそりゃかなわないだろうけれど、一人でうっかり遭遇してしまったら、運が悪ければぽっくりいく危険性を秘めている、殺傷力のある10の生物たちが紹介されていたので、見ていくことにしようそうしよう。

がらす

 砂の代わりにガラス玉が敷き詰められている、そんなガラスビーチ(Glass Beach)は、長い年月をかけて波に洗われ、きれいな楕円形となって浜辺でキラキラ輝いているんだ。

 ガラスビーチはハワイのカウアイ島やカリフォルニアのフォートブラッグのベニア海岸にあるから、機会があるお友達は是非一度訪れてみるといいと思うんだ。

kobra 中国通信社、レコードチャイナの伝えたところによると、世界でも希少な絶滅危惧種、レッドゾーンの毒蛇、コブラバイパーが、広東省韶関市の乳源ヤオ族自治県で発見されたそうなんだ。

 発見したのは、電線修理工の作業員たちで、水田わきで洗濯をしていたところ、突然カエルが一斉に鳴きだしたので、なにごとかと鳴き声のする方へ歩いていくと、田んぼのあぜに1匹のヘビを発見。近くにあった石で打ち殺してしまったという。

bif タチコマ的な動きと、蹴飛ばしても負けないポジティブなその姿勢が、世界中のネットウォッチャーたちを釘付けにしたあの犬みたいなロボット「BIGDOG」は今、なんとタイのビーチでバケーション中だったのだそうだ。

 機械なのに水とかサビとか平気なのかな?と心配させやがってこのやろうなんだけど、ビッグドッグはタダのロボットじゃないからきっと大丈夫なはずなんだ。

takoきれいな花にはトゲがあるわけで、きれいなヒトには黒歴史があるわけで、おいしくってかしこくってかわいらしいタコだもの、なんかあってもおかしくないと思っていた矢先、あらゆる種類のタコが有毒と判明したんだそうだ。

ninge 人間と犬が犬食いスタイルで挑む早食い対決。1回戦はスパゲティーミートボール、2回戦はローストビーフ、3回戦はニンジンで、4回戦はグミキャンディー、5回戦はドックフードと以上5品で競い合う。

 さあ、勝者はどっちだ?

marusano 国税庁が約25年ぶりに制作した、通称「マルサ」と呼ばれる国税査察官を題材にしたドラマ「国税査察官の仕事」が本日よりオンエアになったみたいなんだ。

 赤字申告を続けるホストクラブのオーナー兼カリスマホストに対して、国税局査察部職員が内偵調査や強制調査を実施し、刑事告発するというストーリーのこのミニドラマ、作品には、元国税庁職員で、女優の山村紅葉も出演しているそうなんだ。
800px-Al-capone-cell

 この写真は、アメリカ・シカゴの暗黒街のボス、タイム誌の表紙を飾るほど有名なギャングスター、アルカポネ(1899〜1947)が10ヶ月投獄されていた、アメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるイースタン州立刑務所の彼専用の独房を再現したものなんだそうだ。

 とても刑務所内の独房とは思えないほどのVIP待遇だったんだね。

うちゅ

 今、地球から見える天体で一番明るいのが、「太陽」、その次が「月」で、その次が・・・、以前は「金星」だったんだけど、今は国際宇宙ステーションなんだそうだ。

 そんな宇宙ステーションは、条件がそろえば、日の出前と日没後の2時間ほどの間に地上から肉眼で見ることができるのだ。

 特に、関東地方にお住まいのおともだちは、4月21日早朝(4時20分頃)、天気がよければ、かなりはっきりくっきり見えるらしいので、目覚ましタイマーをセットして、すこしだけ、お空の方を見上げてみると、きっとなにかがロマンティック。いいことありそうな気分になれるかもだよ。

真っ赤

 赤はいつだってリーダー的存在だから、っていう理由ではまったくなく、スコットランドの農場主たちの間では、羊達を赤く染めるのが流行っているみたいなんだ。

 スコットランドでは、昔から自分の家畜を見分けるために、目印として少し色をつける伝統があったんだけども、子どもの心を忘れなかったやんちゃな農場主のアンドリュー・ジャックさんが、「どうせやるなら派手な方がいいんじゃね?」とばかりに手持ちの54匹の羊を真っ赤に染めてみたら大反響。

 道路を通行中のドライバーたちの目をひき、今じゃちょっとした地元の名物風景になってしまったみたいなんだ。

dasu

 ダースベイダーのみたいな黒い鎧を身にまとった、ナベブタアリ属の一種、セファロテス・アトラトゥス(Cephalotes atratus)は、熱帯地方の木の上で生活するアリなんだ。

 彼らは樹木の上で生活しやすいように、木の枝にしがみつくのに適した体の構造を持っているんだけれども、それでもどうしても、風や樹上の動物、鳥に追われて、木から落ちてしまうこともある。地上から約30メートルもある、高い木に巣がある彼らが、もしそこから落ちてしまったら、もう二度と自分の巣には戻れないんじゃないか?一生ダークサイトをさまよってしまうのか?っと思いきや・・・

 そんな時に発動するのがこのフォースの力、巣のある木の幹まで飛んでいくことのできる脅威の滑空能力なんだ。

kioku

 この音を聞いた後、勉強や仕事をすると通常よりも記憶力が良くなるとかいうそんな音源なんだそうだ。

 ちょっと聞いてみたんだけれど、そんなに心地の良い音じゃないことは確かなんだ。記憶力をよくするという強い意志を持たないと、自己防衛本能が働いて、勝手に耳が聞くことを遮断しようとしやがるんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク