すげえこれ日本固有の仲間もいる、軟体生物「ヒザラガイ」の仲間たちは、浅海から深海,極域から熱帯域にまで数百種類が存在するのだけれど、この子たちの歯は磁石にくっつく金属物質がたっぷり含まれているわけで、どんなお口の中身かと、ぱっくり接写してみたのがこれらの画像なんだ。うんとってもエイリアン。

スポンサードリンク
4つちょっと前にドイツで4つ耳の猫が生まれて里子に出されたなんてニュースがあったけれども、四つ葉のクローバーみたいに、探すとまだまだ4つ耳の猫ちゃんはいるみたいなんだ。四つ葉のクローバーみたいに、なんとなく幸せを運んでくれそうな気がしちゃうよね。

スポンサードリンク
化成 火星探査機マーズ・オデッセイの観測データによると、火星の表面に塩分の堆積(たいせき)が存在していることが判明したそうで、これはかつて火星に水が豊富にあったことを示唆しており、生命が存在していた証拠となる可能性があるということを裏付けた結果になったわけなんだ。

 ハワイ大学のMikki Osterloo氏が率いる科学者チームらは、探査機によって得られた熱画像を分析したところ、火星の南半球にある深い窪地、約200か所で、塩分の堆積を発見したそうで、塩分が堆積していた面積は約1-25平方キロにわたり、それぞれの堆積物はつながっていないようだと言っている。

 これはどういうことかというと、火星には地下水が存在していて、それが低地に到達し、長い時間をかけて水が蒸発し、塩の堆積物を残したのではないかと推測されるわけで、それはずばり、火星には、かつては豊かな水があり温度も高かったとする地質学的証拠の裏づけになるというわけなんだ。
子も度インドネシアに住むコモドオオトカゲは、成長すると最大体長3mを超える世界最大のトカゲで、現代の恐竜とも呼ばれているんだけれど、発見されたのは、20世紀に入ってからの1911年のことで、偶然コモド島に不時着した飛行機の操縦士が彼らを発見し、その大きさに驚き「コモド島には恐竜が生き残っている」と大騒ぎ、「これこそが伝説のドラゴンなのではないのか?」という説がヨーロッパなどで広まったそうなんだ。

 コモドオオトカゲは完全なる肉食生物だもんだから、大人のコモドオオトカゲの場合には、ヤギやブタ、イノシシにスイギュウ、たまに人間まで襲って食べちゃうらしんだけれども、この映像のコモドオオトカゲはまだ小さいながらも鳥をスナック代わりにぺロリと平らげているところだよ。
新種毎月続々と新種の生物が発見されていくのは楽しいわけだしそうあるべきだし、失われる種もあれば新たに芽生える種もあって、まあそれがいわゆるひとつの輪廻転生だったりした場合には、そろそろヒト科の新種なUMAが発見されてもなんの不思議もないわけなんだ。てことでまあ、今月めでたく新種認定された生物たちだから「ようこそ地球」と言っておくことにしようそうしよう。
自然一番怒らせたらいけないのは、やっぱり自然なのかもしれないんだ。荒波が次々と灯台や家を飲み込んでいく映像は、現場にいなくてもその爆風が、ネットの電波からひしひしと伝わってくるんだ。

ハム巣他東京ムツゴロウ動物王国(東京都あきる野市)で飼育されていた蛇に、生き餌としてハムスターを与えたところ、食べるどころか仲良くなっちゃったとかいうニュースが伝えられたのは昨年の夏頃のお話。

 その後昨年11月にムツゴロウ動物王国は閉園になっちゃって、ほとんどの動物たちが北海道へ移転することとなったわけだけれども、この二匹、どうなっちゃったのかちょっと気がかりになりはじめたんだ。
深海以下そこはもう、深海なもんだから、環境に対応するべく、手足がこんなにほそーくながーくのびちゃって、干して食べるスルメイカとはちょっと形状が違うみたいなんだ。細くながーくなりたいのなら、深海に住むという選択肢、あるかもしれないんだ。

景色約30秒間、画面の中を無秩序に動き回る赤い玉を目で追ってみるといいんだ。そうすることで見えない何かが見えてくるかもしれないんだ。今日はお彼岸なので、いろんなところでいろんな霊が降臨しているわけで、既に数人とすれ違ったりしたお友達も多いんじゃないかと思うんだけれども、まだ見てないお友達の場合には、この画面の中で遭遇することになると思うんだ。心臓の弱い人や精神が弱まっているおともだちは見ないほうが身の為なんだ。
ムカデYOUTUBEの解説にはよると、このムカデは北アメリカに生息する、Scolopendra polymorpha(テキサスタイガー センチピード)の仲間なのだそうで、大きめの奴が親、白くてちいさいじわじわしている奴が子ども。で、親子で一緒に食卓を囲んでいるわけで、本日のディナーはゴキブリ君ということなわけだね。ゴキブリが嫌いな人はムカデと仲良くなるといいことあると思うんだ。パルモはどっちも好きすぎて選べないけどもね。
tokuige豚以外でもおだてるとその気になってくれてぶいぶい言わせてくれちゃうわけなんだ、ツキノワグマの場合でも。このクマさんは「すごーい」って言葉に反応しちゃうわけなんだけど、褒めて伸ばす、「ゆとり教育」は動物レベルだったのならば大変よかったのかもしれないんだ。

踊る動物総集編

2008年03月19日 ι コメント(4) ι 動画 ι 動物・鳥類 ι #
踊る動物たちだって、うれしいときや悲しいとき、びっくりしたり、びっくりさせられちゃったらもう、いろんな流派で踊りに踊れちゃうらしいんだ。もちろん一番踊れちゃうのは「きゅうあい」するときとベッドの中だったりするのは各生物共通のはずなんだし、君の家のおかあさんやおとうさんも多分そうなはずなんだ。
キャンプキャンプファイアーをしていると、結構頻繁に目撃することができる、炎からぼうっと浮かび上がって、その場にとどまったり足早に飛び去ったりするこの未確認物体は、一部「ファイアーエンジェル(火の妖精)」として認知されているそうなんだ。火のないところに煙とファイアーエンジェルは立たないって言われているくらいなんだ、いや誰も言ってないけどなんとなくだけど。
NYなんでもあの、2001年9月11日、アメリカの同時多発テロが起きる直前に、ターゲットとなった貿易センタービルを、空中よりヘリで撮影していたカップルが偶然見てしまったUFOだそうで、宇宙人はなにかを知っていたかのようなんだ。宇宙人には何でもお見通しなので、防犯カメラ以外にも気を配らなきゃならないのが現代人の役目なんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク