えmき白昼堂々、メキシコの動物園の動物の中に紛れ込んでいた一体のちっこいエイリアンのような生物。宇宙からはるばる観光に来てたとでも言うのだろうか?

スポンサードリンク
恐怖 ポーランドとスロバキア国境沿いにあるタトラ山脈はウィンタースポーツのメッカでもあるわけなんだけれども、ここを走っているケーブルカー、この日は暴風が吹き荒れすんごい風でぐらんぐらんゆれているわけなんだ。高所でぐらんぐらんとか船酔い以上に気持ち悪くそしてまた恐怖でもあるわけなんだ。

スポンサードリンク
ぐれ 市販されているガスガン、「M79ソウドオフ」を元に、それをハンドガン式のグレネードランチャーに改造した人がいたそうなんだ。ぽってりした形状が、ラピュタのバズーが使ってたランチャー銃っぽくてかっこいいんだ。

魚を狩る豚(中国)

2009年01月17日 ι コメント(5) ι 知る ι 動物・鳥類 ι #
魚

 中国の鎮平、Dahangou村で、魚を狩る豚の存在が確認されたそうなんだ。この豚、漢さんが飼っている豚なのだそうで、漢さんが金魚を養殖して売りに出そうと家の敷地内に小さい池を作ったんだけども、金魚の相場が暴落しこれじゃ儲からないやと落胆していた所、一匹の熱狂的なカスタマーが出現。それがこの豚さんだったそうで、放し飼いにされているこの豚、おなかがすくとこの池に行き、上手に金魚を捕まえてはパクリと食べているのだそうで、これんは漢さんもびっくり。

 

ひがウールマークでおなじみの羊の毛は、当然羊さんから摂取した毛により作られているもので、昔はバリカンのようなものでガリガリ剃っていたんだけども、最近ではなんと「脱がす」時代へ突入していたようなんだ。この新しい毛刈りは、日本の醤油メーカーが開発した羊に害のない溶剤により成り立っているそうなんだ。

kintore打倒マジンガーZを目指す、キントレロボット、キントレーZのキントレ風景がクリエイターズマーケットVol.19で公開されたようなんだ。見てる子どもとかに若干トラウマを与えるキントレ風景だったみたいなんだ。再生が始まって50秒後ぐらいから異変がおきるんだ。

すたとれ

 地球に点在している宇宙人待望のクリンゴン語表記のキーボードが絶賛発売中なんだそうだ。クリンゴン語とは、SFテレビドラマ『スター・トレック』シリーズに登場する宇宙人、クリンゴン人が使用する言語なんだけど、すごく完成度の高い人工言語で、地球にお住まいの宇宙人(熱心なスタートレックファンか言語マニア、クリンゴニストとも言う)の間では、クリンゴン語で会話している人もいるそうなんだ。ちなみにgoogleでは表示言語としてクリンゴン語を選択できるんだそうだよ。日本でも、ネットで学べるクリンゴン語講座があるから、興味のある人は勉強してみるといいかもしれないんだ。

スキー かなり高所からスキーで大ジャンプを決めた後、あとはムササビスーツで落下するとかいうスーパーエクストリームスポーツ。生命保険とか降りなさそうなぐらいまさに崖っぷちの神業なんだ。

税金 それは郵便局に届いた1通の手紙から始まったみたいなんだ。猫のサミーちゃんはアメリカ、アラバマ州の小さい町の郵便局に何年も前から住み着いていたようで、郵便局の窓辺に座って日向ぼっこをしたり、窓口でみんながお手紙や荷物を出すのをじっと見てたりしていたんだけれども、あまり猫のことを好きでない郵便局の利用者の一人が、郵便局に苦情投書を送ったんだ。

 「郵便局は連邦政府の建物です。連邦税を払わずその建物に居座るのは法律違反です。」と。この苦情を受けて郵便局側はサミーちゃんを建物の中に入れないようにしたんだけれど、これにはサミーちゃんファンの地元住民たちが猛反発。

掃除機床に散らかっているヒマワリの種的なものは、全自動で吸い取ってくれる模様です。しかもゴミ捨ていらずとかいう画期的なこの掃除機、難点はヒマワリの種的なものじゃないと吸い取ってくれないことぐらいでしょうか。

職命知らずの冒険家として知られるベア・グリルズ(英国陸軍特殊部隊の元隊員)がディスカバリーチャンネルで無謀とも言える冒険を繰り返しているのはおともだちのみんなも知っていると思うけど。この映像はベアが世界中で見せてくれた生存術の基本「食」にこだわった総集編なのだそうだよ。第1シーズンから第3シーズン終了までの合計 21話から、テーマ別に食事シーンのみを厳選した映像なのだそうで、ゲテモノ食いのオンパレードが続く内容となっているんだ。

aryze

 イギリスのウェブサイト、テレグラフが伝えたところによると、アルゼンチンのLa PampaにあるMacachin空港にて大きさ80センチほどの飛行性哺乳生物がアマチュアカメラマン、ファビアン・ロマーノによって撮影されたそうで、これがその画像なわけなのですが、やはりいろいろ物議をかもしだしている模様なんだ。

 

tairyou「一人ひとりの力は小さくても、みんなで力を合わせば自分より強い相手にもきっと勝てるんだ」とか「たった一人によってたかって集団でいじめることはよくないことですよ」という話もあるわけだけれども、そんな人間界のたわごとも、自然界の弱肉強食の世界においては、食うか食われるかだけがすべてであり、隙があったら狙われて、おなかがすいてたら狙われるわけで、うわっつらの正義感とかどうでもよくて、生き残る為に戦わなきゃならないってことなんだ。

にわとり 中国の福清省、Anqian村の民家で飼っている犬に3匹の子犬が産まれたそうなんだ。それを見ていたニワトリのメスが、この犬たちがいる犬小屋の中に入り、それからずっとこの犬小屋から離れなくなったのだそうだ。どんなに追い出そうとしてもまたその犬小屋に戻ってきてしまうのだという。

 どうやらこのメンドリ、生まれたばかりの子犬たちの母親になりたかったようで、母犬が子犬におっぱいをあげている時だけ外出し、それ以外はずっとこの小屋で子犬たちの世話をしているんだとか。

 知らない人が犬小屋を訪れると、けたたましく鳴きあっちに行けというそぶりもみせるそうで、自分の子どもがいないメンドリは、子犬を産んだ母親をうらやましく重い、この子犬たちを自分の子どもにしたかったんじゃないかと、この民家の人は話しているそうだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク