いの パルモの場合にも北関東連合なので、イノシシなんかはたまーに遭遇したりぼたん鍋としてファミリアだったりするんだけれど、今月2日、水戸市成沢町の山林で体重140キロ、体長約2メートルの巨大イノシシが駆除されたそうなんだ。

 どれくらいでかいかというと・・・
スポンサードリンク
ラフレシア 1991年3月に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画、「F91」に出てくる、クロスボーン・バンガードの最高司令官カロッゾ・ロナ大将の研究課題である「ラフレシア・プロジェクト」の遂行の為に開発された試作型MA、「ラフレシア」を100分の一スケールで作ってくれたおにいさんがいたみたいなんだ。100分の一とはいえ、本物は 全長37.5メートルもあるわけだから、それなりにでかいわけなんだけど、完成度の高さには驚くべきものがあるんだ。また欲しくても手に入らないものがひとつ増えちゃったわけなんだ。
スポンサードリンク
土着 太古の昔から、アジアやアフリカには、川や森、あるいは山を神として敬い奉る、あるいは畏れるという土着信仰が根付いていたという。誰かが誰かを支配するために、大義名分としてつくられたのが土着信仰だと言うものもあれば、外界との交わりのない集落において発生する集団睡眠が発展したようなものだとも言われている。

 数字の付いた掲示板のオカルト板に集まった、土着信仰の怖い話がニコニコ動画に掲載されていたので見てみることにしようそうしよう。
マダガスカル

 ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区はマダガスカルの西部にある自然保護、景観保護を目的とした保護地域。ツィンギとは、マダガスカル語で「先の尖った」という意味で、剃刀のような尖った岩が多数並ぶ特異な景観が752kmにも渡り広がっている。この岩山は、石灰岩のカルスト台地が数万年かけて侵食され、形成したものと考えられているんだそうだ。

 まるで宇宙からの侵略者に対して常に牙を向けている、地球の番人みたいだね。
あやしい 怪鳥ロプロスはバビルの塔の番人をしていたことでも知られているけれど、実在する怪鳥は結構いるみたいなんだ。

 その怪しいたたずまいから目を離したくないようなそうでもないような、世界を代表する5種の怪鳥さんたちだそうだよ。この場合の怪鳥は怪しい魅力を持つという意味だからそこんところよろしくなんだぜ。
中に

 神奈川県鎌倉市にある、みやげ屋さん「山海堂」のWEBショップには、中二魂にキーンと響く、世界の武器が盛りだくさんにそろっているんだ。ソード・ダガー・アックス・アーマーはもちろん、日本刀や手裏剣などなど、ちょっとしたお飾り程度のものから、精密度の高いレプリカまで、1000円から10万ぐらいまでと幅広い価格帯で販売中なんだとか。
arukari 遺体の処理もエコロジーな時代が到来したみたいなんだ。リサイクルダンボール製のひつぎや、土壌に染み出す防腐剤を使用しないなど、環境に配慮した埋葬方法に注目が集まる中、米ペンシルべニア州ピッツバーグの葬儀会社が、遺体をアルカリ加水分解するサービスの開始を計画しているという。
すずめばち 静岡県藤枝市には、クロスズメバチをふんだんに使った炊き込みご飯が存在するという。そこには成虫だけでなく幼虫も一緒に混ぜ込まれていて、ロイヤルゼリー的な意味でも栄養価は申し分なさすぎなんだそうだ。
mori 童話やアニメの世界の中なら、牧歌的でほのぼのとした光景なんだけども、リアルでこの場に遭遇したらしゃれにならないホラー映画になってしまいそうな予感すらする、公園を占拠しているクマさんたちの風景だよ。

 クマさんたちも公園の遊具が大好きみたいだね。仲間に入ろうなんて思ったらその時点で人生終了になる可能性があるわけだから、お子様たちには早期教育で、クマのプーさんやテディーベアなんかを与えながらも、クマさんたちの捕食シーンも見せておいたほうがいいかもしれないね。
最高速

 F-4戦闘機(ファントムII)のものと同じエンジンを2基搭載し、時速時速1228km(マッハ1.001)を記録、1997年10月に世界で初めて音速を超えた車「Thrust SSC(スラストSSC)」を開発したイギリスの会社「SSC Programme Ltd」が次なる野望にのりだしたんだ。

 今回開発中の車は「BLOODHOUND SSC」という名前で、時速1000マイル(時速1610km:マッハ1.313)以上に挑戦するという。
はしら そのお兄さんは、公園にてトランプを投げて野菜を切るという技に挑戦していたという。自らの姿を撮影していたその映像に映りこんでいたのは、誰もいないはずの柱の影からにゅるりと伸びた怪しい手だったのだというのだ。
UFO 今にはじまったことじゃないんだけれど、UFOがよく出没することで知られている中南米で、またしても大規模なUFO群の目撃事件が相次ぎ、ちょっとしたお祭り騒ぎになっているんだそうだ。今回の目撃情報は、アルゼンチン・チリ・ペルーにも及び、同一のUFO群が南アメリカ大陸を横断したのではないかとも推測されているという。

 中でもアルゼンチンのサルタでは、11月27日、激しい猛暑の中(南半球なので今は初夏)、街の上空をUFO群が飛来、発電所の上を通過したそうで、その後町全体が停電、更には電話回線まで止まるという事件があったそうで、この時にUFOを見たという人は大多数に及んだという。
ハイパワー 掃除機みたいなチューブかよと思いきや、これが結構威力が高いらしく、575fps、3500-4000rpm、0.20Gラウンドということなんだ、意味わかんなかったけど。で、実際に試してみた結果、ペプシのアルミ缶はこんな具合になったみたいだよ。
b2069da3

 世界の毛虫やイモムシたちを集めてつくった画像スライドショーだそうだよ。毛虫はもふもふしてるし、イモムシさんはぷにゅぷにゅしてるし、ついうっかり触ってしまいたくなるんだけれど、触ると痒くなったりブツブツができたりして病院のお世話にならなきゃならなくなるから、かわいくても触らないようにしようね。パルモとのお約束だよ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク