宇宙人 これまでに起きている宇宙人と地球人との関わりを特集した1989年の番組、土曜スーパースペシャルよりスペースシャトル、ディスカバリー号からの謎の交信を検証する映像。どうやら地球は宇宙人によって完全に監視されている気配むんむんなんだ。
スポンサードリンク
ジンバブエ ジンバブエのミッドランド州、マボレニ(Maboleni)という村で、ヤギから人間のような生物が生まれ、人々を驚愕させていたみたようだ

 生まれてから数時間後にこの生物は死んでしまったそうだが、このクリーチャーは頭、顔、鼻、口、首、肩および皮膚の感じは人間そっくりで、足と尻尾はヤギにそっくりだったという。ところが科学的な調査を行う前に、迷信的なものを信じる村人たちによって焼かれてしまった。

 これが生後まもなく撮影された写真なのだけれど・・・(人間っぽいところがあるので観覧には注意が必要だよ)
スポンサードリンク
飛び出す 臨場感溢れる、飛び出す写真をフォトショなどの画像処理ソフトを利用して作ったもの。写真や映像から何かが本当に飛び出してくる時代とかくればとってもトレビアンなのにね。
でかい 通常の卵の2倍はあるというでかい卵。奇妙すぎるので割ってみたところ、そこに入っていたものは・・・
邪気眼 永遠の中二なお友だちの場合にはこれを「邪気眼」というのかもしれないが、トカゲ類や魚類・両生類などには、頭蓋の頂点に「第3の目」を持つものがあり、これは「頭頂眼」と呼ばれているんだけども、ワイアードビジョンの伝えたところによると、この「頭頂眼」の役割が判明したのだそうだ。
カササギ パイルダーオンするのはマジンガーZなんだけど、この場合カササギたちはグライダーオンっていった感じなんだ。カラスの仲間である彼らはやはり知恵もの。頭が良くて好奇心旺盛。これはこういう遊びを楽しんでいるのか、ハンググライダーを敵認識し攻撃を加えているのか、人間をからかっているのか、その辺はちょっとカササギに聞いてみないことにはわからないかも。
頭 なにやらなにやら、生首楽器のテスト工場があったみたいなんだ。頭がスカスカな方がいい音がするのか、たっぷりのほうがいい音がするのか、そこんところを見分けているのかどうかはわからないままなんだ。
都市伝説 人里はなれた山奥の村。その入り口には「この先、日本国憲法通じません」と書かれた奇妙な看板が。この村に入り込んだ部外者は生きては帰れないという。そんな「彼岸島」のような都市伝説を持つ「犬鳴村」の世界へようこそって感じなんだ。
リアル

 まるでおとぎばなしにでてきそうな、キノコや煙突のような形の奇岩が林立し、巨岩がそびえるリアルファンタジーな風景は、トルコの首都アンカラの南東にあるアナトリア高原の火山によってできた奇岩が立ち並ぶ「カッバドキア」の大地。
新種 全部で12種あるという新種生物を発見していくゲームなんだそうだ。操作は、ブロックをマウスで配置していくだけ。時間がたてば生物が誕生するブロックがあるので、ソレを利用しながら新種をコンプリートしていこうそうしよう。
鳩山 宇宙人を科学するカラパイアとしては無視するわけにはいかない案件なわけで、米メディアでも、鳩山由紀夫代表の妻・幸さんの宇宙への友愛っぷりは報道されていたみたいなんだ。
よろいもぐら ヨロイモグラゴキブリは、オーストラリア、クイーンズランド原産の体長は10センチ以上にもなることがあるという世界最大級のゴキブリ。

 日本のチャバネーズみたいに、カサカサ動かないし飛ばないもんだから、愛玩ペットとしてかわいがられているみたいで、で、この子の場合には、レーシングカーとして調教を施されているみたいなんだ。
ネズミ 二匹のネズミたちが見合って見合って固まって、先に動いたほうが負けっぽい感じの面白勝負を展開中なんだ。まるであわせ鏡のようだね。
うそ 犯罪捜査において、取調べきわめて重要。容疑者の言葉は嘘か真か? 圧力をかけすぎると嘘の自白をするし、真実を暴かなければ容疑者は野放しになってしまう。「人間は嘘をつく生き物である」という事実を踏まえながら、容疑者たちに真実を話させる最新のテクニックが様々な事例と共にドキュメントされている報道番組がこれなんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク