hagetaka 鷹に協力してもらい、カメラを装着してもらって、鷹目線で空の旅を楽しめちゃうそんな映像なんだ。

 夢にまで見た大きな飛行生物の背中に乗って、空を自由に飛び回りながら見下ろす景色ってこんな風に見えるんだね。

スポンサードリンク
sinjuku

 デジタルスチールカメラを使って1年以上撮影しつづけた東京、新宿の風景を早回しで編集したものなんだそうだ。
 
 新宿がこんなにも幻想的でRPGっぽかったなんて大発見。いつもは近すぎてよく見えないものも、遠くから時間をかけてじっくり見ることで初めてわかる何かがきっとあるんだね。
スポンサードリンク
もすまん 日本では「ヒトガタ/ニンゲン」に関しての都市伝説が有名だけど、アメリカの場合には、1966年ごろアメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を脅かした謎の未確認動物「モスマン」の噂がまことしやかにささやかれているんだ。

 宇宙人のペットであるとの説もあるモスマンは、体長は2メートルほど、黒い毛、もしくは羽毛で全身が覆われており、まさにモス(蛾)っぽい人間なんだ。腕の代わりに蛾の羽を持っているのも特徴。

 そんなモスマンらしき物体を、車を走行中に見かけてしまった映像があったので紹介してみることにするよ。
食用 絶滅危惧種であるにもかかわらず、地元ではいまだにおいしくいただかれているという12の食材生物なんだそうだ。当然日本のアレなんかも含まれちゃっているわけなんだ。
きゅうけつき 19世紀、ルーマニアのトランシルバニア地方で製造され、実際に使用されていたという吸血鬼退治セット。これがeBAYオークションに出品されていたそうなんだ。
あし 両手をぶんぶん振り回しながら、「親分てぇへんだ!てぇへんだ!」みたいに大急ぎで転げ落ちるようにして走る蜘蛛の生存が確認されたそうなんだ。

 この蜘蛛がいったいどこの誰なのか、例のように虫マイスターのおともだちの報告を待つのみなんだ。

 早速虫博士のおともだちからの報告をいただいたよ。相変わらずおともだちの博識っぷりにはびっくりなわけなんだ。

 この蜘蛛は、シロアシダカグモだそうで、別名「コロコログモ」とも呼ばれているんだそうだ。天敵から逃げるときにコロコロするからこの名前がついたそうで、砂漠では走って逃げるより転がるほうが早いとのことで、そのスピードは1秒間に40回転以上なんだそうだ。

つめ

 おいおいそれは積みすぎだろうとか、それにそれを乗せるのはありなのか?ってことで歩くことから乗り物に乗ることを覚えた人類たちが、究極のワザとおおざっぱな精神で荷物を運ぶどえらい光景。
 
園内 冬の間は体力づくりもかねて、動物園内をみんなで徘徊するのが日課であるキングペンギン。そしてペンギンの行列を興味深く見守っているのは、白と黒のコントラストが若干他人じゃないっぽいシマウマたち。

 ドイツのミュンヘン動物園内での光景だよ。

とう 東京都あきる野市にある大澄山のハイキングコースをすこしそれた場所に、不気味なたたずまいの怪しい塔があるという。

 それはまるで、何かの霊を封印してあるかのような慰霊塔のようなものなのだそうで、そこに近づくと、獣の遠吠えのような音がどこからともなく聞こえてきて、昔はあったはずの扉は取り除かれており、その扉ノガラスはすべて何者かによって壊されていたのだという。誰が、何の目的で、この地に塔を建てたのか?非常に興味を持ってしまった人が、その塔を観察しに行った映像がこれなんだそうだ。BGMのチョイスがかなり映像を盛り上げちゃってくれているんだ。
tesura

 テスラコイル(Tesla Coil)とは高周波、高電圧を発生させることの出来る特殊な変圧器のことで、天才発明家、ニコラテスラが発明したものなんだ。

 超高電圧を発生することができるため、幻想的なコロナ放電を作ることができるのだそうで、海外ではパフォーマンスとして使用されることも多く、映画「ターミネーター2」では実際にテスラコイルが使われていたそうなんだ。

 そんな美しい放電の描く、ピリピリショックな美しい画像がたくさんあったので紹介することにするよ。見ているだけで感電しそうなイナズマショックなんだ。

polor ドイツのベルリン動物園にて、ちょうど時刻は餌の時間のそのタイミングで、ホッキョクグマがいるブースの柵を乗り越えクマたちに近づこうとした女性(32)が、ホッキョクグマに襲われあわや大惨事となる事件が発生したそうなんだ。
tyo おまわりさんという名の人々は、世界各地で国民の平和と安全を守るため、日々がんばっているわけなんだけれども、そこはほら、公僕なだけに、ちょっとした油断をも見逃してもらえないのが気の毒な部分でもあるわけなんだ。

きけん 火遊びがとっても危険なのは、お父さんの浮気がばれたお母さんの形相を見ればきっとわかると思うんだけど、子どもには禁止しておきながら、大人の火遊びに関しての情熱はめらめらと燃える炎のごとくなんだ。

 てことで世界最大のボンファイアー(篝火)を作り上げた大人たちの危険な火遊びを見てみることにしようそうしよう。

猛獣 アルゼンチンのブエノスアイレスにほど近いところにある「ルーハン動物園」は、世界一危険な動物園として注目を集めているんだそうだ。

 その理由とは、まず50ドル(約5千円)を支払い「なにがあってもすべては自己責任で、動物園側に責任追及をしません」という署名にサインしさえすれば、誰でも猛獣たちがいるブースに入ることが許され、そこでライオンに乗ったり、トラの頭をなでたり、クマを抱きしめたり、チーターに餌をあげたりできるんだそうだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク