おれにさわんなご機嫌ななめだったのでしょう。馬の耳に念仏でも入れられたのでしょう、プロレスファンでもあったのでしょう。華麗にバックドロップを決め、騎乗士を振り落としながらの押しつぶしなわけなのです。

スポンサードリンク
味が想像つかない宮城県は仙台市にある「柳屋」というお店の名物ラーメン「レアチーズ納豆キムチラーメン」は、発酵食材を3つも使ったまさに発酵バトルロワイアル、もやしもん的に言えば、どんだけかもされているんだよと言えるシロモノなんだけど、それを試食してきた人のレポートだよ。食品の値段が上がっているこのご時勢にとっては、とってもセレブで贅沢なラーメンだよね。

スポンサードリンク
くるしいのぅ

 ドイツのメイン川にて、ぷかぷかなにやら浮かんでいるサッカーボールと一体化した物体を発見した警察パトロール隊。良く見てみると、それは巨大ナマズだったようで、このナマズ、サッカーボールを食べようと思って口にくわえたものの、そのまま息ができなくなってしまった模様。死因は窒息死だそうです。

 あまりうまそうな色のサッカーボールではありませんが、巨大ナマズさんにとっては、今まで見たこともないごちそうに見えてしまったのでしょうそうでしょう。ちなみに警察官はこんな奇妙な光景を見るのは30年ぶりだと言っているそうです。30年前に何があったかとっても知りたいです。
うるうるきこう東京おもちゃショー2008で展示されていた巨大なウルトラマンには実は秘密があったようなんだ。遠目にはなんかごっつい感じのウルトラマンなのだけど、近くでよーくみてみてみると・・・

侵食しちゃうんだから 植物はスローペースながらも、じわじわと確実に大きなものを飲み込んでいくお話は前にしたと思うけれども、東京都江東区でも街路樹がガードレールを飲み込んでいるとして、近所で話題になっているそうなんだ。

 近くには、同じようにガードパイプが幹の中に入ってしまった木が数本あるという。専門家の話では、パイプに接触した部分が肥大成長しただけで、別に異常ではないと言っているそうなんだが、植物が本気だしたら怖いってこと、警告したかったのかもしれないね。植物成分は体にやさしいと信じ込んでいる人の場合には、特に注意が必要なんだってことは、幻覚症状を発するドラッグめいたものは植物から作られていることでもわかっちゃうよね。

う○こ結論から言っちゃうと、少なく見積もっても数百万種、微生物も入れると数千万種、あるいは1億種を超えると言われているそうなんだ。毎年どれくらいの新種の生物が発見されるのかというと、既知の生物とほんのちょっとの違いも含めると、毎年数千種ずつ発見されているのだそうだ。ただし目撃情報はあるけれど実際には未だわからないままという未確認生物の場合には、過去100年で100例くらい、ってことは1年に1つ、目撃されても見つからない未確認生物がいるわけで、その中には宇宙人とか宇宙人レベルのものが含まれている可能性を捨てたらダメなんだ。

捕食飼い猫ならいざしらず、野良として生きていかなければならない猫の場合には、従い自ら狩りをし、捕食するわけで、かわいいだけじゃ生きていけないのが自然界の刹那なんだ。中には狩るだけ狩って、家に持ち帰って「ほら、食えよ」と人間にその獲物をわけてくれる猫もいるけどね、うちの前に飼っていた猫がそうだったんだけどね。気持ちだけもらっておくことにしたけどね。

偽ドラまずはオリジナル、でもってそれが、伝言ゲームのように伝わり、微妙に変化しながら、最終形態になるまでの様子が一目瞭然でわかっちゃう偽ドラえもんの画像集だよ。一度みただけだとか、人づてに聞いたレベルで製品化しちゃうあたりのアグレッシブさはある意味すごいと思うわけなんだ。でもって偽度が高まれば高まるほど、著作権的にはらくらくクリア的な魅力も兼ね備えているわけで、まったく別のキャラクターと思って買う分には問題ないわけだし、むしろ欲しいぐらいなんだ。ドラえもんとは呼ばないにしてもだよ。
半狂乱これを呪いの人形と呼ばずして何を呪いの人形と呼んだらいいのかわからないくらい、薄気味悪い笑い声で半狂乱に踊る人形が存在したみたいなんだ。近所に売っていたらまあ当然買うんだけどもね。

もふもふ小麦粉の値段が高騰している折に、贅沢にも食パンをベッド代わりにうとうとしているこのもふもふした物体は、まぎれもなくひよこさんなわけで、将来本当の意味で、食パンに挟まれてチキンサンドウィッチとなるその日まで、ただいまは、幸せいっぱいで眠ればいいと思うよ。

猫熊本県天草市には、お手紙を首輪につけて運んでくれる猫ちゃんがいるそうなんだ。もともとこの猫ちゃんは、山本さん家で3年前に生まれた「たま」というお名前のねこちゃん。ところが生後半年で行方不明になってしまったそうで、昨年の秋にようやくどこからともなく帰ってきたのだそうだ。

 ところが2年以上もの放浪生活を送っていたわりには「たま」ちゃんの毛並みはつやつや、栄養状態も行き届いていて、あれっと思った山本さんちのおばあちゃん、「たま」ちゃんの首輪に「どなたかこのネコを飼っているんですか」と書いたお手紙を入れた袋をつけておいたそうなんだ。

おばまアメリカの大統領選に立候補するバラク・オバマ氏、選挙権はないのだけれど、福井県小浜市の場合には読み方も「オバマ」。ん?オバマ?いけるんじゃね?ってことで、今小浜市ではオバマグッズを展開中なんだそうなんだ。でもって何でも短縮しちゃうのも日本のお家芸ってことで、オバマのまんじゅうも略して「おばまん」なんか別の物質が混入してそうな気配なんだけれども、アメリカ大統領選でもし勝ち抜けば、小浜市はうはうは、落選したらしょぼしょぼっと、運命共同体になることを決めたからにはがんばって欲しいんだ。

猫威風堂々とした腰かけっぷりでもうびっくりキャットはきっと「ちっ、またカリカリだけかよ」とかなんとか考えているのかもしれないんだ。「すこし、一人にさせてくれないか」と訴えかける表情がまた渋いんだ。

とかげホテルに無銭宿泊を繰り返しているトカゲさんがいるらしくって、その都度ホテルの従業員は、こんな感じで撤去作業を行っているらしいんだ。またすぐ戻ってきちゃうらしいんだけどもね。確かにホテルは涼しいし、贅沢の味をしめちゃうと、多少手荒く扱われてもその代償を払ってもあまりあるホテル暮らしみたいだよ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク