soratobu 現れた場所は、あの有名なUFOのメッカといわれているメキシコあたりなんだけども、そういえば空飛ぶ魔女もいたりなんかしたんだけれども、空飛ぶ馬も未確認ながら確認されていたらしいよ。

スポンサードリンク
sannme

 有名セレブに政治家、動物たちやキャラクターまでをも、目のついた生物すべての目を口に置き換えてしまった場合のデジタルフォトアート画像集。でもって、目が口ほどにモノを言わなかったり、口が3つの方が生きやすかったりした場合には、今後将来、進化の過程において今後生物がこんな形状になってしまうかもしれないという事実はあえて否定はしないけど、宇宙のどこかにこんな生物がすんでいるかもしれないことも否定できないのかもしれないんだ。

スポンサードリンク
hato ポーキーちゃんは嵐の夜にアンディーさん(42歳)の家の玄関でぐんなりしていたそうです。かわいそうにおもったアンディーさんは家に招き入れてあげることに。するとどうでしょう、そのやさしさに心打たれたのかはわからないままに、ポーキーちゃんは人間の男性であるアンディーさんに恋に落ちてしまったらしいのです。

 
オーストラリアカラフルだったりキュートだったり、オーストラリアにはいろいろな種類の蜘蛛さんたちが生息しているんだ。そりゃもう蜘蛛トレーディングカードとかがあったら絶対レアに入る部類の蜘蛛もいるぐらいなんだ。
kuma体長2.4メートル、体重は227キロにも及ぶ大きなグリズリー(熊)のクッキーたちと生涯共に暮らすことを誓ったのは68歳の元学校教師。しかもこの熊たち、訓練された熊ではなく森の熊さん、野生です。一発蹴りを入れられただけでも命を落としかねない危険性や、過去たくさんの人々が熊たちによって引き裂かれ命を失ったことなどものともせず、元先生であるチャーリーは生涯をこの熊に託しちゃったわけなのです。

tai日本には日本古来の妖怪たちがいるように、タイにはタイ古来の妖怪たちが住んでいるようなんだ。別にひょっこり現れても誰も驚かないあたりがとってもファミリアな家族の一員なんだ。で、この映像は何なのかというとタイの電球会社のコマーシャルなんだけどもね。
あおがら
アオガラは、スズメ目シジュウカラ科に分類される鳥類で、ヨーロッパからアフリカ北部にかけて生息しているんだ。で、このアオガラくん、ロンドン(London)の西約65キロにあるFarnboroughのマナーハウス近くの森に設置してある餌箱からピーナッツを食べようと思ったんだけれども、どうやら先客がいたようで、ちょっと退屈だったもんだから小枝ですごい勢いで懸垂してたんだって。アオガラはとっても機敏な鳥で運動神経もとってもいいんだれども日々自主トレを欠かさないあたりがアスリートっぽくてかっこいいよね。餌を食べる順番をきっちり守っているあたりも紳士だよね。

【The get-fit blue tit who practises chin-ups between flights】
kimyouちょっぴり奇妙なんだけどすんごくキュート、その姿で世にでてきてくれてありがとう、どこかであったらギュってしてあげたけなく奇妙かわいい動物たち25匹のスライドショー


amoariハグ&キスが人間にとっての最高の愛情表現なのならば、愛する人間外生物にも、人間式流儀で愛情を表現してみたいそんなアニマルキッス。今日も今日とて、世界中のどこかで誰かが動物たちに熱い抱擁をしてみたりキスしてみたりしているわけですが、時と相手によっては手痛いしっぺ返しが帰ってくる場合もあるわけなのです、人間って意味わかんねーとか思われながらも。
蛍光猫 韓国の科学技術省は12月12日、同国の科学者が、暗闇で光るクローン猫を作り出したことを明らかにした。

 韓国、キョンサン国立大学の動物クローン専門家コン・イルグン氏率いる研究チームが、トルコ・アンゴラ種の猫の皮膚組織の赤色蛍光タンパク質(RFP)を操作して作り出した。RFPは、細胞のマーキングなど、人間の遺伝病治療に活用できる可能性を持つ。
haikyo廃墟の病院は、ずっと人の生と死を見つめ続けて、自らも傷つき、侵食されながらも、かつてここにいた人々の希望と絶望を背負いながら、地球内小宇宙を築き上げている。言語『English』を選んだら『Begin』で入場。不思議なコスモの世界をクリックひとつで探索してみようそうしよう。前画面に戻るときは、画面左上の赤十字をクリック。イマジネーションを研ぎ澄ませると見えてくる、今目の前に広がる廃墟な風景の中にうっすら浮かび上がってくる活気に満ち溢れたかつての風景。
liger 腹違いとかそういう問題じゃなく、ライオンのお父さんとトラのお母さんが愛し合って生まれた子供が「ライガー」。身体的な特徴はと言えば、顔形はライオンに近いが、身体には淡い縞があり、オスのライガーだとうっすらたてがみも生えているどっちかというとライオン寄りの動物だ。
ミッキーこの映像は、モンゴルのゴビ砂漠にて研究をしているロンドン動物学会(ZSL)の科学者が偶然にも出くわした、長いお耳のトビネズミの生態を捉えた貴重な映像だそうです。長耳トビネズミはモンゴルと中国をはさんだ砂漠に生息しており、現在は絶滅の危機にある動物認定を受けているそうです。トビネズミの名前どおり、カンガルーのようにぴょんぴょん跳ねをし、体に対しての耳の比率は生物界最大なのだそうです、でか耳なのです。日中は穴を掘って砂の下で直射日光を避けながら、主に虫を主食として生きているそうです。
03
今年もいろいろにいろいろな動物観察をしてきたNational Geographicが選んだ2007年のこれはと思う画像トップ10だそうです。来年もどんどんいろんな新種の生物が発見されたり、人間たちをびっくり仰天驚かせてくれたらそれはそれでなんてったってネイチャーなんだ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク