karahuru

こんなにカラフルな上に、ほとんどの魚はカモフラージュとして体の色を変えることまでできちゃうだなんて、やっぱり魚は食べるものではなく見るものだったんだなーと、魚があまり食べられないパルモは思ったりしてみたもんなんだけど、トロなら食えるよ大量に。
スポンサードリンク
ほっぺた食えるときに食っとくのにゃ的なハムスターの頬袋なのだけれども、いったいどれぐらい詰め込んだのかをまずは普通に撮影し、その後オートリバースでお届けしてくれてる映像なのだけど、別に吐いたわけじゃないんだからね。
スポンサードリンク
トルコトルコのテレビ局の女性レポーターが生中継を行っていたところ、背後に巨大なUFO軍団が現れたそうなんだ。日本のニュースレポートの場合にも、小さくてもいいからたまには現れてくれたっていいんじゃないかと思うんだ。

メガベジ 人口も日本の10倍以上、13億人が住む中国で、食糧難に立ち向かうべく鋭意開発中なのが、通称「メガベジ」、巨大野菜や果物シリーズ。重さ10キロのトマト、長さ25センチの唐辛子、100キロのかぼちゃは既に関東省の栽培農家ですくすくと育っているそうで、栄養価も十分に高いのだそうだ。

 中国では1980年代から積極的にメガベジの開発に取り組んでおり、植物の遺伝子操作の危険性に関しては、人間の遺伝子は植物とは違い突然変異をしないので、健康を害することはないと研究者であるLo Zhigangさんは語っている。

すks非常に希少な特殊能力なわけだけれども、6歳のこの少年の場合にはローラースケートを履いて、体をぺちゃんこにすることができて、そのまま車のしたをくぐることができるみたいなんだ。

都市型東京副都心で始まる今世紀最大のビッグプロジェクト、史上初、駆動式タワーレジデンス、「グラン・ガーディアン・トーキョー」は、自らの意思を持って移動し、テロリストが攻めてきても勝手に駆逐してくれるというすばらしさなんだ。ちなみに2008/5/8未明の地震はこいつの仕業というもっぱらの噂なんだ。

それんれm結構ラフで楽観的な未来予想図を描いていたみたいなんだ、ロシアがソ連だった時代には。モノクロなのは多分塗り絵かなんかだと思うけれど、子どもたちはこんな未来が来ると信じて色づけしていたんだと思うんだ。予想通りの未来なんてつまらないものだから、これはこれでありなんだと思うんだ。

緑色 アメリカのニューオーリンズ州で先週生まれた犬の赤ちゃんは、全身がうっすらグリーンの環境に優しい状態で生まれてきたみたいなんだ。

 他の子犬の赤ちゃんとは若干毛色は異なるものの、健康状態は良好で、元気におっぱいを飲んで育っているのだそうだよ。獣医さんの話によると、母体の胎盤と羊水が混じりあい、たまにこういった毛色の赤ちゃんが生まれてくるのだそうだけれど、成長するに従いこの緑色は取れていくんだって。
おばちゃんシンガポールのオフィスビルのエレベーター内に突如現れたおばあちゃんの霊は、しっかり防犯カメラに捕らえられていたそうなんだ。問題の映像は画面右下のエレベーター内の映像で再生後1:25あたりにひょっこりと現れる。ちなみにこの老婆の霊は中国は上海のフォルクスワーゲンオフィスタワーにも現れたそうなのだが、そのときの映像は残されていないとのこと。この老婆、シンガポールではラッフェルプレイスに住む霊ばあちゃんとして有名なのだそうだ。
へびドイツ西部のオッフェンブルク(Offenburg)で開かれている爬虫(はちゅう)類展に、2つの頭を持つヘビが展示されているのだそうで、そんな蛇の名前は「トムとジェリー」ひとりぼっちでなかよしけんかが楽しめちゃう部分もある蛇さんなんだ。
にきゅきゅう 肉球だけなのになぜか鳴くし、携帯の画面もきれいにしてくれるらしい肉球ストラップは、今旬のパンダ、豚、ウサギの選べる3種類あるのだそうだ。個人的には熊の手、タランチュラの背中なんかを希望するわけなんだ。

【肉球携帯ストラップ】
毛お飼い主が別に、太らせてから食おうと思ったいたわけではなく、おねだりされるがままに与えていた結果こうなってしまった、超えすぎた動物たちの画像ギャラリーなんだ。ここまできちゃうとなかなか元には戻れないあたりが人間ととってもよく似ているんだ。
ベース野球の実況中継中、マスコットキャラクターであるミスターレッドくんの頭が、頭が、頭がぁあああ。

マジ仮IMAXというところが作成したマジカル3Dアドベンチャーだそうだよ。深海に入り込んだ気分を味わってみるのもたまにはいいと思うんだ。忙しい人は1分のトレーラー版を、ずっともぐっていたい人の場合にはフルムービー(50分)をおすすめなのだよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク