みるかいミル貝は日本では寿司・刺身としてなじみの深い生き物なのだけど、一部そのミル貝はカナダなどで養殖されてたりして、その形状がとってもクリーチャーなもんだから、ミル貝は通称「Gooey Duck(グイダック)」という愛称で呼ばれちゃったりしてるぐらい、一部で大人気だったりもしてるわけなんだ。そんなミル貝の魅力に取り付かれたアメリカ人がミル貝の歌なんかを作っちゃったりしてるわけで、ミル貝の市場映像と共に聞いてみるといいと思うよ。ちなみにミル貝はリンやカリウムなどのミネラルをたくさん含んでいて、体にとってもやさしかったり、精力を増強させるのにも役立つっていうのはその形状でなんとなく想像しちゃえるよね。

スポンサードリンク
轢かれたひかれちゃった直後の生々しい形状の、飛び出た内臓付きなアライグマ(RACOON)のぬいぐるみ。内臓はきっちり元にもどせるようにジッパーで内蔵されちゃうとかいう、内臓が内蔵とかいうコジャレた機能だってついてるんだからね。動物のみならず、動物の内臓構成までも勉強になっちゃうすぐれものなんだかもしれないんだからね。
スポンサードリンク
ソ連ロシアのサンタさんは、トナカイさんではなく、どうやらロケットに乗って宇宙からやってくるみたいなんだ。一時期ロシアでは宇宙開発にすごく情熱を燃やしていた時代があったわけで、そんなロシアで育ったこどもたちは、今もきっとサンタさんは宇宙からやってきたほうがかっこいいと思っているに違いないのかもね。
hitoriどんなに一人になりたくても、きみたちの体を住みかにしているミクロレベルの小さい虫たちはいつでもどこでもしがみついていてくれるもんだから、変に孤独を感じたときは、そんな虫たちと話し合ってみたり相談したりするとなかなかいいこと言ってくれるわけはないけれど、一人ぼっちじゃないって素敵なことなんだってことは実感できると思うんだ。
反捕鯨
IFAW(国際動物福祉基金)は、1969年カナダでタテゴトアザラシ商業捕獲に反対する人々によって設立された自然保護団体で、クジラ保護に取り組み始めたのは1979年からと言われているんだ。専用調査船でのクジラ調査、DNA解析を用いた鯨肉市場調査等の科学調査や教育、広報活動等などを行っており、日本での活動は1994年から始まったそうだよ。「Disgusting, isn't it?(うんざりするだろう?そうだろう?)」のキャッチコピーと共に登場したこのポスターは、反捕鯨を目的とした広告で、オーストラリア国内で今年12月にリリースされたものなんだって。
スローロイススローロリス(ピグミースローロリス)はお猿さんの仲間なのだけれども、その動きはゆっくりもごもご、走ったりジャンプすることができないため、野生のロリスは敵から発見されないよう、竹林や森林で動かずひっそりと暮らしているんだそうだよ。主にバナナ、マンゴー、リンゴなどの果物を食べるけど、おやつにはコオロギなどの昆虫もおいしくいただくんだって。ロリスはオランダ語で道化師の意味、日本では昔「ケッカイ」と呼ばれていたそうで、野生のドナルドって感じかな。
劇接写気がつけばそばにいてくれる、きみたちをきっと裏切ることがないであろう、もっとも身近な3種の虫たち「アリ・ハエ・カ」。彼らのことをもっとよく知ることで芽生え始める相思相愛があるはずなんだ。全身部分の画像をクリックしていくと、その部分の激接写画像が右側に表示されるよ。だいぶ慣れてきたのなら、モニターに軽くキスしてもいいんじゃないかと思うんだ。

今日日きょうびに限ったことでなく、生命の歴史は交尾の歴史なわけなので、今日もどこかで動物たちが、昆虫たちが人間たちが、種の保存の掟にのっとったりのっとらなかったりしながら交尾を繰り返していくわけで、子孫繁栄以外の交尾の場合には安全確認をおこたりなく、左右確認さらに目視もしなくちゃだめなんだ。そんなこんなで世間はメリークリスマス。
chenmaiタイの北部、チェンマイにはとっても珍しくってカラフルかわいい毛虫さんが生息しているらしいんだ。これらの画像はカメラマンのムーアさんが現地で撮った虫たちの画像だよ。この毛虫が蝶になったらどんだけカラフルになるのか、地味に落ち着いてしまうのか、そこんところもとっても気になるわけなんだ。
namahousouテイク2に移れないあたりが生放送のつらさなので、そんな生放送中に起こってしまった放送事故的アクシデントは、人間の空気なんか読んでたまるかの動物系が結構多かったりするのが自然の摂理ってやつなんだ。作られたフィクションより偶然起こるノンフィクションの方がドラマティックだったりするのも人生そのものなんだ。
rabbitうさぎは約8日間で、バクテリアなどの力を借りて土に戻っていきました。豚は約16日間を経て、土に戻っていきました。土に戻ったら、その土から草木が芽生え、草木は動物の食料となりそしてまた地面に戻っていくわけで、自然のおりなすリサイクルは、無駄な部分が全然ないんだ。土に戻れなくなった人間が考え出すリサイクルとは根本的に何かが違う。
飼えるカエル大好きなカエラーが、いろんなところからいろんなカエル画像を集めて紹介してくれているサイトだよ。大きいカエルから小さいカエル、カエルのフィギアやカエルアニメまで、風呂の温度が上がっていることに気がつかないでのぼせちゃったカエルのようにずっと見入ってしまうから不思議なカエルの世界なんだ。
netogeネトゲの中毒性の高さと、ネトゲなのかリアルなのかわからなくなりそげなバーチャ生活は、人間のいろんな部分を狂わせていくもんだから、やらない人にはまったく理解できないけれど、やったことのある人には気持ちがわかっちゃったりもする、そんな奇妙な事件が世界中でいろいろ起きているみたい。そんなオンラインゲームが原因で起きた、へんてこりんこな事件トップ6なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク