飼えるカエル大好きなカエラーが、いろんなところからいろんなカエル画像を集めて紹介してくれているサイトだよ。大きいカエルから小さいカエル、カエルのフィギアやカエルアニメまで、風呂の温度が上がっていることに気がつかないでのぼせちゃったカエルのようにずっと見入ってしまうから不思議なカエルの世界なんだ。
スポンサードリンク
netogeネトゲの中毒性の高さと、ネトゲなのかリアルなのかわからなくなりそげなバーチャ生活は、人間のいろんな部分を狂わせていくもんだから、やらない人にはまったく理解できないけれど、やったことのある人には気持ちがわかっちゃったりもする、そんな奇妙な事件が世界中でいろいろ起きているみたい。そんなオンラインゲームが原因で起きた、へんてこりんこな事件トップ6なのです。

スポンサードリンク
エイリアン深海には、まだまだ知られていない未知の生命体がたくさん潜んでいて、まだ発見されていないはずなのに、人間たちが創造し、描き出したエイリアンや映画やゲームのキャラクターたちにちょっと似ていたりするあたりが、懐かしかったりうれしかったりするもんなんだ。


no title ロシア警察は現在、狼に育てられた「狼少年」(推定10歳)を探しているそうだ。この少年は、中部ロシアのKaluga地域の荒野で、狼の群れと一緒に彼らのねぐらいるところを村人たちにより発見され、モスクワの病院に連れてこられたのだが、その一日後に病院から脱走。人間を見ると噛み付いたり吠えたりするそうだ。誰が名づけたのかはわからないが、村人たちは彼の名を「Lyokha」と呼んでいる。
寄生虫 寄生蜂(parasitic wasp)が誕生したのは一億年前ぐらいからと言われているけれど、一万年と2千年前ぐらいのレベルじゃないあたりのキャリアなのでさすが手馴れた作業工程。ものの本には、「すべての昆虫に寄生蜂がいる」と書かれているけれど、そうなると寄生蜂が昆虫界では一番多くなってしまうはずなんだけれども。まったくそうでないあたりが生物界の面白いところでもあるわけなんだ。

mitiGOOGLEの画像検索に出てきた未知の生物だそうなんだけれども、これがいったい何の生物なのか知っている人はいるかな?どこかで見たようなそうでもないような、でもちょっと懐かしいような不思議な雰囲気をかもし出しているんだ。
子猫子猫とフィレットが仲良しけんか。ベット上での対決は、子猫がリードと思いきや、フィレットは布団の中にもぐってひとり作戦会議。子猫の隙を見計らって下の方からうまく脱出できたと思いきや、またしても子猫にホールド。勝負は場外へともつれ込んでいったのでありました。
sika遠くから狙われたらまじ観念するしかないけれど、いつも逃げてばかりだと思ったら大間違いなのです。油断しているところを鹿キック、鹿パンチで猛反撃。草食動物だって繁殖期になれば、もって生まれた防衛本能が炸裂するのです。
korianドイツ人のこの動画の投稿者が韓国に旅行に行った時に市場の水槽の中を泳いでいたというかたむろっていた生物だそうで、投稿者にはこの生物がいったい何なのかわからないままに、エキゾチックな気分を味わったことだけは確かだったみたいなんだ。で、これは何なのか肉食のパルモにもよくわからなかったわけで、うまいのかどうなのか?いったい何者なのか?わかる人がいたら教えてくれるとうれしいんだ。


soratobu 現れた場所は、あの有名なUFOのメッカといわれているメキシコあたりなんだけども、そういえば空飛ぶ魔女もいたりなんかしたんだけれども、空飛ぶ馬も未確認ながら確認されていたらしいよ。

sannme

 有名セレブに政治家、動物たちやキャラクターまでをも、目のついた生物すべての目を口に置き換えてしまった場合のデジタルフォトアート画像集。でもって、目が口ほどにモノを言わなかったり、口が3つの方が生きやすかったりした場合には、今後将来、進化の過程において今後生物がこんな形状になってしまうかもしれないという事実はあえて否定はしないけど、宇宙のどこかにこんな生物がすんでいるかもしれないことも否定できないのかもしれないんだ。

hato ポーキーちゃんは嵐の夜にアンディーさん(42歳)の家の玄関でぐんなりしていたそうです。かわいそうにおもったアンディーさんは家に招き入れてあげることに。するとどうでしょう、そのやさしさに心打たれたのかはわからないままに、ポーキーちゃんは人間の男性であるアンディーさんに恋に落ちてしまったらしいのです。

 
オーストラリアカラフルだったりキュートだったり、オーストラリアにはいろいろな種類の蜘蛛さんたちが生息しているんだ。そりゃもう蜘蛛トレーディングカードとかがあったら絶対レアに入る部類の蜘蛛もいるぐらいなんだ。
kuma体長2.4メートル、体重は227キロにも及ぶ大きなグリズリー(熊)のクッキーたちと生涯共に暮らすことを誓ったのは68歳の元学校教師。しかもこの熊たち、訓練された熊ではなく森の熊さん、野生です。一発蹴りを入れられただけでも命を落としかねない危険性や、過去たくさんの人々が熊たちによって引き裂かれ命を失ったことなどものともせず、元先生であるチャーリーは生涯をこの熊に託しちゃったわけなのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク