イエティ

 インドの新聞によると、日本人登山家らで構成する捜索隊が、ヒマラヤにいるとされる雪男(イエティ)の足跡をネパール・ダウラギリ山群で発見、写真撮影に成功したと報じたそうなんだ。

 捜索隊の高橋好輝隊長によると、捜索隊は今年9月21日〜10月4日までの間に計3例の足跡を発見。いずれも人間の素足のような形で、足の大きさは約20センチくらい。発見現場はミャグディ・マータ(標高6273メートル)から連なる尾根の標高4400〜4700メートル地点。

 足跡はクマやサル、シカなどの動物の形状と異なる上、標高4000メートルまで登ってくることはないことなどを根拠に、「足跡はイエティのものと確信を持っている」高橋氏は語ったそう。

 高橋探検隊は2003年にもヒマラヤでイエティ捜索活動を行っており、その時は足跡のみならず、イエティらしき物体を200メートル離れた場所で目撃しているという。本体の撮影には失敗したが身長は150センチくらいだったとのことで今回こそはイエティ本体を映像に収めたいということで今日も現地でがんばっている。

スポンサードリンク
ちょこぼリアルチョコボのようなインコによる「チョコボのテーマソング」演奏なのだけれども、かなりこの歌が気に入っている様子で、飼い主が桃太郎の歌とかを口笛で歌いだすとブチキレたりするもんだからさらにかわいさ倍増なんだ。最後にきっちりオチまでつけてくれるあたり、そうとうのFFマニアのインコに違いないんだ。

スポンサードリンク
恐怖 ひとりかくれんぼとは、いわゆる都市伝説のひとつで2007年6月頃から各種掲示板やブログなどに方法や体験談が書き込まれたことで一般にも広く知られることとなった恐怖体験ができると評判のひとりあそび。で、この映像はその通り試してみたお姉さんの体験談なのだけれども、実際にやってみたくなっちゃったおともだちの為にそのやり方も掻い摘んでかいておくことにするよそうするよ。

世界記録「お口の中に何匹のゴキブリをいれられるか?」という珍記録で、アメリカにお住まいのトラヴィス・フェスラーさん(35)は、前記録の9匹を大きく上回る11匹で世界記録を樹立したのだそうだよ。

 ゴキブリといっても日本にいるあいつらではなく、羽のない、体がギトギトもしていない、体長7センチ以上あるマダガスカルゴキブリ。ペットとして飼えるゴキブリとしても知られているよね。

 トラヴィスさんは11匹のゴキブリをお口の中に頬張った後カウント開始。見事10秒間耐えることができ、記録を更新したわけなのだけれども、一部のゴキブリさんたちが喉の奥の方にいこうとして結構大変だったらしいよ。

のりこさん つい寝過ごして、降りるべき駅で降りられない経験をしたおともだちも多いと思うんだ。山手線なら一回りすればまた元に戻れるけど、新幹線の場合だとかなり無限の彼方へと運ばれちゃうわけで、っていうかパルモの場合には運ばれちゃったわけで、このグッズの商品化を切に待ち望んでいるわけなんだけれども、今回開発されたこの発明品、コロコロコミックやフジテレビ『近未来予報ツギクル』のアニメーションで人気を博しているピョコタン先生(30歳)が開発してくれた画期的なグッズなんだ。

 その発明品の名は『のり子さん』。電光掲示板が搭載された『のり子さん』をメガネのように装着し、あとはイスに座って眠るだけ。電光掲示板に表示される「○○駅で降ります」という文字を見た人が"きっと起こしてくれるだろう"という発想のもと誕生した他力本願的グッズ。

 実際にテスト走行した動画があるから早速見てみることにしようそうしよう。

harimogura勝手にハイブリッドと勘違いしてしまいご迷惑をおかけしちゃったんだけれども、これらの画像はカモノハシとハリモグラ、それぞれの赤ちゃん時代の画像なんだそうだ。要するに赤ちゃんで最強にかわいいのはハリモグラとカモノハシなんじゃないってことで、でもって赤ちゃん時代はとっても良く似てるよねってことで、そこんところを比較しながら見ていただければ助かるんだ。

日本UFO日本史をディープに勉強していくと、江戸時代にUFOらしき物体と人間が接触したと思われる記述のある書物が数点存在するところにいきつくわけで、この動画に出てくる書物は滝沢馬琴らが奇談・怪談をまとめた「兎園小説」に収録されている『虚舟(うつろふね)の蛮女』と呼ばれるもので、茨城県大洗町の海岸沖に突如現れたUFOっぽい物体に関しての目撃情報を地元の人から集めそれを元に書かれたものなんだそうだ。

 集められた情報によると、その虚舟(うつりおぶね)は鉄でできており、謎の文字が書かれていて箱を持った異国の女性が乗っていたという。さらに固形食物を携帯していたそうで、当時UFOの概念がない人たちが現在のUFOと思われる物体の形状そっくりに描ききっちゃったもんだからもうびっくり仰天。

 その他江戸時代には徳川家康と宇宙人の関係はよく語られているわけで、家康が見たというカッパは実は宇宙人なのではないかだとか、徳川家が江戸幕府を長年に渡り存続できたのも宇宙人との協定があったからだとかまあ噂が噂を呼びまくっているわけだけれども、いつも心に夢とロマンを持ち続けていられる人こそが、まさにこの世の中にとって必要であり求められている人なんじゃないかなって思ったりもするわけなんだ。
tasiaタスマニアデビルは現在タスマニア島のみに生息する絶滅危惧種。元々はオーストラリア大陸全域に生息していたのだけど、1800年頃から入植を始めたヨーロッパ系住民たちは、家禽や家畜を襲う害獣として、また鳴き声や死体を漁る姿を悪魔に例えて忌避していたことと、政府によって奨励金が支給される駆除対象生物となったためにその数が激減。1936年にタスマニアタイガー(フクロオオカミ)が絶滅するとタスマニアデビルを保護する気運が高まり、しかし、同じように駆除対象生物であったフクロオオカミが1939年に絶滅すると、こりゃまずいってんでタスマニアデビルを保護する運動が高まり、1941年に保護法が成立し現在に至っているのだそうだ。

ニュル日本だと青森県以南の日本海に棲息しており、一部新潟の人を除いてはほとんど食べないと言われているクロヌタウナギ(旧名メクラウナギ)の粘液ってすんごい膨張率らしいんだ。ぬるぬるしているウナギの表面をすこし拝借して海水の入ったビーカーにつけてみるとあーら不思議。大量のスライムができあがってしまうわけで、すごくいろいろ遊べそうだけど、どんな臭いがするのかがわからないのでちょっと不安でもあるわけなんだ。

eko石川ホールディングスがお贈りするエコロジー・エンタテイメント。満を持しての発表となった模様です。これはかなりのエコだな。

ライオンライオンさんは、ハングリーじゃないときには無駄に戦ったりはしないわけなんだね。じゃぁ今ハングリーなパルモは誰を襲ってもいいわけなんだね、よくわかんないんだけども。で、猪突猛進なイノシシさんの場合には誰彼かまわずタックルタックル、この波には一応乗っておこうと思うんだ。

mimik ミミック(擬態)って聞くと、ドラクエなんかで、宝箱に変装しているアイツらを思い出すわけだけれども、その名の通りミミックオクトパス(ゼブラオクトパス)は主にインドネシアに生息していて、脅威の擬態能力でウミヘビ、カレイ、ミノカサゴなんかに華麗に変身してくれるんだ。これは天敵から身を守る為なんだけれども、逆に自分で獲物を捕まえたいときには相手を油断させるために他の弱い生き物に化けたりなんかする始末。

 この能力のおかげで最近までミミックオクトパスの存在があまり知られてなかったのだそうで、今日もどこかであたらしい物まね芸を見につけているに違いないんだ。「イソギンチャク、あれちょっと評判悪かったから今度はカサゴいっとく?」みたいにね。
kodomoほぼ1分で走れメロスからはじまりいろんなものがたりが完結に学べちゃうそんな冬休み子ども日常なんだ。日常茶飯事にできているそのできごとこそがものがたりなんだよくわかんないけども。

進化 このたび、イギリスのイングランド地方やウェールズ地方などにある鉱区の土壌から、鉛、亜鉛、砒素、銅などの重金属を好んで食べる“ヘビーメタル・マニア”のミミズが発見されたそうなんだ。

 この“スーパーミミズ”は、新たに進化した種とみられており、有害廃棄物をエサにすることから、汚染された工業用地の浄化に役立つ可能性もあるという。

 新たに見つかったミミズは摂取した金属を若干異なる形に変えてから排泄する。排泄物は元の金属よりも植物が吸い上げやすい形状であり、植物に吸収させた上で刈り取れば土壌を浄化すること(ファイトレメディエーション)も望めるという。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク