ハイブリッド 種違いとは言え、似たもの同士な種族間においては、遺伝子学的にハイブリッドな生物たちが誕生するのは可能なわけで、ハイブリッドを直訳すると「雑種」となるわけで、その多くは、ちょっとした人間の関与で、この世に生まれてきたものたちだ。
スポンサードリンク
どぶねずみ「ドブネズミみたいに、美しくなりたい」とこのおにいさんが思ったのかどうかはわからないままに、家の家具をかじられたり、ウ○コの置き土産をいただいたことで、ネズミ捕獲作戦を開始したところ、そのネズミのかわいさにうっかり情が移ってしまい、じゃあなんならとそのネズミをゲージに入れて買い始めたそんなドブネズミとおにいさんの記録日記なんだ。ネズミ算的に爆発的に増えはしなかったものの、増えたり減ったりして、最終的には一匹もいなくなってしまったところもなんだかせつないんだけれども、もし次がいたのなら、また飼うに違いないそんな愛の形のメモリーなんだ。
スポンサードリンク
黒魔術落札者がないままに終了してしまったので、実際にどうなのかは謎に包まれたままに、黒魔術・マジックポーション5種セットがヤフオクに出品されていたそうなんだ。注意書きに「黒魔術を施術したことによる、いかなる結果につきましても当方では一切の責任を負いかねます。」と書いてあることから、素人が迂闊に黒魔術に手を出すもんじゃないってことが伝わるわけなんだけれども、誰一人この不気味な出品物に質問を出さなかったことも、なんとなくミステリーなわけなんだ。
凶器系雰囲気的には過去に流行ったあの、「赤い部屋」を彷彿とさせるようなそんなつくりなのですが、赤は人の心を狂わせるとも言いますし、とりあえずなんだか呪われちゃったみたいなので、その呪われっぷりを客観的に見てみればいいんだと思います。
遺伝子配合と交配を繰り返して、いろんな花を咲かせていくという、バイオテクノロジーなような遺伝子操作が簡単に行える面白いゲームなんだ。画面を開いたら、「PLAY THIS GAME」をクリックしてゲーム画面へ。右上のメニュー「go to shop」にいくと9種類のお花の種が売っているからそれを適当にクリックして種をまき、別の花にその花をドラッグすることで配合ができるんだ。自動的に配合を繰り返したい場合には「evoly-o-matic」をチェック、そしてその花のDNA構造を見るには、その花を「drag plant here」のところに持っていけばOK。その遺伝子コードをコピーしておくことで、いつでもその花を再現することが可能になるよ。花を増やすには地面をクリック。なんだか不気味で巨大な花ができてしまったのでとりあえずこのジェネシスをコピーしておくことにしたよ。
蛾ハエやダニに寄生されるのは、何も人間や動物たちだけじゃなく、蛾たちでさえも乗っ取られてしまうという。しかも蛾になる前の毛虫段階で占拠されてしまうという悲しい宿命な自然淘汰なわけなんだけれども、いくら「ガ」だとは言え、ファイガとかサンタガの黒魔法が使えるってわけでもなかったんだ。もうこれでもかっていうぐらいに蛾たちが領域侵犯されてしまっている画像が出てくるから覚悟を決めて見るべきなんだと思うよ。ダイエット推奨系かもしれないよ。
きのこのこのこ左側メニューのキノコ名(英語)をクリックするだけで、星空に光り輝くキノコたち。キノコの形状と名称(英語だけども)を学習しながらキノコ博士になってみればいいんだと思うよ。なんとなくキノコの形に親近感を覚える人も、キノコを思い出すだけでアッパーな気分になれる人も、どんな人にもキノコたちは平等に夜空のしたからほほえみかけてくれるんだけれども、ドコモダケとかはまだ存在していなかったようなんだけども、理想のカサの大きさと太さのキノコを探し出している真っ最中なんだ。
たこゾンビ脳みそがぱっくりそのままあらわになっているあたりが、ゾンビの弱点は脳みそなんだなって改めて実感できる、まんざらゾンビ生態を学べなくもないタコゾンビのおもちゃなんだ。まだ未開の深海とかを探せばいなくもなくもなくもないかもしれないかな?
UFO日本政府の場合だと、「UFOの存在自体確認していない」との見解を閣議で決定したばかりなのだけれども、イギリスの場合には、1950年よりUFOプロジェクトと称して、UFOの目撃情報などを国防省が主体となって収集活動を行っていたわけで、中には信憑性の高い目撃情報も多く含まれていたわけで、というか5%を除くほとんどの情報が大変信頼性の高いものだったそうで、それらを一般公開することになったのだそうだ。
bikkuriレコードチャイナというWEBサイトが2007年紹介してきたびっくり人間の中で、特に人気の高かったびっくり人間を10人まとめた年末特集。これはまさに、今アメリカで人気のあるあのHEROSのドラマさながらの能力者揃いでびっくりなんだけれども、本当にこれがダーヴィンの進化論でいうところの種を保存する為の進化だとしたら、彼らは確実に選ばれた人間であるに違いないわけで、ちょっとうらやましいと思いながらも自分にもなんかないか自分内能力探しの旅に出てみたい気もするんだ。
haiburid ネットではちょっと前に話題になったこのヒョウそっくりのハイブリッド猫、テレビでも取り上げられてたようで、猫好きの親戚のおじさんが浮き足だっていたもんだからちょっくら通ります。

カリフォルニア州のバイオテクノロジー企業ライフスタイル・ペッツ社が経済的にも余裕のある猫愛好家をターゲットに世に送り込んだのが、お値段2万2000ドル(約240万円)のヒョウに似せた交配種ハイブリッド猫ちゃん。「アシェラ」と名付けられたこの交配種は、アフリカン・サーバルとアジアン・レパード、飼い猫を交配して作り出されたそうで、ネコアレルギーの原因を抑制したタイプも同時発売、こちらは軽く300万円を超えちゃうそうです。
月月は太古の昔から我々地球人の傍にいてくれて、古い書物にも歌にも漫画にもアニメにも、いろんなシーンで登場してくるなくてはならない存在なわけだけど、そんな月が、「実は自然にできたものではなく、何者かの手で作られた、人工的な物体である。」と、一部の科学者は推測しているそうなんだ。
penguinたち絶対一匹ぐらいはアザラシとかが混じっているから、画像を拡大して探し出してみるそんなウォーリーを探せ的な用途もあったりなかったりしそうな、サウスジョージア島にあるキングペンギンの繁殖地にて繁殖しまくってみた12万羽の親と6万羽のヒナ(茶色)の様子だよ。全部数えられた人の場合にはきっと心安らかな新年が迎えられると思うんだ。
ポーランド悪霊払いをやってくれる祈祷師たちやエクソシストたちは、世界各国にいろいろいるけれども、建物として「悪魔祓いセンター」が建ったのはどうやら世界初らしい、そんなポーランドのPoczernin市。このセンターにはカソリック教会ご推薦の腕利きの50人のエクソシストたちが登録されていて、ここにくればいつでも親身に悪魔祓いやカウンセリングにのってくれるという。特にドイツには悪霊に取り付かれたと思われる人々がたくさんいて、わざわざポーランドに出向いて除霊してもらったりするのだという。でもってこの悪魔祓い、中には精神を病んでしまっていて本当は悪霊の仕業ではない場合もあるのだが、逆に精神を病んでいると思っていたら実は悪霊の仕業だったりする場合もあるので、なんとなく自分に不信感な場合のある人の場合には、是非このポーランドの悪霊払いセンターを訪れてみればいいと思うんだ。日本語のわかる方がいるかどうかはちょっと不明だけど、霊とコンタクトができる人ならば、きっと日本語も理解できるはずなんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク