魚お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓は、中学と高校ともさかなクンと一緒だったそうで、さかなクンの当時の面白いエピソードを語ってくれたんだそうだ。

 「さかな君」は、中学生の時から既に「さかな君」だった。鉛筆、消しゴム、下敷き、何から何まで魚にまつわるものばかり持っていた。それだけでは飽き足らず、授業中に先生に隠れて教科書に魚の絵を描くこともあった。授業中に机の中に手を入れてゴソゴソしているので何をしているのかなと思って見てみると、「フグの剥製をなでていました」。と!

スポンサードリンク
ga人間の生き血を喰らう吸血蛾がロシアのシベリアで発見されたそうなんだ。吸血蛾はホラー映画の中でしか存在しなかったはずなんだけど、進化の過程を経て、いよいよ地球上に現れちゃったわけなんだ。

 この吸血蛾、元々は主に中央・南ヨーロッパに生息している、果物の汁しか食べないベジタリアンな蛾、「Calyptra thalictri」の亜種ではないかと考えられているそうで、若干羽の模様が違うだけでそっくりなんだそうだ。

 最初にこの吸血蛾の存在が確認されたのは同じくロシアで2006年、ヨーロッパ産のこの蛾は、自らの種の保存の為ロシアに遠征、ロシアで生き抜く為の術として、ベジタリアンタイプからバンパイアタイプに変貌したのではと研究者は考えているようだ。

スポンサードリンク
YOUTUBお手手をつないで仲良くおともだちと泳ぐ姿でYOUTUBEの人気者となったバンクーバー水族館のラッコ、Nyacちゃん。彼女は1989年のエクソン・バルディズ重油流出から救出された唯一の生き残りのラッコだったのだけれども、先月26日、永い眠りについたそうなんだ。事故による精神的ショックから立ち直り、1993年には元気な男の子、Kipnukくんを無事出産。バンクーバー水族館の職員やお客さんと仲良く暮らし20年の生涯に幕を下ろしたNyacちゃんの冥福を心よりお祈りしたいんだ。

やせいきつねの嫁入りという話は聞いたことあるかもだけど、これはきつねのトランポリン・インなんだ。今パルモ猛烈につまらないこと言っちゃったかもだけど、民家に迷い込んだ一匹の野ぎつね、野ぎつねコンコン山の中〜、やまのなか〜。って歌も今思い出してみたけれど、で、その野ぎつねさん、庭に設置してあったトランポリンを発見。乗ってみる。なんじゃこれ?でも楽しい。一旦降りる。また乗る。楽しい。を繰り返しプレイしてみたわけなんだ。

surinuke防犯カメラにとらえられていた映像なのだけれども、道路横の歩道を携帯電話で話しながら歩いている一人の女性。その前に立ちはだかるように立っている一人の男性。もし見えているのなら避けて歩くはずなのだけれどもそのまま直進した結果、なんとこの男性の体内をするりと潜り抜けてしまったのだ。この男性、度々この防犯カメラに映りこんでいるようで物議をかもしだしているらしいんだけど、おわかりいただけただろうか?

batta

 ニュージーランドの沖合島に生息する『WETA(ウェタ)』と呼ばれる巨大昆虫はサイズが鳥の雀ぐらいの大きさだそうで、全長10cm以上、体重70gを超えるものも存在するそうだ。特にリトルバリア島に生息している『Wetapunga』は、世界最大クラスの昆虫として知られているそうなんだ。ただ残念なことに、巨大昆虫WETA属は現在絶滅の危機に瀕しているという。ニュージーランドより、WETAの生息している島々に持ち込まれた動物たちのペスト菌などの影響によるものだと言う。

完全図解

 日本の怪獣映画が大好きな海外のおともだちが、集めに集めた怪獣イラストやポスター。その中に含まれているのがこの、完全図解された怪獣解剖図だそうで、怪獣といえどもしっかり臓物は安置されているところにまず安心、ゴジラの脳の小ささにちょっと不安を覚えたりもしたもんなんだ。

kyoubuカエルがもう辛抱たまらんとばかりに、人間の手を相手に本気の威嚇行動を開始。体を膨らませ「シャーシャー」とうなっているわけなんだ。カエルも怒らすと怖いということを肝に銘じておくべきなんだ。

深海9月にサイト上でアンケートを行ったキモグロ深海魚アンケート、投票結果発表だよ。さすが海のクラシアン、老後は深海で余生を暮らしたいおともだちが多かったので納得のいく結果になったんじゃないかな?10位以降はマニアックすぎて知らない名前のお魚さんもいたんだけれど、とりあえず画像と動画を交えながら紹介していくことにしようそうしよう。でもって深海生物じゃないものも含まれているよとのご指摘をいただいたので、キモグロ水棲動物って名前にかえてみたよ。
buroアメリカの大手冷凍野菜食品会社「Cascadian Farm」の冷凍ブロッコリーのパッケージは一味違うらしいんだ。一見普通のブロッコリーの写真がプリントされているように見えるけど、目をこらしてよーく見ると・・・そこには無数の人の顔がちりばめられているとかいうサブリミナルプリント。これにより購買量が上がったのかどうかはわからないままに、発見した瞬間はちょっとだけうれしかったり気持ち悪かったりするしろものなんだ。

toraumaこの人形の笑い方があまりにも不吉すぎて、でもってこのCMにでてくる少女たちの振り向き方があまりにも13日の金曜日すぎて、間違って両親にこの人形をプレゼントしていただけちゃったのならば末代まで祟られそうなのろいの人形として処分することもままならないジレンマに陥りそうなんだ。

semiセミもいなくなったこの時期にこそ、セミに触れ合う機会があっていいんじゃないかそうなんだ。てことで25倍速にしてわずか2分で2匹のセミの脱皮を見てみることにしようそうしよう。なかなかの解像度なのでしっとり楽しめるかも。

enpe すんごい偉そうな威風堂々のおヒゲが、若くてもおじいさんみたいでなんかなんだか愛らしいエンペラータマリンは、ペルー南東端、ボリビア北西部、ブラジル北西部のアマゾンに生息する、体長25センチ弱の絶滅危惧生物。日本でも上野動物園(東京)や日本平動物園(静岡)にいるらしいよ。

 果物が主食なんだけど、おやつに小動物なんかも食べたりなんかするそうで、生後10日くらいまでは子どもはお母さんじゃなくお父さんが面倒を見たりもするらしいとの情報も。

ningyoアメリカテキサス州を襲った巨大台風、ハリケーンアイクが過ぎ去った後、海岸に打ち上げられたと言う人魚形状の謎の物体。発見されるまでに時間が経過した為か、既にミイラ化しているものの誰がどう見ても人魚にしか見えないほど完璧な状態で天日干しされている。そしてその表情は苦痛を帯びており、かなり辛い経験をしたであろうことが予測されるわけで、なんとか救出できなかったのかと思うと胸がちくちく痛むわけなのでありました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク