なまず 

 神奈川県相模原市内を流れる相模川で、全身が黄色のナマズが捕獲され、市立相模川ふれあい科学館へ飼育のため運ばれたそうです。、近くにお住まいの運転手業を営む野沢彰さん(60)が見つけ、コイかと思ってすくい上げたらナマズだったというオチだったそうです。
スポンサードリンク
年齢今の場合には、メルモちゃんに赤いキャンディーと青いキャンディーをもらわなくたって、CG技術を駆使して、自分を若返らせたり年寄りにさせてみたりとかが自由自在なのだそうだ。YOUTUBEにも早回しで一気に年をとってみたり、かとおもえばすとんと若返ったりとかそんな動画がたくさんアップされているよね。この技術があれば、ネット上ではいつでも好きな年齢でいられるんだものだものバーチャはやめられないよね。
スポンサードリンク
ふぁい弱肉強食とか自然淘汰とかそんな運命に身を任せてなんかいられっかとばかりに、既に凶暴化していて、普通にネズミとか食べちゃっているぐらいだから、動物界のヒエラルキーはどんどん変化しているのかもしれないんだ。
謎きつねずみ? 口はブタのようで、目はウサギ、体はキツネっぽい形状のこの謎生物は、中国の江西省宜春市にある動物園で7年間に渡って現在も飼育されているのだそうだ。この謎生物、今から7年前に地元農民が捕獲し、同市林業局野生動物保護ステーションに届けたもの。同局の専門家は、この動物が一体何であるか識別できなかったため、同省林業局専門家に鑑定を依頼。しかしそこでも正体がわからず、この動物の映像を国家林業局に送ってみたものの、やっぱりわからなかったのだそうだ。

 で、またしてもここで鑑定職人さんたちの出番です。この動物に関する情報があれば、教えてくれるとうれしいわけです。人間が作り出したものなのか?はたまた自然が生んだハイブリッド2なのか?続々登場したら面白いんだけれども現在生存が確認できるのはこいつだけらしいんだ。
地球

 ナショナルジオグラフィック(National Geographic)では、毎月何種類かのネイチャーな壁紙を提供し続けてくれているんだ。月ごとに8枚ぐらい配布されているので、お気に入りの一枚がきっとみつかるはずなんだ。
ラーメン風呂大好評につき復活しちゃったらしいんだ。箱根の温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」で、コラーゲンたっぷりのスパイシーなコショウの効いた、とんこつスープのダシにつかってお肌つるつるとかいうラーメン風呂が。麺そっくりの入浴剤も一日3回大将が投入してくれるのだそうで、ちょっぴりチャーシュー、時々メンマ気分で味わってみればいいかと思うんだ。食えないんだけどね。
カエル イギリスで発見されたのは双頭ならず3つ頭、6本足を持つカエルさんなんだそうで、すべての頭、すべての足がきちんと機能しているというからまさに驚きのカエルさんなんだ。地球内生物の秘めたる潜在能力にもうびっくりしたり、平面ガエルのピョン吉さまだってリアルで出現しそうな気配なんだ。

犬 何年か前にも、ブルテリアという犬界では獰猛で知られているブルテリアが、ヤマアラシと対決した結果、無残にも敗れるというニュースをザイーガの方でお伝えしていたんだけれども、今度の犬の場合にも、やはり完敗だったそうなんだ、体中トゲだらけの状態で。

 アメリカのピッツバーグというパルモ先生が5年近く過ごしていた故郷で、先週から見当たらないとして迷子犬の届出がでていた犬のブロッサムちゃんは、体中トゲだらけになって衰弱していた所を動物保護職員に救助されたのだそうで、発見当時は3本足で歩いていたのだそうだ。1時間半に渡る手術の末、今では元気になったということで、小さいからといってヤマアラシをコケにすると大変な目にあうという情報は遺伝子情報として組み込んでおいた方がいいかもしれないんだ。
地球4月22日は地球の日(アースデイ)なんだそうです。団体の人たちは地球環境について考える日にしようという運動をしているのだそうですが、我々の場合には、地球人目線で地球内生命体と未知生物と地球外生命体と自分の存在に思いを馳せてみれば最終的には地球大事にしようと思えてくるんだと思います。そんな考えにぴったりマッチしたテーマソングが、ディスカバリーチャンネルで製作してくれてたみたいなので、じっくりまったりぐるぐるくるくる、地球を内外から眺めてみればちっぽけな悩みはほとんど宇宙のブラックホールに投げ捨てることができるかもしれないよ。我々は自分だけの力で生きてるわけじゃなく、みんな地球に生かされているんだってこと、忘れちゃいけないんだ。
kyodai水深10メートルから100メートルの砂泥の底近くに棲息しているコウイカは、日本じゃ江戸前寿司、天ぷらにはなくてはならないおいしいヤツなんだけれど、外国のヤツはどうみてもエイリアン、しかも巨大だったりして、なかなか愛すべきヤツなんだ。うまかったら食うけどね。
01

 ロシアの軍人さんたちが日本にもほど近い、サハリンの海岸線上で発見してしまった謎の生物。当然干からびてはいたわけなんだけれども、その骨格と歯の形状から言って、魚でもなければワニでもなさそう。
ペーパーてことでDS本体までもペーパーにペーパーを重ねて、ペーパーマリオをプレイしちゃってるそんなペーパーマリオは、なかなか心地よいアニメーションフィルムでもあるわけなんだし、絵が動かせなくたって脳内ではいつでも自由自在に動かせるはずなんだ、きみたちレベルの場合だと。
wanmi

 パルモもリアウインドウの前にはエイリアンのフェイスハガーだの、チェストバスターを搭載しているので、駐車場でいろんな人々に監視されちゃったりしてるわけなのですが、この男の場合には、本物の生きたままのワニを搭載しちゃったもんだから、ぬいぐるみ?では済まされなくて御用となった模様です。ちなみにこの犯人、不審な運転をしていたことから警察にとめられちゃったそうで、調べてみたら強盗事件の容疑者であることも判明。ワニが守ってくれると思ったのか、捕まるぐらいならワニに食べられちゃいたいと思ったのかどうかは不明なままです。
廃墟 廃墟ちゃんねるという、日本の名所な廃墟をまとめたサイトに掲載された画像を元に作り上げられたスライド動画だそうで、廃墟なのに人がいそうなこの気配感ってやつをしっとりたっぷり味わってみればいいんだと思うんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク