しんれい 赤さんが、鏡の前で楽しそうに遊んでいる。この姿を背後から撮影していた親御さん。ひとしきり撮影を終わって再生してみると、鏡に映った赤さんは、別の赤さんだったという・・・

スポンサードリンク
ぽらど 火の玉のようなオレンジ色の発光体が、ポーランドの上空に突如現れ、突如消えていったのだそうです。これがUFOじゃないとしたらいったい!?

スポンサードリンク
まさか ゼリーを流し込むときに、食紅とかでアクセントを加えることによって、よりいっそうの臨場感が味わえるゾンビを産出できるゼラチン用パッド。脳みそ型と併用してお使いいただくと、今夜はどこかで腐食パーティーが楽しめるんだ。

しんかい 深海は文字通り深すぎてなかなかその全貌が現れてこないわけなんだけれども、もしかしたらそんな深海に、宇宙のどこかと繋がっている亜空間があって、そこから流れ出しているんじゃないかと思えるような、想像を絶する生き物たちがわんさかあふれ出しているわけなんだ。

いしづくり

 おちゃめチャッピーな自然の遊び心で、世界各地に点在する積み上げられた巨大石。風化により削られたものもあれば、自然現象によりそうなったものもあるんだろうけど、もしかしたら意図的に、なんらかの意思を持って、そこにつくられたんじゃないかなとも思えるわけなんだ。


くん 噛み付いたり、毒を撒き散らしたり、そんな芸当はしないまでも、悪臭だけで人間を恐怖のどん底に陥れることが可能な殺傷力の高い悪臭を帯びた10の動物たち。

 幸いにも日本では、めったにお目にかかれないやつらばかりなので、予備知識として頭にいれておくといいかもしれないんだ。

ひとり 人間の世界と同じように、動物の世界でも大勢でわいわい楽しくやるのを好むものたちが多く存在しているみたいなんだ。

 ただちょっとわからないことは、三位一体となった場合に、一番下はメスであったと仮定して、2体目がオスだったと仮定して、3体目以降はいったい何を目指しているんだろうってことなんだと思うんだ。

くらげ

 アメリカ、カリフォルニア州にある、Monterey Bay水族館の中のクラゲたち。フワフワと空中を漂っているのを見ると、心の中がセラピーされた気分になれるんだ。
かふか フランツ・カフカの中編小説、「変身」は、ある朝自室のベッドで目覚めると、自分が巨大な毒虫になっていた男の主観を通して人間社会の不条理を描いた有名な作品なんだけれども、その小説の世界観を、シアトルの女性アニメーター キャロライン・リーフが映像化し、Beltesassarの短編アニメーションフェスティバルに出展したものがこれなんだそうだ。
たて メキシコの熱帯雨林地帯、サン・ルイス・ポトシにあるゴロンドリナス洞窟(The Cave of Swallows)は、直径55メートル、深さが約400メートルもある、東京タワーがすっぽりと入ってしまうほどの巨大な穴空間を形成しており、地球最大級のタテ穴洞窟として知られているんだ。

 またこの地は、スカイダイビングのメッカであり、薄暗く下の見えない洞窟に、次から次へとダイバーたちが飛び込んでいくことでも有名なんだ。

 
かい 日本の侵略的外来種ワースト100とは、日本生態学会が定めた、日本の外来種の中でも特に生態系や人間活動への影響が大きい生物のリストなんだ。哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫類、昆虫以外の節足動物、軟体動物、維管束植物、寄生生物に別けられているんだけど、今回はそのうちの哺乳類をお伝えすることにするね。
ketya アメリカ人が、ケチャップに並々ならぬ愛着を注いでいるのは、かつで緑色のケチャップが一斉を風靡したことでもおなじみなんだけど、っていうかフライドポテトにケチャップがないとか悲しんじゃう人たちだからしょうがないんだけど、そんなケチャップをもっとアグレッシブに楽しめるケチャップ用キャップが登場したみたいなんだ。
かわせみ 6歳のときからカワセミを追い続け、その魅力に今もノックダウンされっぱなしだという、フォトグラファー、チャーリー・ハミルトン・ジェームズが、今回カワセミの1年間を綴った写真集を発売したそうで、これらの画像はその画像の一部なんだけど、どれもこれも、カワセミの貴重な決定的瞬間が垣間見られる素晴らしい写真ばかりなんだ。

かめ 泣いて笑って喧嘩するのはど根性ガエルだけじゃないわけで、亀の場合にもひたすら段差のある階段に、果敢にトライ。一時はどうなることかと思ったけど、あきらめたらそこで試合終了だって、亀界の安西先生に教わったんだねきっとそう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク