ロシアロシアの地下水路にはこんなやつだとか、こんな子が潜んでいることは、前にお伝えしたとおりなんだけれども、イマジネーションをぷくぷくさせれば、この地下水路にだって、巨大な謎生物を脳内参上させることができそうなんだそうなんだ。



スポンサードリンク
ピット前にも鳥とやけに和解した感のある、ピットブルの動画を紹介したかとおもうんだけれども、なんと一緒にプールで遊んだりもしたりしちゃうそうなんだ。こいつがいれば、おぼれるものはピットブルをつかめばいいとかいう鳥たちの救助体制も万全なんだ。

スポンサードリンク
蜂築100年のこの家、あるカップルが購入したのはいいんだけれど、すごいおまけがついてきたというか、リビングルームがビービー騒がしいのでちょっと見てみると、そこには大量の蜂が先住民としてぶいぶい言わせていたのでした。てことで、昆虫バスターの人々に蜂の撤退作業をやってもらったところ、約6万匹の蜂が確認されたということで、ハチミツ狙いのクマに出くわす可能性があったりなかったりだったカップルなわけなんだ。

モスクワ運賃がいかほどなのかはわからないままに、ロシアのモスクワの地下鉄ではペットとして飼っているヘビも乗車OKみたいなんだ。でもってうっかり寝てしまうと、隣の人と一緒に乗車してきたヘビに絡みつかれちゃうので、うかうかしてられないわけなんだ。

火星

 フェニックスから送られてくるデータを元にした火星のお天気情報サイトなのだそうだ。ちなみに6月17日本日のお天気はというと、最高気温がマイナス26度、最低気温がマイナス82度ということで、バナナで釘を打つお仕事は今日も順調にはかどりそうだよね。お天気は晴れということで、傘の必要はないみたい。ちなみに四季折々の変化とかはちょっとよくわからないままなんだ。火星移住計画をもくろんでいるお友達の場合には日々チェックしておくことにしようそうしよう。

びやぎサウジアラビアのリアドでは、毎年美人ヤギコンテストが開催されているそうなんだ。今年は6月13日に開催されたそうで、日本のヤギさんとは形相がちと異なるわけだけれども、美の基準は国により異なるわけで、美しさのポイントとしては、顔のでかさと白目の透明度なんだそうで、サウジアラビア的な意味では、これらのヤギさんが美人ヤギさんであることには間違いないようなんだ。ヤギのお乳で育ったパルモとしては、こっちのヤギさんもかなりひかれるものがあるんだ。
コスタリカコスタリカからロンドンへ、輸送中のバナナと一緒に運ばれてきたものは、なんと全長12センチもの巨大なエレファントビートルだったそうなんだ。これからはバナナを食べるときは要チェックなのかもしれないんだ。熱帯雨林地方にしか存在しない昆虫たちがひょっこりと顔を出してくれるかもしれないんだ。

ナさNASAの宇宙ステーションの中を社会科見学できるNASAのインタラクティブサイトなんだ。宇宙ステーションのクルーたちの生活っぷりや、宇宙ステーションの役割、そして画面右下のISSをクリックすると、宇宙ステーションの内部構造が360度パノラマビジョンで覗き見ることができるんだ。

猫

 中国の烟台市にお住まいのソン・スウジュンさんのお宅で飼われている猫がこの程4匹の子猫を産んだそうなのです。ところがびっくり、数えてみると1匹多い上にどことなく毛色が違う。よくよく見てみるとそれはネズミだったそうで、現在計5匹を、スウジュンさんのお宅の母猫は育児中なのだそうです。

 このネズミ、4週間前に母猫が子猫を産んだときから既に紛れ込んでいたらしく、そのまま違和感を抱くことなく、子猫たちは自分の兄弟のようにこのネズミと一緒に遊んだり、母猫の方も、子猫とまったく同様の扱い方で飲ませたりしているそうです。

呪いCBC中部日本放送で、一日の放送終了時に流すクロージング映像が、不気味すぎるほど怖くて、その後眠れなくなっちゃったお友達が続出、「呪いのクロージング」の異名をモノにしてしまった映像なんだそうだよ。普通にお漏らしはできそうな雰囲気はあるよね。

中用意するのはスニーカーに、ハンダゴテ、ハンダにワイヤーにLB-50のリフトマグネット、9ボルトのバッテリー2個とグルーガンのみ。この材料があれば、今日からあなたも宙に浮かぶことができてしまうのだそうです超楽しそう、超宇宙人テイスト。メカ音痴なパルモには無理だけど、誰か作ってくれないかしら。この靴もってたら、変な登場の仕方とかできそうで楽しそう。

ていうか最近この手の動画ってたまにネタだったりすることもあるんだけどどうだろう?科学に詳しい人は実際にこの手法で宙を舞うことが可能なのかどうか教えて欲しいわけなんだ。

深海くるおしいほどにいとおしい、深海生物たちの接写画像が納められている画像ギャラリーだよ。おなまえとかは全然よくわかんないけれど、どれもこれも手持ちポケモンにくわえるレベルのかわいらしさなんだ。

世界地球に日本の本州よりも直径の大きい隕石が落下した場合、地球がいったいどうなっちゃうのかをシミュレーションしたCG映像なんだ。有名な映像なので見たことある人もたくさんいると思うけれども、隕石が落下した衝撃の後、本当の恐怖が始まるんだ。「岩石蒸気」地獄は、灼熱とか温暖化ってレベルじゃないわけなんだ。

mitubati昆虫とかなんか、大量に飛び交っているので、独自のセンサーかなんかついてて、仲間同士はぶつからないようになっているのかなと思っていた矢先の出来事でした。あわてんぼう体質のミツバチさんもいるみたいなので、接触事故には十分注意して欲しいわけなんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク