スペインスペインの森林で発見されたこの未知生物は、羽のようなものが生えていて、がさごそ動いていたそうです。映像が暗いので部屋を暗くした方がわかりやすいかもしれないな。

スポンサードリンク
海海と海に生きる生き物たちのカラフルな海画像ファイルなんだ。全部で5ページあるから陸育ちの人々も堪能してみるといいかもしれないんだ。

スポンサードリンク
レゴケネディースペースセンターをスペースシャトルを含めてごっそりレゴで再現しちゃってくれちゃったらしいんだ。建設するのに2500時間かかったというんだから、一般の民家を建てるよりずっと手間隙かかっているよね。プレイモビール派の人たちもこれなら溜飲が下がっちゃうわけで、レゴ大好きな人々の場合には、耐久性の高いレゴブロックが開発されたら、そのまま自分の家を建てちゃうに違いないこと請け合いなんだ。

o-suto オーストラリアのクイーンズランド、クックタウンのチェリーツリー海岸で目撃されたこの謎生物は、浅瀬の岩陰に潜んでいたそうで、節が目に見えてわかる、お口にたくさんの触手をもった生き物なんだそうだ。で、「この生物はいったい何なの?」と、映像の最後にキャプションがつけられているわけだけれども、謎生物を瞬速レベルで解明してしまうカラパイアマイスターのお友達ならきっともうわかっちゃったよね。

空にいろんな形に変化しながらどんより空に蠢いている黒い影。この正体はずばり鳥の大群なのだそうで、「人間たちが驚いてくれたらそりゃもう鳥冥利につきるわけですよ」とか鳥たちがインタビューに答えてたのかどうなのかはわからないまにまに。

どろおへどろこのおじさん、カミツキガメを捕獲することが、趣味なのかお仕事なのかはよくわからないままに、とっても楽しそうにドロヘドロな沼地からひょうひょいとカミツキガメを捕まえちゃうわけなんだ。地元では「亀のおっさん」として親しまれているそうだよ。前歯がないのは、カミツキガメに噛み付かないようにするおっさんのちょっとした配慮なのかどうかはわからないままなんだ。

よくきくと耳を澄ませてよーくその歌詞を聞いてみると、どこかで何かがおかしいんだ。聞きなれた音楽なのでうっかり素通りしてしまいがちだけど、よーく聞くと全然変なんだ。だがそこがよかったりするのでそのまま覚えて歌ってしまおうそうしようよホトトギスとか思えてきてしまうんだ。

しゃぼん玉

 水金地火木土天冥海とかなんとか、シャボン玉もこうやって撮影編集すると、そこはまるで惑星でありちょっとしたコスモはわけなんだ。「宇宙はビッグバンで生まれ、人間もそのビッグバンがあって生まれたわけであり、一人の人間はいわば小宇宙といえる。セイントは自己の体内にあるコスモを燃焼させることによって、その力を発揮するのである」そしてシャボン玉もとかいうこれなんて聖闘士星矢。
コーンスターチ実際にできちゃうらしいんだ。お菓子やお料理を作るときにつかう「コーンスターチ」。ぎゅっと握ると固形になるのに、手を緩めるとだらーんと液体に戻ってしまうので、面白がってお料理そっちのけで遊んでいたことはあるのだけれど、このコーンスターチを水に溶かした液体を大量にお風呂などに敷き詰めれば、その上を歩くことが可能だということが証明されたみたいなんだ。

代理母 ロシアのオムスクという動物園で生まれた「メイ(5月生まれにちなんで)」と名づけられたトラの赤ちゃん。お母さんが育児放棄をしてしまったそうで、代わりに育ててもらおう、動物園に連れて来られたのは現在育児中の犬のお母さんだったんだ。

 メイちゃんを快く受け入れた犬のお母さんは、他の犬と同様の愛情を持ってメイちゃんにおっぱいをあげたり、グルーミングしてくれているのだそうだ。もっともトラのメイちゃんは、犬の乳だけでは足りないので、動物園では他にヤギのお乳なんかも哺乳瓶で与えているのだそうだよ。

 でもってこのメイちゃん、行動形式がすっかり犬っぽくなってしまったのだそうで、犬のような振る舞いをしつつも泣き声は猫っぽいとかいう、なんだかとってもユーモラスなトラに成長しているそうだよ。
猫赤ちゃん猫を拾った人が、拾ったときから現在までの様子を編集して動画で紹介してくれている猫映像なんだ。関西圏にて現在里親を探し中なんだって。

ダイナミック昆虫たちの接写画像は前にも何度かお伝えしたかと思うんだけれども、今度の場合には動画バージョン。だもんだからいきなり動いたりなんかして、なりふりかまわずダイナミック。虫の季節本番に備えて、今年はもじもじびくびくしないよう、今のうちからどんどん観察してみればいいと思うんだ。
宇宙人宇宙人と思しきものが、地球上でちょくちょく目撃されたりされなかったりしているわけなんだけれども、この映像はそれらの中でもより人間が思い描く「宇宙人像」に近い映像が偶然映し出されちゃった、アリかも的宇宙人映像トップ3なんだそうだ。

 ところで最近、「地球人は、実は全員宇宙人かもしれない」というニュース記事を目撃してしまったんだけれども、ヨーロッパやアメリカの科学者によると、なんでも40年前に地球にぶつかってきた流星隕石の構造を調べてみたら、人間を構成するリボ核酸を構成する分子、ウラシルとキサンチンが含まれていて、てことは40億年前、人類がこの星に誕生した理由は、惑星の隕石から運ばれたDNAを構成する分子が地球の環境とうまく調和され生まれてきたのではないかという結果が導きだされたそうなんだ。

 てことって俺たちみんな地球人は宇宙人なのかもしれないので、宇宙人を目撃しても仲間意識をもって接してあげることにしようそうしよう。
くまー0白クマたんが、完全にペット化して、犬や猫のように人々の暮らしに溶け込んでいる系のCM映像なんだ。ドイツのベルリン動物園のクヌートも大人気だし、昔からテディーベア(クマのぬいぐるみ)は大人も子どもも大好きだったわけで、クマと仲良く暮らしたいと願う人々の気持ちはわからなくはないのだけれど、実際のクマたんは野生のものなので、ちょっとジャレられただけで、シャレにならない出来事が起こってしまうのは、熊を愛し続けた写真家が、熊の撮影中に熊に襲われ、奥様ともども食われちゃったあのニュースが証明しているのかもしれないんだ。でも病気や事故で死ぬくらいなら、クマに襲われるほうが本望だったりするかもしれないから、それはそれでそうなんだけどもね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク