hamu 姿形がユニークな世界の11種類のモルモットたち。毛が長かったり短かったり、まったくなかったりカールだったりツンツンだったりいろいろだけど、それでもみんなモルモット。とっとこ走ることだけは間違いないみたいなんだ。あ、それはハムスターだったっけ。

スポンサードリンク
poteto 振っちゃったらしいんだ。この鳥頭のおにいさんが1万回ポテトチップスを振って開封。するとどうでしょう。ほぼ想像通りの中身に・・・

スポンサードリンク
hasibi みんなのアイドル、あのハシビロコウさんがついにリアルマスクになっちゃったみたいなんだ。

 そしてついにサンプル段階を経て発売が開始されたそうなんだけど、すでに売り切れ。現在予約受付中と、恐るべしハシビロコウさんの感染力なんだ。



wani 今月3日午前11時半頃、千葉県旭市上永井の動物訓練研究施設「アルティメット・アニマル・シティ」の入り口付近に、体長1.5メートル、特定生物のシャムワニがいるのを、同施設の男性従業員が見つけ110番するという事件が発生していた模様なんだ。

basu もひとつ叩くと子猫が5つに増えるのかどうかはわからないままに、生後26日目の4匹の子猫ちゃんと、それを心配そうに見守りながらかいがいしくお世話をするおかあさん猫なんだ。

buta WIRED VISIONのバックナンバー記事によると、韓国のブタから採取されたウイルスに、数十年前に科学者が人間のインフルエンザ・ウイルスから人工的に作り出したウイルスの遺伝子を2005年に既に発見していたのだそうだ。

 この時既に、米国のインフルエンザ研究者は、発見された遺伝子は人間にとって危険な状況を表しているかもしれないと予言していたのだ。

nazo 無数に存在するインターネット内のサイトの数々。中には恐怖心をそそるサイトも多く存在するわけで、そんな中、スタッフはある呪われた不気味なサイトを発見したという。そこのサイトにアクセスした者の顛末は・・・ 

kasei 火星の地表をまったり観察しながら、異質な地帯、何かが住んでいそうな気配を探し出していく映像だよ。火星に生命体がいないとか思えなくなりそうなほどにワンダフルな異物感なんだ。

suityu マイアミ大学の2009年前期の水中写真コンテストの優秀作品が発表になったみたいなんだ。水中写真ってことは、水中から撮影するわけで、潜ったり息を止めたりと大変ながらもなかなかに面白い構図の写真たちなんだ。

ga

 北アメリカには世界的にも「渡り」で有名なオオカバマダラ(Danaus plexippus)というマダラチョウの仲間が生息しているんだそうだ。

 夏の間カナダなどで発生を繰り返したオオカバマダラは8月の下旬、蛹から羽化した成虫は交尾もせず、南へと移動を始める。花の密を吸いながら栄養を蓄え、ひたすら南へと飛び続けます。夜は木陰などで休みをとりながら、南へ移動するにつれその数がぐんぐん増え続けていく。

 その数なんと、数千万から1億とも言われ、最終地点の南米メキシコまで、3000キロ以上もの空の旅を毎年繰り返すのだそうだ。

saidai

 イギリスの探検チームが、ベトナムのジャングルで、おそらくは世界最大の洞窟を発見したのだそうだ。

 この洞窟、最大で幅が150メートル、高さが200メートルもあるという。イギリスのヨーク大聖堂の7倍もの高さなのだというから驚きだ。現在世界一といわれている洞窟の2倍ほどの高さがあるという。

buta

 世界各国を脅かしている豚インフルエンザ、水際で被害を防ごうと各国では空港で発熱を感知するサーモグラフィー検査を実施、成田空港でも25日からこの検査を実施しているそうなんだけれども、実際どのように見分けられているのかがわかる画像がこれらなんだ。

neogti ウトウトぴくん!、うとうとピクン!を繰り返すハムスターの寝落ち姿なんだ。

 ネトゲをやっていたかどうかはわからないけれど、風車をまわしていたのかどうかもわからないでいるんだ。

巨大 シュコシュコとマシーンで風船を最大限に膨らませてからの爆発映像なんだ。風船が割れるの怖いよ恐怖症なので、爆発した瞬間についお尻がふんわり持ち上がっちゃったんだ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク